Blog

  • HOME
  • BLOG
  • パリ街歩き、おいしい寄り道。
パリ街歩き、おいしい寄り道。

カレットのクープと、パリ市立近代美術館。

01-akiko_kawamura-170622.jpg

4月の終わりから、これまでの人生でいちばんじゃ?
と思うくらいに、甘いものを食べている。
なぜか、毎日、甘いものが食べたい。珍しい。
もともとしょっぱいものの方が好きで、特に
ポテトチップスは袋を開けるとやめられないから
めったなことじゃ買わないようにしている。
でも甘いものは、幸いにも、たとえばクッキーなら、
1〜2枚で満足する。チョコもひとかけでいい。
ただ、子供の頃からパフェはすごく好き。
生クリームが好きなのだ。
最近のパリはお天気がよくて気温も上がって、
おかげでパフェ気分も盛り上がる。
いつもよりも遅くまで開館している金曜の夕方に、
市立近代美術館に行こうとしていたのだけど、
”1週間がんばったご褒美を食べてから行こう!”
と、その前にカレットに寄ることにした。

夕方、まだ混み出す前にお店に着くことができた。
すでに決まってはいたものの、一応メニューを開く。
アイスクリームとシャーベットのページ。
ひと通り見て、予定通りクープ・トロカデロにした。
中身は、バニラのアイス、フレッシュなイチゴと
フランボワーズ、ホイップクリームに、
赤いフルーツのソース、スライスアーモンド。
これは本当に、ご褒美にぴったりな様相のクープ。
生クリームは言わずもがな、上にささっている
パイがまた、ほんのり苦味があっておいしいのだ。


すっかり満たされて、少し涼しくなったなか、
市立近代美術館へ歩いて向かう。
金曜には通常より遅くまで開館している美術館が
少なくない。ここもそのひとつ。この日の目当ては
「ドラン、バルテュス、ジャコメッティ」展だった。
(会場内は撮影禁止でした)
こういうアーティスト同士の関係がわかる展覧会に
とても惹かれる。
17世紀くらいからの流れをもっと知りたいし、
勉強したいなぁ。
そして同じ流れを組む画家の作品を見ると、
同時代の音楽作品をその場で聴きたくなる。
ジャコメッティの作品を見ていたら、
サン=ポール・ド・ヴァンスのマーグ財団美術館に
行きたくもなった。
出口を出て、いつもと少し違う角度からになる
エッフェル塔を眺めてから、帰った。

02-akiko_kawamura-170622.jpg

03-akiko_kawamura-170622.jpg

04-akiko_kawamura-170622.jpg

フィガロ本誌7月号の特集内でも書かせて頂いた、
制作している番組「お皿にのっていない時間4」が
6月30日(金)に放送になります。
www.bsfuji.tv/japacontokubetsuhen/pub/index.html
ぜひご覧ください!
(放送時間、紛らわしいのですが、
6月30日と7月1日の間の夜中です)

川村明子

フードライター
1998年3月渡仏。ル・コルドン・ブルー・パリにて料理・製菓コースを修了。
台所に立つ時間がとても大事で、大切な人たちと食卓を囲むことをこよなく愛する。オペラ座でのバレエ鑑賞、朝の光とマルシェ、黄昏時にセーヌ川の橋から眺める風景、夜の灯りetc.。パリの魅力的な日常を、日々満喫。
Instagram:@mlleakiko、朝ごはんブログ「mes petits-déjeuners」も随時更新中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年8月号 No.494

      おいしくて可愛いバスク。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。