スタイリスト青木千加子がレッスン! 春夏のネオ・ロマンティックコーディネート術

ディーゼル ブラック ゴールドで作る、強さと儚さ。

スタイリストのスタイル塾

Promotion

得意のタフなテイストにフェミニンな要素をプラスした春夏のディーゼル ブラック ゴールド。相反するテイストをミックスした新鮮なコレクションから、青木千加子さんがスポーティなエッセンスを加えたネオ・ロマンティックスタイルを提案。

“ロマンティックなドレスと今年らしいフーディの、新バランス”

02_128-f580.jpg

春夏のディーゼル ブラック ゴールドはこれまでにないほど、フリルやレースを多用したアイテムが充実しています。それが甘くなりすぎず大人っぽく仕上がっているのは、このドレスのベルトのように辛口のディテールが利いているから。ここに“辛口つながり”でレザージャケットやライダースを合わせるのもいいですが、今年は抜け感のあるスポーティなアウターが断然気分。このフーディはオーバーサイズと後ろさがりの変形シルエットで今年らしさ満点。全体の印象としても、“甘口×辛口”にスポーツ感を加えることで、より着こなしやすくなるはず。

スウェットフーディ¥55,080、ドレス¥152,280(GINZA、AOYAMA店限定)、ブーツ¥74,520/以上ディーゼル ブラック ゴールド(ディーゼル ジャパン)

“大人が着るロマンティックは、クオリティとディテールが重要”

03_075-f580.jpg

絶妙な発色としなやかな質感に驚いたのがスウエードのセットアップ。スカートは単品で見るとかなり甘めですが、上質な素材で落ち感も美しい、大人のためのミニ。アシメトリーなカッティングも利いています。編み上げデザインやジップ使いなど、ジャケットの凝ったディテールもディーゼル ブラック ゴールドならでは。インナーにはドレスのルック同様、スポーティなTシャツを合わせました。少し大きめのサイズ感で今年らしさもプラス。着こなしがピンクと白で甘めなので、先とんがりのブーツで引き締めたのもポイントです。

レザージャケット¥167,400、トップ¥21,384、レザースカート¥136,080(GINZE、AOYAMA店限定)、ブーツ¥74,520/以上ディーゼル ブラック ゴールド(ディーゼル ジャパン)

ネオ・ロマンティックな着こなしを実現するディーゼル ブラック ゴールドのアイテムをご紹介。ドローストリングやフリル使いなど、+1のディテールにも注目!

モデルカットと同じ素材のレザージャケット。コンパクトなシルエットが女性らしさを引き立てる。¥150,120/ディーゼル ブラック ゴールド(ディーゼル ジャパン)

一着でもスタイリングがきまる、フリルとドローストリングが目を引くデザインTシャツ。¥35,640/ディーゼル ブラック ゴールド(ディーゼル ジャパン)

異素材使いやスポーティなストリング使いなど存在感たっぷりのワンピース。アウターとしても活用できる優れもの。¥58,320/ディーゼル ブラック ゴールド(ディーゼル ジャパン)

薄くしなやかなレザーを使った大人のためのショートパンツ。ゆったりしたシルエットも気分。¥98,280/ディーゼル ブラック ゴールド(ディーゼル ジャパン)

カジュアルな印象が強いカーキパンツも、立体的なシルエットでモード顔に。ストレッチが利いていて、はき心地も抜群。¥38,880/ディーゼル ブラック ゴールド(ディーゼル ジャパン)

両サイドのフリルと細みのシルエットがフェミニン。これぞロマンティックミックスのためのデニム。パンツ¥33,480/ディーゼル ブラック ゴールド(ディーゼル ジャパン)

旬のバスケット形バッグがロックなデザインで登場。甘めの着こなしを引き締めてくれる。(Φ16×H24㎝)¥92,880/ディーゼル ブラック ゴールド(ディーゼル ジャパン)

足元からスポーティな要素を取り入れるのもおすすめ。色は春らしく軽やかなホワイトがいち押し。¥56,160/ディーゼル ブラック ゴールド(ディーゼル ジャパン)

【PROFILE】
青木千加子/CHIKAKO AOKI
東京都出身。「フィガロジャポン」をはじめとする雑誌、広告、ミュージシャンのスタイリングなどを手がける。モードにヴィンテージテイストをミックスした独自の世界観が魅力。著書に『スタイリスト青木千加子のリアルクローゼット〜Make your style〜』。

●問い合わせ先:ディーゼル ジャパン  tel:0120-55-1978(フリーダイヤル)
www.dieselblackgold.jp

photos:MASANORI AKAO (whiteSTOUT), stylisme:CHIKAKO AOKI, coiffure et maquillage:KEITA IIJIMA (mod's hair), réalisation:NAOKO MONZEN

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年5月号 No.491

      いつだって、パリは私たちを待っている。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。