自分に、あの人に贈りたい!ギフト企画~インフルエンサー編~vol.5

とんだ林蘭の、ちょっと変わったモードなギフト選び。

特集

エディター編に続き、FIGARO.jpのマドモワゼルブロガーを含むインフルエンサーたちに聞いた個性あふれるギフトリストをご紹介。ブログやSNSで独自の世界観をプロデュースする彼女たちがセレクトしたアイテムとは? 今年は雑誌やウェブに限らず、さまざまな方面で大活躍だった新鋭アーティスト、とんだ林蘭(@tondabayashiran)が、最新のファッションアイテムから選んだギフトを教えます。

161216_tondabayashiran1.jpg
バッグ(H15×W22×D10cm)¥29,376/ジュリアン デイヴィッド(ジュリアン デイヴィッド 神宮前 ショップ)

For Myself 「すべてが好みすぎる、乳白色のクリアバッグ。」

小さめの、それもデザイナーズブランドのバッグを前々から探していて、出合ったら買おうと目を光らせていました。そんなときに、偶然見つけたジュリアン デイヴィッドのこのバッグ。

元々大好きなビニール素材に、きちんとしたレザーハンドル。素材感も形もサイズも、すべてがツボでした。中身が見えづらい乳白色の絶妙な色も好みです。お気に入りのシールを貼りたい衝動をかろうじて抑えています。

問い合わせ先:
ジュリアン デイヴィッド 神宮前 ショップ
tel. 03-5875-3144
www.juliendavid.com

>>どうやって着けるの?と思ってしまう、捻りの効いたデザインがいい。

---page---

161216_tondabayashiran2.jpg
イヤーフック¥46,440/シャルロット・シェネ(ライラトウキョウ)

For Her 「お世話になった編集の方へ、デザインコンシャスなイヤーカフを。

2016年を振り返って考えると、一番印象に残ったお仕事はFIGARO.jpのポール・スミス氏とフォトシューティングの企画でした。そんな記憶に残る仕事を企画してくれた編集ATさんへ感謝の気持ちを込めて贈りたいのが、このシャルロット・シェネのイヤーカフです。

少し前にこのブランドを知って、素敵だな~とチェックしていたんですけど、このアクセサリーを見たときにショートヘアの編集ATさんを思い出して。短い髪に似合うなと思って選びました。シンプルだけどひとクセあるデザインが私も好みです。自分も心惹かれるうえに、相手に似合いそう!とあって、迷わずこれに決定です。

問い合わせ先:
ライラトウキョウ
tel.03-6427-6325

>>他のインフルエンサーのギフトリストをチェック

>>フィガロ編集部のギフトリストをチェック

161216_tondabayashiran.jpg

とんだ林 蘭 Ran Tondabayashi

1987年生まれ、東京を拠点に活動。コラージュ、イラスト、ペインティング、立体、映像など、幅広い手法を用いて作品を制作する。猟奇的でいて可愛らしく、刺激的な表現を得意とし、名付け親である池田貴史(レキシ)をはじめ、幅広い世代の様々な分野から支持を得ている。木村カエラ、東京スカパラダイスオーケストラなどの音楽アーティストや、MIHARAYASUHIROなどのファッションブランドへも作品提供を行うなど、精力的に活動の場を広げている。
http://tondabayashiran.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年7月号 No.493

      人生って......旅のようなもの。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。