nathalie_thumb.jpg

ナタリー・ポートマンの、ヘアスタイル変遷。

ボブ、ピクシーカット、丸刈り、ベビーバング、シニョン……どんなヘアスタイルにも挑戦し続けてきた、ナタリー・ポートマン。そんなナタリーの、びっしり書き込まれた“ヘアスタイルの履歴書”をチェック。

特集 / April 29, 2017

先日公開された映画『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』では、ジャクリーン・ケネディのトレードマークであるボリュームボブヘアで、見事にジャッキーになりきったナタリー・ポートマン。プライベートでも、役やトレンドによってヘアスタイルを自由自在に変え、どんな実験的なスタイルにも果敢に挑戦してきた。

映画『Vフォー・ヴェンデッタ』での丸刈り。

2004年、カンヌ国際映画祭のレッドカーペットで強烈な衝撃を与えたのが、丸坊主頭で登場したナタリー。ブリトニー・スピアーズに続く精神的な衝動によるものか?と思われたが、違う。ナタリーが大胆にも丸刈りに踏み切ったのは、映画『Vフォー・ヴェンデッタ』で、ナタリー演じる役が、強制的に髪を剃られるシーンを撮影するためだった。そう、女優ナタリーにスタント無用、あの痛ましいシーンをワンカットでやり遂げた。

170429_natalie_portman_01.jpg丸刈りヘア
2005年、カンヌ国際映画祭『キスキス、バンバン』上映会場にて。 photo : Abaca

もちろんナタリーは、初めてメディアの前でその“ミニマル”なヘアスタイルを披露する際、さまざまな批判が集まることを覚悟していた。当時のイギリスの「The Guardian」誌では、「みんなきっと、私が映画と同じようにネオナチで、がんを患っているか、レズビアンだと思うでしょう」と、語っている。また2015年6月の「InStyle」誌では、「丸刈りの頭に、雨が落ちるのを感じることが耐えられなかった。いちばんひどかったのは、髪が伸びるのをひたすら待たなければいけなかったこと」と、その時のことを振り返っている。

伝説の“マチルダ”ボブ。

その結果、ナタリーは、丸刈りをする女性がお手本にする永遠のモデルとなった。また次第に髪が伸びてくると、今度はピクシーカットにしてみたり、前髪を短く切ってベビーバングにしてみたり、徐々にショートボブ、ロングボブ、そしてミディアムヘアへと戻っていった。

170429_natalie_portman_02.jpgベビーバングピクシーカット
2006年、ショーウェスト・アワード(Showest Awards)にて。 photo : Abaca

170429_natalie_portman_03.jpgストレートミディアムヘア
2013年、パリで映画『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』の先行試写会にて。 photo : Abaca

もちろんナタリーが、髪をバッサリ切ったのは、これが初めてではない。1994年、リュック・ベッソン監督の映画『レオン』でマチルダ役に抜擢された11歳のナタリーは、スーパーショートボブで登場し、その“マチルダ”ボブは伝説的ヘアスタイルとなった。2003年、映画『クローサー』でも、ナタリーは再びこのボブカットを取り入れている。

170429_natalie_portman_04.jpg20年代ボブ
2003年、映画『コールド マウンテン』の先行試写会にて。 photo : Abaca

そしてこれ以降は少しずつ大人しくなり、基本はダークブラウンに時々ブロンドのメッシュが入った、ナチュラカラーのロングヘアへと落ち着いていく。

170429_natalie_portman_05.jpgナチュラルカールヘア
2010年、トロント国際映画祭で映画『ブラック・スワン』の記者会見にて。 photo : Abaca

ただし、レッドカーペットを歩くときだけは、ゆるいまとめ髪で決めるナタリー。

170429_natalie_portman_06.jpgウェービーシニョン
2008年、カンヌ国際映画祭のオープニングセレモニーにて。 photo : Abaca

170429_natalie_portman_07.jpg上級シニョン
2015年、アカデミー賞のパーティーにて。 photo : Abaca

やはり、ナタリーの華麗なヘアスタイル遍歴は、ひとつ確かなことを証明する。「スターは、どんなヘアスタイルをも自分のものにする」

ハリウッドきってのカメレオン女優、ナタリー・ポートマンのヘアスタイル七変化。

ボリュームヘア
1999年、映画『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』の先行試写会にて。 photo : Abaca

前髪を横に流した、ミディアムボブ
2002年、映画『ギャング・オブ・ニューヨーク』の先行試写会にて。 photo : Abaca

編み込みハーフアップ
2002年、MTVムービー・アワード(MTV Movie Awards)のセレモニーにて。 photo : Abaca

ベビーバングシニョン
アメリカン・シネマテーク・アワード(American Cinematheque Awards)のセレモニーにて。 photo : Abaca

ウェービーボブ
2003年、映画『コールド マウンテン』の先行試写会にて。 photo : Abaca

シースルー前髪
2004年、フレッシュ・エア基金(Fresh Air Fund)のガラにて。 photo : Abaca

ミディアムカーリーボブ
2005年、ゴールデン・グローブ賞のセレモニーにて。 photo : Abaca

ヘアバンドシニョン
2005年、アカデミー賞授賞式にて。 photo : Abaca

ミディアムブロンドボブ
2008年、ベルリン国際映画祭にて映画『ブーリン家の姉妹』のフォトコールにて。 photo : Abaca

近未来シニョン
2008年、映画『ブーリン家の姉妹』の先行試写会にて。 photo : Abaca

サイドヘア
2008年、ヴェネチア国際映画祭『赤い肌の大地』の先行試写会にて。 photo : Abaca

ウェービーロング
2011年、映画『抱きたいカンケイ』の先行試写会にて。 photo : Abaca

夜会巻きシニョン
2011年、ゴールデングローブ賞のセレモニーにて。 photo : Abaca

ポンパドールハーフアップ
2017年、ゴールデングローヌ賞のセレモニーにて。 photo : Abaca

texte : Julia Avelleaneda (madame.lefigaro.fr), traduction : Sawako Yoshida

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年10月号 No.496

      I am a WOMAN

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。