Blog

  • HOME
  • BLOG
  • 1枚から始まる、旅と私のタカラモノ。
1枚から始まる、旅と私のタカラモノ。

坂の上のタカラモノ。

みなさん、こんにちは。

今日は坂の上のタカラモノの話。
みなさんとってタカラモノってどんなものですか?

今日ここで綴るタカラモノはほんの一部だけど、
どれも私にとって大切な大事なものなんだ。

ひとり暮らしの時に探して探して出会ったアンティークシェードがある。
愛機のRolleiflexと同じ、遥か遠く海を渡って出会えたものが、
特に好き。

ヨーロッパを旅してるとホテルやショップで、
好みのアンティークを見つけることがある。
私はすぐイメージをするんだ。
この照明をつけたらフォトフレームはこれにしよう!って
自分の暮らしに重ね合わせるの。
どうしても黒のシェードが欲しかった。
でもなかなかなくてね、出会うまでに数年かかったんだ。
コレってものに出会うと、キズや歪みも愛おしく感じる。
それは間違いなく私のタカラモノになるんだ。
そのシェードがこちら。

201302-4-2.jpg

ダイニングに、40Wはとても暗い。
それでもどうしてもここにつけたかったんだ。
ブログを書いてる今もリビングのソファから、
シェードを眺められる。
坂の上にきてくれてありがとね。

私たちは珈琲が好き。
平日も休日もどんなに時間がなくても、
豆を挽いて珈琲を淹れる。
そんな私たちに素敵なカップが南の島から届いた。
小泊良さんの作品。
友人たちが坂の上の珈琲ブレイクをイメージして選んでくれたもの。

20140408-1_edited-2-2.jpg

自然に生まれた歪みやへこみを利用して躍動感があり、
独特の土っぽさも感じるフックカップ。
沖縄の海をイメージさせるようなブルーもとても美しい。
大好きな沖縄を坂の上で感じながら珈琲を飲めるなんて、
友人たちの想い、あたたかさ、大切なタカラモノ。

ダイニングの壁には私の旅写真も飾ってる。
その中に南スペインとモロッコを旅した友人minou*ちゃんが、
写真展のために描いてくれたイラストがあるんだ。

IMG_4875-4.jpg

南スペインの小さな村、フリヒリアナ(Frigiliana) で、
Rolleflexを構え、ストローハットにブルーのワンピースの私。
旅の大事な思い出を手描きのイラストで残してくれて、
一生のタカラモノになった。
彼女は毎年、私の誕生日にTさんと私のイラストを描いてくれるの。
今年も楽しみだなぁ。

花のある暮らしを坂の上で楽しめること、
それはとても幸せなひととき。
坂の上に越した時に親友からお祝いでいただいたピッチャー。
伊藤 環さんのもの。岡山在住の好きな作家のひとり。

201303-16-3.jpg

枯淡釉のピッチャー、金属の錆びたような風合いと表情は、
使い込むほど艷やかな表情に変わり、持ち手のラインも美しい。
四季折々の花を挿して大事に大切にしたいタカラモノに。

ラストに紹介するのは、友人が旅先で選んでくれたもの。
坂の上に越してから、Tさんがパンを焼くようになり、
休日の坂の上の食卓にと、
バスクを旅する友人が栗の木のカゴをお土産に選んでくれたこと、
感動した。
古くからバスク地方で作られいる栗の木のカゴは、
ひとつひとつ丁寧に編まれたもので1日平均5つのペースだそう。
Tさんのパンに!と、旅先でその土地ならではの、
ぬくもり感じるカゴを選んでくれた気持が、
私にとってタカラモノだよ。

20131208-4-2.jpg

Tさんの丸パンにぴったりのカゴ。
使うたびに友人の気持ち、思い出すんだ。ありがとね。

私にとってのタカラモノ、
語り出したら話が止まらなくなるくらい、愛しい瞬間がつまってる。
坂の上での暮らしが、
日々おおらかに、私らしくいられるのは
愛おしいタカラモノに囲まれて満たされているからだと思う。

少しずつタカラモノを増やせますように。

MIKI IMAI

モデル/フォトグラファー
20代からフィルムカメラで旅の記録を撮り始め、その後ドイツ製のカメラ、Rolleiflexと出合う。Rolleflexで撮った旅の写真と思い出を綴ったサイト rollel-life.com や、ライフスタイルを紹介したインスタグラム miki_rollei_life は温かみのある写真と文章が人気。現在はフードやファッションなどの広告写真を撮影するフォトグラファーとして、また自身もモデルとして数々のCMや雑誌で活躍中。Prestige所属

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年11月号 No.497

      セクシーな私、可愛い私、二面性のある私。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。