Editor's Blog

「いただきます」に心がこもる、食のイベントへ。

こんにちは、編集YKです。
同僚の食べ盛りエディターMAのブログ「おいしい料理求めて、まりモグがゆく。」がスタートしたのを記念して、今回はわたしも素敵な食イベントの話題をお届けします!

170121_editorsblog_02new.jpg170121_editorsblog_03new.jpg

レストランで、料理に使われている食材の産地や生産者のことが紹介され、想いを馳せながら食事できる機会がいまではとても増えましたが、9年前から「日本全国の『農』の現場と、お皿の前の『食』のシーンを繋いでいく」ことをコンセプトにしている、「東京ローカルレストラン“sachi”」という食のイベントがあります。毎回、特定の地域にフォーカスして、産地を訪問・取材し、東京の第一線で活躍するシェフがその食材を使った料理を作って提供するという、何とも贅沢なイベント。昨年、わたしが初めて足を運んだときのテーマは佐賀県で、イタリアンレストラン「ラッセ」にて行われました。

170121_editorsblog_04new.jpg170121_editorsblog_05new_2.jpg

佐賀から届いた食材は、桐岡ナスとベアーズファームのトマト、白石レンコン、呼子のイカ、佐賀牛、田島柑橘園の加工品。お酒は富久千代酒造「鍋島」、基山商店「基峰鶴」。そして器は、昨年400周年を迎えた有田焼。当日は、白石レンコンの生産者の方や富久千代酒造の杜氏さんも来られて、お話を聞かせてくださいました。

170121_editorsblog_06new.jpg170121_editorsblog_01new.jpg

有田焼の器も、このイベントのために制作されたオリジナルから、古い有田焼の陶片まで(!)、まさに食材と器、そして産地に足を運んだというシェフのコラボレーションという感じで、驚きと感激の連続でした。いままで味わったことのないホクホク感の白石レンコンはフリットとチップスで違った食感を楽しめたり、伝統野菜の桐岡ナスは、生産者の奥さまが作ってくださった料理に着想を得たという麺のような形状のお料理だったり、海を泳いでいる姿をイメージした呼子のイカには爽やかなミカンの葉の香りが仄かに移されていました。

大切に育てられた食材を使い、心を込めて作られた料理を食べたときには「いただきます」という思いが自然に沸き上がり、その意味を実感できる気がします。イカやレンコンへの感謝の気持ちが溢れてもはや涙ぐみそうになるのを抑えながら「あなたたちの分までしっかり生きていきます」と心の中で誓い、おいしく味わって完食しました。

170121_editorsblog_07.jpg170121_editorsblog_08new.jpg

有田焼といえば、2016年にさまざまな400周年記念イベントが行われましたが、秋には新ブランド「2016/(ニーゼロイチロク)」がデビューしました。世界各国から16組のデザイナーが参加し、4月のミラノサローネでのお披露目でも高く評価された、まさに“新世代の有田焼”。写真は渋谷西武店でのデビューフェアより。わたしはスウェーデンのタフ(TAF)によるピスタチオ色のプレートを入手しました。「2016/」は日常使いしたり、気軽なギフトにできる価格帯も魅力的。ちなみにプレートに載せているのは、「TOKYOパリジェンヌのスイーツみやげ」フランス郷土菓子の回に紹介した「アコテ・パティスリー」の「マドレーヌ・コメルシー」。ハチミツの風味が利いていておいしいです。まだまだ寒いので、お気に入りの紅茶やコーヒーにこんなお菓子を添えて、心身ともにあったまるブレイクタイムを過ごしたいですね。

話を「東京ローカルレストラン“sachi”」に戻すと、次回開催は2月5日(日)に決定! テーマは山口県・下関で、開催場所は目白のフレンチレストラン「ル・ヴァンキャトル」。海峡の町として知られる下関からは、フク・アンコウ・クジラ・粒ウニなどの海の幸から、ジビエまで、そして下関に大正12年から伝わる下関酒造の日本酒も到着予定だそうです。

170121_editorsblog_09.jpg

下関市の海景。

170121_editorsblog_10.jpg170121_editorsblog_11.jpg

下関酒造の日本酒「下関」「開娘」「海響」などが登場予定。珍しいイカの魚醤も。

170121_editorsblog_12.jpg170121_editorsblog_13.jpg

料理のイメージ。

さらに今回は、下関の食材・食品の魅力を広く知ってもらうために、東京と福岡の計11軒のレストランで「下関フェア」も開催されるそう。トラフク、アンコウ、クジラ、ウニ、ジビエ(鹿肉)、イカの魚醤などを使用したメニューが、期間限定で登場します。この機会にぜひ、下関の海と大地の恵みを味わいに、足を運んでみてください!

「東京ローカルレストラン“sachi”」下関編
日時:2017年2月5日(日)12:30〜15:00(12:00開場)
場所:ル・ヴァンキャトル
東京都豊島区目白2-3-3 目白Yビル1F
料金:ひとり¥8,000
応募方法:東京ローカルレストラン“sachi”サイトにてお申し込みください。
http://sachi.tokyo-local.restaurant/
完全予約制/18名

 

「下関フェア」
期間:2017年2月2日(木)〜28日(火)
協力店舗:
〈東京5店舗〉
ル・ヴァンキャトル(フレンチ/目白)
・和の菜彩 さとう(和食/銀座)
かわはら(和食/日本橋)
Cuisine de HARUNO 表参道(和食/表参道)
セ シュエット(フレンチ/築地)

〈福岡6店舗〉
オーグードゥジュール メルヴェイユ 博多(フレンチ/博多区)
GoodbeerSTAND(クラフトビアレストラン/博多区)
蓮双庭(中華/博多区)
リバーサイドコマツ(大衆ビストロ・炭火焼き/中央区)
名古屋ひつまぶし専門店 ひつまぶし とんかつ 備長 中洲川端店(和食/博多区)
大漁奉市(和食/中央区)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年10月号 No.496

      I am a WOMAN

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。