編集サンタニの、男目線ビューティ

スナックでも美人。暗闇ビューティの正解とは?

編集サンタニの、男目線ビューティ

こんにちは。サンタニです。

最近、スナックに行くことが多いです。

諸先輩の方々に連れていってもらったり、友人と自発的に行ったり。歌っても歌わなくてもいいし、カラオケよりぜんぜん安いという点が素晴らしいと感じている次第。

で、スナックってたいてい暗い。居酒屋よりもやや暗いし、イタリアンレストランよりグッと暗い。バーまで深~い暗さではないけど、かなり暗い空間だと思います。最近はスナックを利用する女性が増えているようで、実際、僕が利用する店も女性が多い。

 

そこで本日は、暗闇の顔色のお話を。

 

あのスナックの暗さって、顔色悪く見えますよね。とても。

赤黒いダークなライトで、カラオケの画面の青いライトが巧妙にレイヤードされて、なんだかすっごいライティングです。

でも、ぼんやりと眺めていると、あの悪条件のなかで血色がよく見える女性がいることに気付きました。それは以下の①~③。

①aikoとかJUDY AND MARYを好む20代後半~30代前半(おそらく若いから)。
②アルコールがまわりやすく、顔が赤くなる人。
③チークを駆使している人(歌のジャンル問わず)。

①はさておき、②も避けられない現象。そう、着目すべきは③。やっぱチークってすごいです。もっと言うとですね、若い世代で濃厚チークしていると、それは血色がいいっていう訳ではなく、酔っ払いに見える。濃厚付けがトレンドだからでしょうか。なので、ここでは大人、かつナチュラルなチーク使いの人のことを③で指しています。

 

「あ、この人チーク塗ってる!」「この人も!」などとはもちろん思わないのですが、なんとなくどんよりしてない人は、チークを塗っていることが多い! 塗らない人とは違うんです。印象が。

さらにワンエピソード。恋愛にかなり疎い同級生が、最近スナックのような、居酒屋のような場所で出会いがあり、結果つきあい出したのですが、そのSさんは最近チーカーだったのです。NOTチーカーだったのに、いまはチーカー。酒の席での出会いは結局は波長が合うか合わないかだと僕は思いますが、血色感がチークで盛られているか盛られてないかで、波長合わせがより上手くいったはず(かも?)と思ってしまうのです……。メイクのパワー過信者、サンタニとしましては!

 

話を戻します。

 

さらに感じたことを申し上げますと、スナックの席で赤リッパーはやや怖いということ。先日、真っ赤なリップでメイクアップした37歳くらいの女性が、中島美香の「雪の華」を歌っていて(うなり声)、それがなんだか良くも悪くもすごい迫力。その人はその人でいいと思います! キャラ立っていたし、僕は好き。「良くも悪くもすごい迫力」と思われたくない人がもしもいたら、スナックではチークでメイクアップ!が安定のキレイさ、可愛さ……ということが言いたい。

 

よく、「暗い場所では下まつ毛にマスカラを塗らないこと」など、このような状況では引き算を提唱されますが、チークで血色を盛り込むのもひとつのルールのように思いました。男性から声をかけられる率も、15%は上がる気がします。男性目線を無視したとしても、ヘルシーに見えるのはいいことですよね。

 

そして、そんなスナックチークのおすすめをひとつ。

 

161129スナック画像.jpgキッカ フラッシュブラッシュ 11 ¥3,240、同 ケース¥2,160、キッカ パーフェクト チークスポンジ(2個入り) ¥1,080/以上カネボウ化粧品
http://www.chicca.jp/

夜の長丁場でも持続する練りタイプで、このスポンジで肌にチークを置いていくと、肌が磨かれるようなほのかなツヤが。透明感も増します。このスポンジでなじませると、境目が目立たなく、テク無しでもキレイに仕上がるので、不器用なチーク慣れしてない人にもおすすめ。ちょっと濃いめにしたい時は指でなじませてもOK。この11番、フレッシュは黄みがかったコーラルで、アクティブさも増す万能カラーです。もっと自然にしたい人は、09番のフィールズラブを。

 

 

冬の寒さを打破するチークは、スナックの暗闇も打破。

ということで、まもなく師走、忘年会シーズンに向けて素敵なチーク探しを。

 

ではまた次回。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年2月号 No.488

      あらためまして、ニッポン 和っていいな。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。