スタイリスト青木千加子が提案する、春夏コーディネート

ホワイトの新しい着こなし、3つのバリエーション。

スタイリストのスタイル塾

「フィガロジャポン」で活躍するスタイリストがコーディネートを指南する人気企画「スタイリストのスタイル塾」がパワーアップ!  フレッシュなモデル、水原佑果とともに“いまの気分”をお届け。今回は青木千加子さんが白の着こなしをレクチャー。今年らしい3スタイルを提案する。

style 1. ホワイト+ブライトカラー

06_004-f580.jpg

“オールホワイトのマットな質感に、小物で色と光沢を差す”

“全身ホワイト”はここ数年人気が続いていますが、ボリュームが出やすい着こなしであることも事実。今回は、いかにすっきり仕上げるかを考えた3つの着こなしを提案したいと思います。まずは、ホワイト+ポップな明るい色。白の素材感はすごく重要ですね。チープに見えないようにマットな質感でまとめて、ロングベストとパンツですらっと見える縦長のラインを作りました。アクセントにブライトカラーのサンダルをオン。服と対照的な光沢感のある素材もポイントです。

<<Styling Point>>

06_073-f580.jpg

トレンドの厚底サンダルを着こなしのアクセントに。ホワイトに対してブライトカラー、洋服のマットな質感に対して光沢やビジューを合わせました。全体としてはマニッシュな印象が強いので、動くとドラマティックに揺れるスパンコールのベルトスカートをプラスしました。

ロングベスト¥170,640/3.1 フィリップ リム(3.1 フィリップ リム ジャパン)  タンクトップ¥9,180/ハクジ(ブランドニュース)  ベルトスカート¥76,680、サンダル¥104,760/ともにヌメロ ヴェントゥーノ(イザ)  デニム¥31,320/ディーゼル(ディーゼル ジャパン)  イヤリング¥141,480(予定価格)/マルニ(マルニジャパン)  ブレスレット:右手上から¥88,560、¥159,840/ともにアリータ(マーベリック) 左手¥88,560、リング:右手中指指先から¥19,440、¥35,640、左手人指し指指先から¥37,800、¥30,240、¥37,800、中指¥95,040/以上カオル(KAORU 伊勢丹新宿本店)  薬指¥66,960/ヒロタカ(ショールーム セッション)

 

トレンドカラー筆頭格のピンクは、“全身ホワイト”の差し色にぴったり。そのほか、インパクトのあるキラキラ小物もおすすめ。オールホワイトなコーディネートにぴったりの、一点豪華主義アイテムをピックアップ。

01_016-f298.jpg表情豊かな質感のツイードキャップ。単色のピンクに抵抗がある方も、これなら大人っぽく取り入れることができるはず。¥97,200/シャネル
 
01_009-f298.jpg「ファーとベルクロのテイスト&質感ミックスが絶妙」と青木さんも絶賛するサンダル。(ヒール6.5cm)¥150,120(予定価格)/プラダ(プラダ ジャパンカスタマーリレーションズ)
 
01_005-f298.jpg明るいピンク、スポーツ感、肌見せの分量など、今年らしさが詰まったハイブリッドなitシューズ。(ヒール10.5cm)¥150,120/フェンディ(フェンディ ジャパン)
 
01_025-f298.jpgホワイトに映えるカラフルなキラキラ小物。ぜひ重ねづけでインパクトを出して。ブローチ¥66,960、イヤリング¥83,160/ともにグッチ(グッチ ジャパン)
 

---page---

style 2. ホワイト+ウエストマーク

05_033-f580.jpg

“アームコンシャスをバランスよく仕上げる方法”

バルーン型をはじめ今季は袖のバリエが豊富。一着は手に入れたい最旬トップです。色は活用度の高いホワイトがいち押し。そのままでもいいですが、袖にポイントがある分、ビュスチエやベルトなどでウエストを締めるとぐっとバランスがよくなります。style1のホワイト+カラーに続いて、すっきり大人っぽく見える縦長のラインを作りました。実は、このボトムはワンピース。スカートよりもすとんとした落ち感で、縦のラインがより強調できます。

