荒木経惟らの作品で、ギャラリー10周年の足跡を辿る。

特集

『December(playback2)』

170103-art-01.jpg

荒木経惟『センチメンタルな旅/冬の旅』1991年。ローゼン氏は前職のギャラリーで荒木のどん欲な創作を目の当たりにした。

オープン10周年記念展でふたりのギャラリストが振り返るのは、開業前の10年間の修業の期間、東京とロサンゼルスで体験した、彼らのルーツともいえるアートヒストリーだ。奈良美智、杉戸洋、荒木経惟、ジョン・プラプチャック、モリーン・ギャレス、クリスチャン・ホルスタッドら、由縁の深い作家たちの足跡に、目利きを育てた芸術的な土壌がある。

『December(playback2)』
会期:開催中~2017/1/29
MISAKO&ROSEN(東京・大塚)
12時~19時(日は17時まで)
休)月、火、祝
入場無料

●問い合わせ先:
tel:03-6915-2763
www.misakoandrosen.jp

*「フィガロジャポン」2017年2月号より抜粋

réalisation : CHIE SUMIYOSHI

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年11月号 No.497

      セクシーな私、可愛い私、二面性のある私。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。