1年間すべてに「イエス」と言った女性から日本人が学べること

ニュース

From Newsweek Japan

 


<ヒラリー・クリントンが大統領選で何度も言及した「ガラスの天井」。女性の地位向上を阻むその壁を打ち破っているのが、米エンタメ界で活躍する脚本家ションダ・ライムズだ。彼女は「1年間あらゆることにイエスと言おう」と決め、そこから全世界の女性に向けた『YES ダメな私が最高の人生を手に入れるまでの12カ月』が生まれた> (写真:ションダ・ライムズ、2016年2月)

 ガラスの天井(glass ceiling)――女性(現在は、女性だけでなくマイノリティも含む)の昇進や地位向上を阻む、見えない壁を意味する言葉だ。2016年にこの言葉を最も印象深い形で使った女性は、ヒラリー・クリントンだろう。

 そもそもクリントンは、2008年の大統領選予備選でバラク・オバマに敗北した際、「今回は最も高く、最も堅固なガラスの天井を打ち破ることはできませんでしたが、皆さんのおかげで1800万ものヒビが入りました」と、この言葉を使っていた。そして2016年、7月26日の民主党全国大会で主要政党初の女性大統領候補に正式指名されると、「天井がなければ、可能性は無限大なのです」と再び効果的に使用したため、名文句として全米のメディアで大きく報じられたのだ。

 さらに、大統領選でドナルド・トランプに敗北すると、クリントンは敗北宣言の中にもこの言葉を盛り込んだ。「私たちは最も高いあのガラスの天井を打ち破るには至っていません。それでもいつの日か、願わくば私たちの予想よりも早く、誰かが打ち破ってくれるでしょう」

【参考記事】女性政治家を阻む「ガラスの天井」は危機下にもろくなる

 政界の女傑クリントンですら、こうして幾度となく言及せざるを得なかった「ガラスの天井」。その分厚いガラスの天井を自ら打ち破りながら、同胞である女性、ひいては有色人種やLGBTQ(性的マイノリティ)を支援しつづけている黒人女性がいる。テレビプロデューサー/番組制作総指揮監督/脚本家のションダ・ライムズだ。

 彼女は、作品の登場人物がアメリカの現実世界と同じ構成になるよう、女性、有色人種、LGBTQの人々をテレビに多数起用した初めての脚本家として名を馳せている。また、熱烈なクリントン支持者として知られるライムズは、『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』『スキャンダル 託された秘密』『殺人を無罪にする方法』などのドラマを執筆・製作して立て続けに大ヒットを飛ばし、その才能と創造力のみで米国のエンタメ界の頂点に君臨している(ちなみに、ヒラリーの夫であるビル・クリントン元大統領もライムズの大ファンとして有名だ)。

年間、イエスと言いつづけた過程をユーモラスに

 そんなスリリングなフィクションの作者として知られるライムズが初めて執筆した自伝的エッセーが、『Yes ダメな私が最高の人生を手に入れるまでの12カ月』(筆者訳、あさ出版)である。ライムズは同書の冒頭で、「自分について書くだなんて、超人気のレストランでテーブルの上に立ち、『パンティをはいていないのよ』とドレスを持ち上げてみせるようなものだ」と語っているが、その言葉どおり、「強くて聡明な黒人女性」というパブリック・イメージからはかけ離れた「ごく普通の女性像」をさらけ出している。

---page---

 しかしライムズはなぜ、ここまで自分の弱さをさらけ出すことにしたのだろうか? それは、同書が「女性による、女性のためのエッセー」だからに他ならない。ライムズは自らの経験を赤裸々に語ることで、全世界の女性にエールを送っているのだ。

「あなたは何に対しても絶対イエスとは言わない」という姉の言葉に触発され、「1年間、あらゆることに対してイエスと言おう」と決意したライムズは、その過程を実直かつユーモラスに綴っている。

 アメリカ人女性(特に黒人女性)というと、「タフで自信家」といったイメージが先行し、日本人には「別世界の人」ととらえられがちだが、「他人の評価に振り回されない」「褒め言葉を素直に受け取る」「きっぱり、上手に断る」「自分の体を愛する」「消耗する関係を絶つ」など、彼女が取り組んだテーマを見てみれば、悩むポイントが日本人と大差ないことに気づくだろう。