 

<<Styling Point>>

05_088-f580.jpg

個人的にも大好きなウエストマーク。今回のスタイリングは、実はこれも自分が昔から好きな“白シャツ×トレンチ×柄スカート”の進化系なんです。ビュスチエがトレンチ代わり。ボトムを白やネイビーのプリーツスカートにして英国風シューズを合わせるのもおすすめ。大人のユニフォームテイストが楽しめます。

ビュスチエ¥38,880/トーガ プルラ(TOGA 原宿店)  シャツ¥91,800/ハイダー アッカーマン(三喜商事)中に着たワンピース¥724,680/ステラ マッカートニー(ステラ マッカートニー ジャパン)  右耳につけたチェーンピアス¥19,440、左手薬指につけたリング¥66,960/ともにヒロタカ(ショールーム セッション)  右手につけたバングル¥159,840、ブレスレット:右手¥88,560/ともにアリータ(マーベリック)  左手¥88,560、リング:右手中指指先から¥19,440、¥35,640、左手 人指し指指先から¥37,800、¥30,240、¥37,800、中指¥95,040/以上カオル(KAORU 伊勢丹新宿本店)

 

ドローストリングなど、アーム部分にひと技利かせたトップは今季のマストバイ!  幅広ベルトやビュスチエでバランスよく仕上げて。

01_002-f298.jpg

スリム効果も期待できるペプラム風ベルト。 “春夏にレザー”がシック。¥113,400/ロエベ(ロエベジャパン カスタマーサービス)

01_012-f298.jpg

ホワイトシャツに映えるディープレッドのベルト。80s調の幅広タイプが新鮮。¥104,760/バレンシアガ(バレンシアガ ジャパン)

01_042-f298.jpg大胆なドローストリングが効いたブラウス。少しハリのある質感に大人の品が漂う。¥147,960(予定価格)/マルニ(マルニジャパン) 01_029-f298.jpg

ハードになりがちなベルテッドデザインも、デニム素材ならこなれた印象。真っ白なシャツに合わせたいビュスチエ。¥88,560/マメ(ブランドニュース)

---page---

style 3. ホワイト+ランジェリー

04_067-f580.jpg

“カジュアルなランジェリーミックスが気分”

ランジェリー調のアイテムを使った着こなしがかなり浸透してきた昨今、そのままフェミニンに仕上げるのはややマンネリ。カジュアル&スポーティに仕上げるのが新鮮です。Tシャツとリネンパンツはこれだけでも成立する夏らしい組み合わせですが、ブラトップでぐっと今年らしい印象に。アウターは白ジャケットで“全身ホワイト”にしても。服がモノトーンなので、ブラトップや小物はぜひ柄、色、質感で遊んで。

 

<<Styling Point>>

04_150-f580.jpg

ブラトップのインには、自分の個性に合ったアイテムを選んで。今回は水原佑果さんのヘルシーな魅力を生かすために、てろっとした素材感のカジュアルなTシャツを選びました。セクシーすぎないフィット感と、遊び心ある胸元の“LOVE”が彼女の個性にマッチ。

ブラトップ¥73,440/マイケル・コース コレクション(マイケル・コース ジャパン)  Tシャツ¥14,040/リカ バイ ウルリカ・ラングレン(ユニット&ゲスト)  ジャケット¥62,640/フォルテ フォルテ(コロネット) パンツ¥138,240/ハイダー アッカーマン(三喜商事)  右耳につけたチェーンピアス¥19,440 、左手薬指につけたリング¥66,960/ともにヒロタカ(ショールーム セッション) ブレスレット¥88,560、リング:右手中指指先から¥19,440、¥35,640、左手人指し指指先から¥37,800、¥30,240、¥37,800、中指¥95,040/以上カオル(KAORU 伊勢丹新宿本店)  バッグ¥156,924/ジェイ ダブリュー アンダーソン(エドストローム オフィス)  ブーツ¥128,520/メゾン マルジェラ(メゾン マルジェラ トウキョウ)

