GINZA SIXでしたい10のこと。

「六感美容」を堪能する、コスメデコルテの新空間。

特集

コスメデコルテが体現する、「六感美容」への誘い。インテリアデザインは、「AQ MW シリーズ」でアートディレクターを務めるなど、これまでもブランドと深い関わりを持つプロダクト&インテリアデザイナーのマルセル・ワンダースが担当した。“Rejuvenate”(「重力に逆らう」「再生」などの意)をテーマに、女性ひとりひとりの美しくなる力を引き出すような、輝くパワーに満ちた空間だ。

01-ginzasix-beauty-decorte-170426.jpg

店内には3つのトリートメントルームがあり、それぞれ自然の恵みからヒントを得た異なるコンセプトで展開。コスメデコルテ最高峰クリーム「AQ ミリオリティ インテンシブ クリーム」を贅沢に全身に使用し、オートクチュールのように肌や身体に合わせてカスタマイズするオーダーメイド トリートメント(180分 ¥108,000)や、顔から首、胸元だけでなく、手~上腕までしっかりほぐし、これまでに感じたことのない肌の柔らかさを叶えるシグネチャーメニューの「for Facial 80」(80分 ¥32,400、初回¥24,300)など、ここだけでしか味わえない究極のメニューも。全方位から美の感覚が研ぎ澄まされていくような、極上の時間を堪能して。

メゾンデコルテ
東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX B1階
tel: 03-6264-6706
営)10:30〜20:30(コースメニューにより、最終受付時間は異なる)
www.cosmedecorte.com/maison/

静けさと穏やかさに満ちたトリートメントルーム「Calm」。水面のゆらめきをイメージした光の演出が、非日常へと連れて行ってくれる。

柔らかいトーンの「Frozen」。まるで花々が開花するような照明など、店内のインテリアはマルセル・ワンダース主宰の「moooi」のものを使用。

自然光が柔らかくこぼれるような「Shield」は、リラックス感たっぷりのムード。

アイテムをタッチアップしたり、タブレットでメイクのシミュレーションをしたり、自由に楽しめるエリア。

欧米市場向けに開発した「デコルテ」のグローバルラインなど、全ラインが揃うのはギンザ シックスだけ。

photos:MINO INOUE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年8月号 No.494

      おいしくて可愛いバスク。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。