レディー・ガガ、12月30日にラスベガスでジャズコンサートを開催!

ニュース

01-covermedia16-161221.jpg

レディー・ガガが今月末、一夜限りのジャズコンサートをラスベガスで開催することが明らかになった。

ガガは12月30日、ウィン・ホテル&カジノ内のウィン・アンコール・シアターで、ジャズの名曲や自身のシングル曲の新バージョンを披露するという。このコンサートには、ガガがジャズ界の大物トニー・ベネットとコラボし、グラミー賞にも輝いたスタンダードジャズアルバム『チーク・トゥ・チーク』に関わったジャズシンガーのブライアン・ニューマンも参加する。
「レディー・ガガとの親密な夕べ」と銘打った、準正装が求められるコンサートのチケットは、1,000ドルから1,500ドルと決して安くない。
「憑依系のダンストラックやパワフルなデュエットで知られ、グラミー賞を6度受賞したレディー・ガガが12月30日金曜日、アンコール・シアターで一夜限りの親密なコンサートに出演し、そのジャズに対する愛を披露します」と、コンサートは恭しく紹介されている。
「ニューヨークのジャズマン、ブライアン・ニューマンとそのクインテットとの共演で、自身を史上最高のベストセラーミュージシャンのひとりに押し上げた曲の新バージョンを含む、ジャズのスタンダードとクラシックの夕べをガガはスムースに歌いこなすことでしょう。彼女の巧みな導きのもと、ソウルフルな音楽の旅で新年の週末を始めてみてはいかがでしょう」

ニューマンはガガのファンにとっておなじみの顔でもある。ニューマンのバンドが拠点とする、ニューヨークのグラマシーパーク・ホテル内にある「ローズバー」で、ガガは彼と即興でパフォーマンスを披露したことがある。最近では7月に訪れ、米ロックバンド、ザ・ダーティ・パールズのフロントマン、トミー・ロンドンとコラボし、30分のステージでジャズの名曲「I Can't Give You Anything But Love」、「Bang Bang」、そしてエディット・ピアフの名曲「ばら色の人生」など6曲を熱唱した。

©Cover Media/amanaimages

  • セレブニュース
  • レディー・ガガ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年4月号 No.490

      二面性のある女でいたい。おしゃれ好きなもので。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。