アンジェリーナ・ジョリーが、ゲランの新しい香りのミューズに!

ニュース

1828年創業のフレグランス メゾンであるゲランは、女性向けの新作フレグランスのミューズに、映画監督として活躍しながら、国連難民高等弁務官事務所特使や性暴力撲滅団体の共同創立者を務めるアンジェリーナ・ジョリーを抜擢!

170216MonGuerlain_ADvisual.jpg

アンジェリーナ・ジョリーとゲランの関係は、アンジェリーナの母親が大切にしていたアイリスとスミレの香りのゲランのパウダーの想い出が原点。それから時を経て、ゲランは、アンジェリーナが自身の監督作である映画『First they killed father』の指揮を取っていたカンボジアで、アンジェリーナ本人と出会い、パートナー関係を結ぶに至った。そしてゲランの職人技の伝統、知見、願いを表現する新しいフレグランスの創作がスタート。広告用フィルムが撮影された、フランスのプロヴァンス地方は、ゲランがフレグランスに採用するカーラ ラベンダーが栽培され、摘み取られる場所であり、アンジェリーナと彼女の家族が長きにわたって愛してきた場所でもある。ゲランと深い絆で結ばれていたアンジェリーナ・ジョリーが顔となる、新フレグランス「モン ゲラン」は、彼女のような強さとフェミニニティを秘めた現代女性にふさわしい香り。それは、「私だけのゲラン」の意味どおり、纏った瞬間にそのひとの無限の魅力を引き出してくれるもの。纏ったひとのアイデンティティとなる特別なネーミングなのだ。ゲランが満を持して送り出す香りを纏って、自分だけの人生のストーリーを綴っていこう。

72d48badea185467af60717693660e8d31fb5e6f.jpg

トップのベルガモットの爽やかさ、カーラ ラベンダーの透明感のある甘さに続き、花のブーケに包まれるようにジャスミン サンバックとアイリスのハートが香る。ベースのサンダルウッドとタヒチアン バニラは香り全体に深みを与えながら、纏ったひとの肌に優しく寄り添い続ける。四つ葉型のボトルは、1908年まで遡るゲランの貴重なデザインをモダンにアレンジしたもの。モン ゲラン オーデパルファン 2017年3月1日(水)世界同時発売 30ml ¥8,640、50ml ¥12,960

ゲランお客様窓口
tel:0120-140-677
www.guerlain.com/jp/ja

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年10月号 No.496

      I am a WOMAN

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。