Blog

  • HOME
  • BLOG
  • パリ街歩き、おいしい寄り道。
パリ街歩き、おいしい寄り道。

エルスケン展と、ソーセージ&アリゴ。

IMG_1111-kawamura-170913.jpg

IMG_1113-kawamura-170913.jpg

IMG_1116-kawamura-170913.jpg

IMG_1119-kawamura-170913.jpg

IMG_1120-kawamura-170913.jpg

最寄り駅の改札を入ると、目の前に貼ってある
ジュ・ド・ポームの広告を見るたびに、ぎゅっと
引き寄せられて、行きたかったエルスケン展。
1950年代のパリを撮った写真から始まり、
1980年代の東京までをたっぷりと。
日常のひとコマの切り取り方と、その1カットに
宿る魅力に、思わず笑顔になったり、いきなり
切なくなって眉間にしわを寄せたりしていた。
写真の中の被写体に想いを寄せてしまう瞬間が
何度も訪れた。最高に好きな写真展だった。

すっかりパリは秋のお天気で、肌寒い。
少し前にたまたま前を通って、久々に今度来よう
と思ったお店があった。カンボン通りのフロット
10年くらい前に、ある雑誌のパリのカフェ特集で、
カフェの起源を残す店を探したときに通ったところだ。
ジュ・ド・ポームからは歩いて3分ほどで着く。
メニューを見ると、タルタルステーキや鴨のコンフィ、
ローストチキンなんかの定番メニューが並ぶ中に、
ソーセージとアリゴ、とあるのが目に付いた。
身体も温まりそうでちょうどいい。
正直に書くと、お肉の挽き方が粗い方が好きな私には、
ここのソーセージは好みの味ではなかったのだけれど、
カウンターの端には以前と同じくマダム・フロットが
健在で、スタッフの人たちが“マダム・フロット”と
呼ぶのを耳にするたびに、今日はここへ来てよかった、
と思った。

IMG_2937-kawamura-170913.jpg

IMG_1147-kawamura-170913.jpg

IMG_2943-kawamura-170913.jpg

川村明子

フードライター
1998年3月渡仏。ル・コルドン・ブルー・パリにて料理・製菓コースを修了。
台所に立つ時間がとても大事で、大切な人たちと食卓を囲むことをこよなく愛する。オペラ座でのバレエ鑑賞、朝の光とマルシェ、黄昏時にセーヌ川の橋から眺める風景、夜の灯りetc.。パリの魅力的な日常を、日々満喫。
Instagram:@mlleakiko、朝ごはんブログ「mes petits-déjeuners」も随時更新中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年11月号 No.497

      セクシーな私、可愛い私、二面性のある私。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。