ビヨンセとアデル、グラミー賞でのパフォーマンスが決定!

ニュース

01-covermedia20-161227.jpg

歌手のビヨンセとアデルが、2017年度のグラミー賞授賞式で、スーパースターとしての力量をステージで発揮してくれそうだ。

グラミー賞エグゼクティブプロデューサーのケン・エーリッヒは、2月に開催される同授賞式で、多くの部門にノミネートされているふたりがステージに立つ予定だと明かした。米『Billboard』誌主催の座談会で、英歌手のアデルが授賞式のライブパフォーマンスにラインナップされているかと質問されたエーリッヒは、次のように答えている。
「グラミー賞にNOと言った人はほとんどいない。これまで長年やってきた中で、実際に断ってきたのは3、4人だけ」
その人物の名前を挙げるように詰め寄られると、エーリッヒは返答に窮しながらも、アデルとビヨンセのふたりが授賞式でパフォーマンスをする予定だと明かした。
「(断ったのは)アデルとビヨンセではないとは言えるね。ふたりは間違いなく2月の授賞式に来てくれると期待しているよ」

来年のグラミー賞ではビヨンセがニューアルバム『レモネード』で最多9部門にノミネートされており、アデルは『25』で5部門の候補に上がっている。ふたりは年間最優秀アルバム、年間最優秀レコード、年間最優秀楽曲の各部門で真っ向勝負となり、ビヨンセの「フォーメーション」とアデルの「Hello」が、後者の2部門で争う構図となっている。
「良い競馬のレースは人を魅了するものだ」と、エーリッヒはふたりの大接戦についてコメント。
「まさに微妙な差。競争という側面は強く期待されるけれど、本質はそれ以上で、ふたりの関係は月並みな言い方だが音楽における家族というものだ。ふたりが争う3部門のうち、放送で発表できるのがいくつになるかは分からないが、恐らく差はわずかだろう。それを前提として放送を観れば、かなり楽しめるはずだ」

©Cover Media/amanaimages

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年8月号 No.494

      おいしくて可愛いバスク。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。