【LAYERED】シルエットと丈のバランスで、自分にぴったりな新スタイルに。

スタイリストのスタイル塾

上杉美雪さんによるレイヤード講座。第2回は、ミリタリースタイルをレディライクに着こなすテクニックを紹介。定番アウターのトレンチコートと、今シーズン注目のジレとの合わせ技ほか、おしゃれに役立つティップスが満載!

02_stylestudy_style_kv15120.jpg

上杉美雪さんによるレイヤード講座。第2回は、ミリタリースタイルをレディライクに着こなすテクニックを紹介。定番アウターのトレンチコートと、今シーズン注目のジレとの合わせ技ほか、おしゃれに役立つティップスが満載!

Style Concept
「レイヤードを活用して、定番アイテムをアップデート」

スタンダードアイテムのひとつ、トレンチコートもレイヤードすることでフレッシュな印象になります。丈の長いニットにロングジレ、さらにロング丈のトレンチコートをレイヤードしましたが、少しずつ長さが違うアイテムを重ねることで新しいバランスが生まれました。絶妙なバランスを作った立役者はジレ。シンプルなジレを1枚インするだけで、定番アイテムがまったく違うスタイルになる。これこそレイヤードの面白いところです。レイヤードは文字通り、服を重ねていくこと。アイテムを足し算することで組み合わせの発見がある一方、気をつけないとルーズに仕上がってしまう心配も。そこで気をつけるべきは、シルエットと丈のバランスですが、そのさじ加減は身長などその人のボディラインによって変わってくるもの。服を着てみて気付くことが多いので、手持ちのアイテムをいろいろレイヤリングしてみて、自分にぴったりとくるバランスの最適解を見つけてみてください。

さらにもうひとつ。トレンチコートのようにクラシックなアイテムは、そのままだと"決まり"やすい。何か自分らしいサプライズを考えてみましょう。今回は、パンツの赤をスパイスに、シューズをスリッパにすることでリラックス感をプラスしました。ここでスリッパをチョイスしたのは、私なりの引き算。モロッコのバブーシュから着想を得て合わせてみたら、重たいレイヤードにほどよい解放感が生まれ、私の個性が反映されたスタイルとなりました。前回の話につながりますが、ルールに縛られたり、ファッションをカテゴリーしていたら、たどり着けない表現ですよね。みなさんが心地よいと思うこと、いまの気分は何でしょうか。その感覚に従い自由にアイテム選びができれば、もっと自分らしくアレンジできるようになると思います。

---page---

02_stylestudy_secret_kv151208.jpg
トレンチコート(バーバリー)、ジレコート、パンツ(ともにセリーヌ)、スリーブレスニット(ザ ロウ)、シューズ(マルティニアーノ) ※トレンチコート、ジレコート、パンツ、シューズはスタイリスト私物

Style Secret A, B, C
「冬のレイヤードに大活躍! 狙うべきはジレ」

これからの季節、レイヤードを楽しむならまず買い足すべきはジレですね。ジレは着こなしが難しいアイテムと思われがちですが、アウターを重ねれば簡単に取り入れられます。もし、欲しい!と思えるアウターにまだ出合えていないなら、新しいジレをワードローブに投入してみてください。その可能性におしゃれ心が高揚するはずです。今回はシックなニットと合わせましたが、Tシャツに重ねてカジュアルダウンしたり、ブラウスの上に羽織ってフェミニンに仕上げたり、応用の幅が広いのも魅力的。

A:Long Gilet
ロング&リーンが気分のいま、ジレもロング丈をセレクトしてみて。ロング丈のアウターとも好相性なのはもちろん、あえて短いアウターを合わせてバランスをとってみるのも面白そう!

B:Red Pants
赤のパンツをアクセントに。ポイントは、シンプルなデザインであること。これがデコラティブだったり、ユニークなシルエットだったら主張が強すぎて逆効果。なお、エナジーを感じる赤は、最近気になる色でもあります。

C:Shoes
スタイリングする際、露出される肌面積って実はとても重要。肌を見せることで女性らしさも表現できますし、より日常感を演出できます。今回のロングシルエットも足元がふさがってたら息苦しい印象になっていたはず。

