Blog

  • HOME
  • BLOG
  • 1枚から始まる、旅と私のタカラモノ。
1枚から始まる、旅と私のタカラモノ。

トスカーナの旅・アグリ農家での最高のステイ前篇。

みなさん、こんにちは。
今日はトスカーナの旅で滞在した、
イタリアならではのアグリツーリズモのお話。

みなさん、アグリツーリズモって知ってますか?
イタリア語ではAgriturismoと書き、
Agri-=農業の、turismo=観光、という意味。
簡単にいうと、農家が営む宿泊施設で、
イタリアで素朴な田舎生活を満喫できるのです!

田舎でその土地ならではの伝統料理やワインをいただく、
どこまでも広がる田園風景を眺めながらのんびり過ごすのが
歳を重ねるたびに私がしたい旅のスタイルに。

イタリアのフィレンツェから電車で30分弱の小さな駅からタクシーで15分、
モンテフィエソレの丘の上にあるアグリツーリズモに滞在。
44haがオリーブ畑、21haがぶどう畑・6haが麦畑・9haが森と、
豊かな自然に囲まれたトスカーナの典型的な農家。空がとても近くに感じたよ。

13-11-5.jpg

ここへ決めた理由のひとつ、有機のオリーブオイルとワイン!
オイルは手摘みによって収穫、低音抽出方法によって絞られて、
昔ながらの石臼にてオリーブをペースト状にし、
何層にも重ねて搾るそう!
オイルには、「AGRUCOLTURA BIOLOGIKA」のマーク。
有機栽培の製法を確実に守りながら栽培していることを証明するもの。
どうしてもここへ行きたかったの。

正直、今までのMiki Travelはかなりの貧乏旅行なので、
1泊2食付×3日の滞在費は予算を遥かにオーバー。
でもね、お金では買えない旅でのたくさんの出会いと収穫に期待して、
大奮発したよ。結果、最高のステイになったから!

母屋には宿のオーナーファミリーが暮らし、
広大な敷地内の石造りの温かみのある部屋での数日は
夢のようだっだ。
写真は部屋につづく階段、ひんやり気持いいの。

6-4-9.jpg

朝は鳥のさえずりで目が覚めるんだ。
部屋の窓にそっと飾られたおきものにもほっこり。

6-4-4.jpg

朝お散歩した後にね、森の中を乗馬したよ。
これが最高に気持いい。
乗馬の先生をRolleiで記念に。キャップにも馬!佇まいがカッコイイよね!

13-12-5.jpg

私の乗った馬、気まぐれさんでね、途中何度も草をムシャムシャ。
スピードあるなか、急に止まって食べ出すから、
そのたびにドキっとする(笑)
翌日股と股関節が筋肉痛で歩くのも辛かったこと、
いい思い出だよ。

Tさんは乗馬のあと、馬とスキンシップ。
こういうひとときにも幸せを感じれるんだ。

13-9-10.jpg

私もありがとうを言ってやさしく撫でたよ。

アグリでの滞在は心も身体もオープンに、子供みたいにはしゃいでる私がいた。
それは何よりも最高の最高のひとときになった。
最後の写真は散歩中のわたし。
オリーブ畑を?田園風景を?夢中で撮ってるね。
大きな木がそっと私を見守ってくれてた。

名称未設定-170 (2).jpg

みなさん、アグリでの滞在もいいでしょ?
たくさんあるアグリから自分に合う好きな宿を探すとこから、
ワクワクするんだ。

農家によってはオリーブ摘みが体験できたり、
マンマのお料理教室に参加できたり、
さまざまなオトナの休日を楽しめるよ。

あっ!私ね、ここのオリーブオイルを
大小合わせて16本持ち帰りました!
しかもバックパックに入らず、町まで降りてオイルのために、
安いスーツケースを購入してね、笑っちゃうでしょ。
旅でも根性、根性、ど根性な私です(笑)

次回はアグリでの最高のステイ後編を!Ciao!

 

MIKI IMAI

モデル/フォトグラファー
20代からフィルムカメラで旅の記録を撮り始め、その後ドイツ製のカメラ、Rolleiflexと出合う。Rolleflexで撮った旅の写真と思い出を綴ったサイト rollel-life.com や、ライフスタイルを紹介したインスタグラム miki_rollei_life は温かみのある写真と文章が人気。現在はフードやファッションなどの広告写真を撮影するフォトグラファーとして、また自身もモデルとして数々のCMや雑誌で活躍中。Prestige所属

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年5月号 No.491

      いつだって、パリは私たちを待っている。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。