 

【参考記事】哲学の使い道を、NYタイムズの人気哲学ブログが教えてくれた

印象的なセンテンスを対訳で読む

 最後に、本書から印象的なセンテンスを。以下は『Yes ダメな私が最高の人生を手に入れるまでの12カ月』の原書と邦訳からそれぞれ抜粋した。

●Think of them. Heads up, eyes on the target. Running. Full speed. Gravity be damned. Toward that thick layer of glass that is the ceiling. Running, full speed, and crashing. Woman after woman.
(彼女たちのことを、考えてください。堂々と胸を張り、目標を見据えていた女性たち。重力をものともせず、全力疾走。分厚いガラスの天井に向かって。全速力で走り、衝突する。ガラスの天井に衝突し、落下していく。大勢の女性たち)

――ライムズが「女性として、アフリカン・アメリカンとして、エンタメ界に存在するガラスの天井を打ち破った功績」により、「シェリー・ランシング・リーダーシップ賞」を受賞した時のスピーチ。女性として生まれ、エンタメ界で尽力した先達全てに敬意を表しながら、「全女性の努力による賞」だと、同賞を受け取っている。

●You are not alone. Nobody should be alone. So. I write.
(あなたはひとりじゃない。誰もひとりになってはいけない。だから、私は書くのです)

――ライムズの原点が端的に記された一文。「クラスで唯一の黒人女子」だった彼女は、友達がいない寂しさから物語を書きはじめ、空想の中でたくさんの友達を作ったという。だからこそ、ライムズの作品は、孤独な気持ちを抱えている人々に向けて、「あなたはひとりじゃない」というメッセージを発信しつづけている。

●Don't apologize. Don't explain. Don't ever feel less than. When you feel the need to apologize or explain who you are, it means the voice in your head is telling you the wrong story. Wipe the slate clean. And rewrite it. No fairy tales. Be your own narrator. And go for a happy ending. One foot in front of the other. You will make it.
(悪びれては駄目。説明はいらない。劣等感を抱える必要なんてない。自分について謝りたくなったり釈明したくなったら、それは頭の中の声が、間違えた物語を朗読している証拠だ。すぐに白紙の状態に戻して、物語を書き換えよう。おとぎ話はいらない。自分で物語を作るのだ。さあ、ハッピーエンドを目指して。一歩ずつ。たどりつけるから)

――ライムズは、同じルールに従っていれば、幸福が待っていると信じている人々に向けて、誰もが自分だけのハッピーエンドを持っていることを力説している。自分はこうあるべきだと取り繕うのではなく、ありのままの自分を生きることで幸せはやってくることを、自らの経験を通じて学んだからだ。

◇ ◇ ◇

 

 同書には「女子力」や「愛され」といった、日本向けの自己啓発書にありがちなキーワードは登場しない。なぜなら、「仕事は順調、周囲からも認められているが、自分に自信が持てない」女性に欠けているものは、「女子力」でも、「他人に愛される能力」でもなく、「自分に対して、これでいいんだと肯定する愛」だからだ。同書は、全米随一の人気脚本家が全世界の女性に送る応援歌である。

ションダ・ライムズが同書と同じテーマで行ったTEDトークのスピーチ

51CgKist03L._SL160_.jpg

『Yes ダメな私が最高の人生を手に入れるまでの12カ月』
 ションダ・ライムズ 著
 押野素子 訳
 あさ出版

トランネット
出版翻訳専門の翻訳会社。2000年設立。年間150~200タイトルの書籍を翻訳する。多くの国内出版社の協力のもと、翻訳者に広く出版翻訳のチャンスを提供するための出版翻訳オーディションを開催。出版社・編集者には、海外出版社・エージェントとのネットワークを活かした翻訳出版企画、および実力ある翻訳者を紹介する。近年は日本の書籍を海外で出版するためのサポートサービスにも力を入れている。
http://www.trannet.co.jp/

a552ff5a437c174d0b34e372c930c177d2b286c4.jpg
ニューズウィーク日本版より転載

編集・企画:トランネット/文:押野素子

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年11月号 No.497

      セクシーな私、可愛い私、二面性のある私。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。