Blog

  • HOME
  • BLOG
  • パリ街歩き、おいしい寄り道。
パリ街歩き、おいしい寄り道。

ドラクロワ美術館とセーヌとカフェ・ド・フロール。

170516-akiko-kawamura-01.jpg

170516-akiko-kawamura-02.jpg

170516-akiko-kawamura-03.jpg

やるべきこと、考えるべきことが山とあって
朝から心臓がばくばくしていた。これじゃダメだ
と思い、いったん作業から離れることにする。
お天気もよいし、ロダン美術館でゆったり過ごしたい
ところだったけれど、きっと気持ちが焦ってしまうし
規模の小さいところで、わりと近場で……と考えて、
ドラクロワ美術館に行くことにした。
「ウジェーヌ・ドラクロワ友の会」の会長を務めた
画家、モーリス・ドニとドラクロワの作品に焦点を
当てた企画展中で、けっこう混んでいた。
写真にあるのは、右がドラクロワで左がゴーギャンの
作品。この時代の、お花を描いた作品は好きだなぁ。
ひと通り観て回ってから、アトリエの前に広がる
お庭へ出た。すでに萎れているものもあったけれど
いろんな種類のバラが咲き乱れていて、それぞれに
香りが違うから、お庭じゅう、香りを嗅いで回った。

いい匂いをたくさん吸い込んで、美術館を後にし、
セーヌ川までてくてく歩く。私の場合、気持ちを
落ち着かせるのには、セーヌに行くに限る。
ポン・デザールの東側、西側の風景を交互に見て
しばらくしたら、心の昂りもおさまっていた。
ふと見上げたら、南京錠が街灯にかけられていた。
本当はここから右岸に渡って、行くつもりのお店が
あったのだけど、なんだか右岸に行く気にならなくて
左岸に引き返す。とてもいいお天気で25度もあって
お昼を食べそびれていたから、お腹が空いていた。
食べたいものはすぐに頭に浮かび、フロールへ。
バニラのアイスに、フランボワーズのシャーベット、
そこにベリー系のソースがかかって、シャンティが
たっぷり絞られたクープ・サンジェルマンが目当て。
カフェ・ド・フロールにたまーにひとりで行くときは
2階の席につく。静かでいい。
この日も、物書きっぽいムッシュと、打ち合わせ中の
男性グループだけだった。クープを食べたくなったら、
右岸ならセバスチャン・ゴダール。左岸ならやっぱり
フロールだなぁ、とひとり勝手に納得しながら、
すっかり気持ちも落ち着いて、家に帰った。

170516-akiko-kawamura-04.jpg

170516-akiko-kawamura-05.jpg

170516-akiko-kawamura-06.jpg

170516-akiko-kawamura-08.jpg

川村明子

フードライター
1998年3月渡仏。ル・コルドン・ブルー・パリにて料理・製菓コースを修了。
台所に立つ時間がとても大事で、大切な人たちと食卓を囲むことをこよなく愛する。オペラ座でのバレエ鑑賞、朝の光とマルシェ、黄昏時にセーヌ川の橋から眺める風景、夜の灯りetc.。パリの魅力的な日常を、日々満喫。
Instagram:@mlleakiko、朝ごはんブログ「mes petits-déjeuners」も随時更新中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年11月号 No.497

      セクシーな私、可愛い私、二面性のある私。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。