しなやかで強い、モードなロマンティックアイ。

クラシカルな色とツヤを纏う、RMKの秋メイク。

オーソドックスに愛されるピンク×ブラウンのコンビネーションをまぶたに取り入れつつ、眉に赤みブラウンをチョイスし存在感を出すことで、甘さと強さのバランスが絶妙に! フェミニンでロマンティックなだけではない、型にはまらない意志的なルックこそ、現代のヒロイン的アティテュード。頬にはピーチ、唇にはローズカラーを添えて、フレッシュな血色をオン。


<how to make up>
①のアイシャドウを指でアイホール全体、眉下まで広げる。②のアイシャドウを目のきわにチップの先を使って入れ、目頭から目尻に向かってグラデーションになるよう指で広げる。このとき目の丸さを強調するよう意識して。③のチークを頬のいちばん高いところにのせ、指でポンポンと広げて血色感を出す。④のリップは、チップの縁の部分を唇の輪郭に沿わせるよう塗る。眉は⑤のマスカラで眉毛を立ち上げるようにして毛と毛の間に隙間をつくり、ライナーでその隙間を埋めていくように描くことで、濃すぎずバランスよく仕上がる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      LATEST BLOG

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。