フィルムの世界観を、見た目でも使い心地でも。

クラシカルな色とツヤを纏う、RMKの秋メイク。

手になじみやすいころんとしたフォルム、みずみずしくフィットするテクスチャー。パッケージにも使用感にもフィルムの世界観が投影されたアイテムたち。メタリックの輝きを放つアイシャドウは、まぶたにのせた瞬間、質感がさらさらに変化。指でのばしたり、チップやブラシでラインのように引いたり、使い方は無限大! チークはあえてパールを配合せず、色そのものの魅力を引き出した。重ねづけすることで好みのニュアンスに。グロスは唇の水分に反応し、じわじわ染まっていくステインタイプで、つける人によって表情が変化する。その潤いと透け感は、まさにシネマのヒロイン級!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      LATEST BLOG

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。