いつだってロマンティック!が信条の小嶋智子の場合

【ROMANTIC】クールなジャケットとチュールの新バランスって?

スタイリストのスタイル塾

フィガロおなじみのスタイリストが、スタイリングの極意を教える人気連載。第4回は、レースやチュールなどのロマンティックな素材に目が無いという小嶋智子さんが登場。秋冬シーズンに欠かせないカーディガン、ジャケット、柄パンツの3アイテムを小嶋流に着こなしてもらった。カーディガン柄パンツに続いて、最後はジャケット。

161017_stylist3-1.jpg
ジャケット¥106,920/クリスタセヤ(インターナショナルギャラリー ビームス) チュールロングドレス¥143,640/ステラ マッカートニー(ステラ マッカートニー ジャパン) ジャンプスーツ¥27,000/ラコーサ(エディット フォー ルル ルミネ新宿店) チョーカーの長さにしたゴールドのチェーンネックレス、ヴィンテージのがま口バッグ、ヴィンテージのベージュのコンバーススニーカー/以上スタイリスト私物

“ジャケット、ドレス、ジャンプスーツの上級レイヤードルック。”

マニッシュかつベーシックな麻のジャケットは、それだけだとおじさんっぽくなってしまうので、大胆なボリュームが印象的なチュールドレスを合わせて。さらに、ドレッシーになり過ぎないように中にジャンプスーツを着ます。ドレスをそのままドレスとして着ると日常着からかけ離れてしまうので、パンツスタイルとのミックスに。足元はヴィンテージのコンバースでさらにカジュアルダウン。

161017_stylist3-2.jpg

“Vラインでセンシュアルに魅せる、素肌の見せ方。”

中にジャンプスーツを合わせたのは、このVラインで胸元を美しく見せられるからという理由もあります。薄いチュールを1枚纏った素肌の見せ方は色っぽくて好きです。アクセサリーは、首にまとわりつくような短さの細いゴールドチェーンのみ。最小限に抑えることで美しく見せる“レス・イズ・モア”の考え方が好きです。その代わりに、袖を雑にたくし上げたり、ウエストの紐も適当にキュっと結んだり、ジャケットのラフな着こなし方で作り込みすぎないようにします。

 

<<Recommended Items>>

161017_stylist3-3.jpg

“Tシャツと布バッグでカジュアルダウンする簡単テク。”

オーバーサイズのマニッシュなジャケットコートの中にチュールドレスを着る場合、チュールドレスをそのままドレスとして着ないことが鉄則。一番簡単なのは、Tシャツをインすること。それだけでもドレスがたちまちデイリー仕様になります。Tシャツはカラフルなヴィンテージのものだったり、グラフィカルなレタープリントのものだったり。できるだけチュールに負けないインパクトあるものをセレクトするのがポイントです。あとはドレッシーにならないように、カジュアルな布バッグを肩から提げて。足元はスリッパでリラックス感も忘れずに。

クラシカルな格子柄コートはオーバーサイズでいまっぽく。
コート¥140,400/イザベル マラン

ブラウンのチュールがシックに揺れる。
チュールドレス¥138,240/トーガ(インターナショナルギャラリー ビームス)

SNS投稿を禁じるメッセージがプリントされたユニークな1枚。
Tシャツ¥18,360/エムエスジーエム(アオイ)

一見マニッシュなレザースリッパは型押しでシックに。
スリッパ¥74,520/ロベール クレジュリー(メゾン イエナ)

ワンハンドルのカジュアルなバッグはムラ染めがポイント。
キャンバスバッグ¥30,240/オール ハンズ(ギャルリー・ヴィー 丸の内店)

●問い合わせ先:
アオイ Tel. 03-3239-0341
イザベル マラン Tel. 03-5772-0412
インターナショナルギャラリー ビームス Tel. 03-3470-3925
エディット フォー ルル ルミネ新宿店 Tel. 03-6911-2811
ギャルリー・ヴィー 丸の内店 Tel. 03-5224-8677
ステラ マッカートニー ジャパン Tel. 03-6427-3507
メゾン イエナ Tel. 03-5731-8841

【PROFILE】
小嶋 智子/TOMOKO KOJIMA
福島県出身。2011年より青木千加子氏に師事し、15年3月に独立。根っからのヴィンテージ好きで、今季はファーアイテムが気になる。19歳の頃に購入したヴィンテージのミンクのファーケープをいまだに愛用中。好きなヴィンテージショップは表参道のサンタモニカ、代官山のカーブーツ、五本木のキロショップ。厳選されたものが並ぶ店よりも、掘り出し物を見つける楽しさがある店が好み。

photos:YUTO KUDO(MANNEQUIN), JOHN CHAN(OBJETS), sylisme:TOMOKO KOJIMA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年4月号 No.490

      二面性のある女でいたい。おしゃれ好きなもので。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。