---page---

02_ft03_w620px_uesugi_stylestudy151201.jpg
左上から時計回りに、チョーカー¥51,840/ガブリエル アルティガス ニット¥133,920/ザ ロウ(コロネット) ヴェルサーチのヴィンテージビュスチエ¥25,920/オンリーワンブティックバイエヴァ ワイドパンツ¥168,480/ステラ マッカートニー(ステラ マッカートニー ジャパン) セリーヌのヴィンテージキルティングコート¥84,240/オンリーワンブティックバイエヴァ ブーツ(ヒール10cm)¥95,040/ドリス ヴァン ノッテン バッグ(H22×W22×D18cm)¥124,200/J.W.アンダーソン(ともにスーパー エー マーケット)

Recommended Items

「ボディコンシャスなレイヤードで、レディなミリタリールックが完成!」

カーキトーンのミリタリースタイルを、レイヤードを用いることで女性らしく仕上げました。提案したいのは、ボディコンシャスなレイヤード。フィット感のあるニットにビュスチエをオン。その上にハイウエストのパンツを合わせることでより女性の美しいボディラインが強調されます。一方、パンツのゆったりとしたフォルムが女性が持つ柔らかさを表現。このコントラストにより、ミリタリーがシックでエレガントなスタイルに昇華します。アウターはスタンダードなもののほうが、中の個性的なスタイリングがひきたちます。ヴィンテージのセリーヌは、レザーのパイピング、かちっとしたフォルムにキルティングが施された気品漂う仕上がり。色も絶妙です! 1ページ目に登場したトレンチコートも合いそうですね。スタンダードなアウターを持ってくることでどちらも引き立ちます。

ビュスチエなどインパクトのあるアイテムがある時、または、同系色でスタイルを作る時は、全体をマットな質感で統一してください。これがエレガントに仕上げるコツです。例えば、ドリス ヴァン ノッテンのキャンバス素材のブーツ、ここで光沢感のあるレザーブーツを合わせたら、悪目立ちしてレイヤードの調和を崩してしまいそう。アクセサリーは最近出番の多いゴールドのチョーカーをセレクト。首元にぴたっと沿いトップを引き締めるのに全体のコーディネートを邪魔しない。ちょっとトライバル的要素があるけど、ネックラインになじみがいい。バッグ選びも怠りなく。ショルダーではなく、持ち手の短いバケツ型のバッグを持ってバランスを整えて。

●問い合わせ先:
オンリーワンブティックバイエヴァ Tel. 03-5489-2488

コロネット(ザ ロウ) Tel. 03-5216-6517
www.therow.com

ステラ マッカートニー ジャパン(ステラ マッカートニー) Tel. 03-6427-3507
www.stellamccartney.com

ドリス ヴァン ノッテン Tel. 03-6820-8104
www.driesvannoten.com

スーパー エー マーケット(J.W.アンダーソン) Tel. 03-3423-8428
http://j-w-anderson.com
www.superamarket.jp

---page---

01_151124_thumb600xauto_04_stylestudy_Inspire_kv.jpg

Inspired by...
「ハイブランドの洗練バランス、エキゾチックなムードに惹かれて」

●2016春夏のランウェイからはセリーヌドリス ヴァン ノッテン。洗練されたシルエットバランスはハイブランドならでは。

エキゾチックなものが、昔から大好きなテイストです。モロッコのマラケシュ、タンジェに滞在しましたが、インテリアや街並の色使いやムードが素敵で行く度に好きになります。訪れた時は、色鮮やかな生地をたくさん買って帰ります。

モロッコを題材にした写真集もよく眺めます。ハリー・グリエール(Harry Gruyaert)の『Maroc』はお気に入りの1冊。今回提案したトレンチコートのルックも、スリッパはバブーシュから、発色のいい赤のパンツもこちらの写真からインスパイアされました。ジプシーの野営地などを撮影したエキゾチックなビジュアルが印象的なインゲ・モラス(Inge Morath)の『First Color』もよく見返します。

【PROFILE】
上杉美雪/MIYUKI UESUGI
本誌『フィガロジャポン』ほか、ファッション誌を中心に、雑誌、広告やカタログなどで活躍中のスタイリスト。現代女性の持つ気品や色気、強さなどを調和させる独自のスタイリングが、モード界を筆頭に圧倒的な支持を集めている。

photos:YUSUKE MIYAZAKI(SEPT/MANNEQUIN), JOHN CHAN(OBJETS), sylisme:MIYUKI UESUGI

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年7月号 No.493

      人生って......旅のようなもの。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。