 

ランジェリー調アイテムのレイヤードはここしばらく人気続行中!  ブラトップからチュールトップまで、今季もバリエーション豊かに新作が登場。

01_074-f298.jpg今季ホットなディテール、ドローストリングを取り入れたビュスチエ。一着でもレイヤードでも映えるデザイン。¥105,840/クロエ(クロエ カスタマーリレーションズ) 01_040-f298.jpg

ヴィクトリアン風のレースデザインを取り入れたチュールトップは要注目アイテム。これひとつあれば着こなしの幅がぐんと広がる。¥74,520/ドリス ヴァン ノッテン

01_035-f298.jpg

デイリーに着こなすランジェリールック“初心者”にも着こなしやすいシンプルなレースキャミソール。インナーとしてもレイヤードにも重宝。¥39,960/サカイ

01_033-f298.jpg胸の下あたりを覆う変形ブラトップ。セクシーなランジェリーが苦手な方にはこんなタイプがおすすめ。¥71,280/メゾン マルジェラ(メゾン マルジェラ トウキョウ)

 

●問い合わせ先:
イザ(ヌメロ ヴェントゥーノ)  0120-135-015(フリーダイヤル)
エドストローム オフィス(ジェイ ダブリュー アンダーソン)  Tel.03-6427-5901
KAORU 伊勢丹新宿本店(カオル)  Tel.03-3358-6385
グッチ ジャパン カスタマーサービス(グッチ)  0120-88-1921(フリーダイヤル)
クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ)  Tel. 03-4335-1750
コロネット(フォルテ フォルテ)  Tel. 03-5216-6517
サカイ  Tel. 03-6418-5977
三喜商事(ハイダー アッカーマン)  Tel. 03-3238-1398
シャネル(ファッション)  0120-525-195(フリーダイヤル)
ショールーム セッション(ヒロタカ)  Tel. 03-5464-9975
ステラ マッカートニー ジャパン(ステラ マッカートニー) Tel. 03-6427-3507
3.1 フィリップ リム ジャパン(3.1 フィリップ リム)  Tel. 03-5411-2870
ディーゼル ジャパン(ディーゼル)  Tel. 0120-55-1978
TOGA 原宿店(トーガ プルラ) Tel. 03-6419-8136
ドリス ヴァン ノッテン  Tel. 03-6820-8104
バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ)  Tel. 0570-000-601
フェンディ ジャパン(フェンディ)  Tel. 03-3514-6187
プラダ ジャパンカスタマーリレーションズ(プラダ)  0120-559-914(フリーダイヤル)
ブランドニュース(ハクジ、マメ)  Tel. 03-3797-3673
マーベリック(アリータ)  Tel. 03-6313-4502
マイケル・コース ジャパン(マイケル・コース コレクション)  Tel. 03-5772-4611
マルニジャパン(マルニ)  Tel. 03-6416-1024
メゾン マルジェラ トウキョウ(メゾン マルジェラ)  Tel. 03-5725-2414
ユニット&ゲスト(リカ バイ ウルリカ・ラングレン)  Tel. 03-3710-3107
ロエベジャパン カスタマーサービス(ロエベ)  Tel. 03-6215-6116
【PROFILE】
青木千加子/CHIKAKO AOKI
東京都出身。「フィガロジャポン」をはじめとする雑誌、広告、ミュージシャンのスタイリングなどを手がける。モードにヴィンテージテイストをミックスした独自の世界観が魅力。著書に『スタイリスト青木千加子のリアルクローゼット〜Make your style〜』。

photos:MASANORI AKAO (whiteSTOUT), stylisme:CHIKAKO AOKI, coiffure et maquillage:KEITA IIJIMA (mod's hair), réalisation:NAOKO MONZEN

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年10月号 No.496

      I am a WOMAN

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。