無類のシャツ好きな清水奈緒美さんの場合。

【SHIRTS】大人の女のプレッピールックは、メンズシャツで攻略。

スタイリストのスタイル塾

フィガロおなじみのスタイリストが、スタイリングの極意を教える人気連載「スタイリストのスタイル講座」。第3回はシャツ好きの清水奈緒美さんが、私物の愛用シャツを+1テクで最旬スタイルにアップデート。プレッピー、レイヤード、フェミニンの3テーマに沿った最新のコーディネートを提案する。

160727-stylestudy1-1.jpg

ブルックスブラザーズのメンズのシャツ、メゾン ラビ カイルーのベスト/ともにスタイリスト私物 パンツ¥73,440/ドゥロワー、ハンドバッグ¥286,200/ロウナー(ともにドゥロワー 青山店) アンクルストラップシューズ¥64,800/メゾン キツネ(メゾン キツネ カスタマーセンター)

“女らしさを主張する小物で、メンズシャツを大人プレッピーに”

もともと華美な格好が得意じゃなくて、ジャケットやシャツなどのプレッピーな要素に心惹かれるんです。特に秋冬はドリス ヴァン ノッテンのような、一筋縄ではいかない進化したプレッピースタイルがランウェイを賑わせました。

このブルックスブラザーズのシャツは、カッティングがストレートで素材もタフ。サイズはハーフ刻みで展開していて、私は15ハーフを愛用しています。メゾン ラビ カイルーという新進パリブランドのベストは独特のカッティングやデザインなのですが、シャツを合わせることで急に身近になります。自分のワードローブに無い新しい服に挑戦するとき、普段愛用しているシャツを挟むことでグっと距離が近くなって着こなしやすくなるんです。

でもそれだけだと女っぽさが足りなくなる。今秋は「女らしさ」もキーワードだと思いますし、自分も常にそれをコーディネートのどこかに足すことは意識しています。今回はかっちりとしたハンドバッグとアンクルストラップシューズで女らしさをプラスしました。

日々の着こなしを考えるとき、心がけているのは全体のバランスの計算。ワインカラーの細身パンツで、秋っぽく。あえて真っ白な靴下を履くことで、足元もプレッピーに。自然体でありながらも、色々な要素の足し算・引き算はしています。

160727-stylestudy1-2.jpg

“アクセサリーはイエローゴールドで統一して品良く。”

もともとメンズのシャツを着ているので絶対的にサイズが大きいのですが、ほどよく腕まくりしてしまえば違和感なく着られるのもシャツのスタイリングの幅広さ。ボタンを閉めたり開けたり、羽織ったりという着こなしの方法もそうですが、ノーカラー、スタンドカラー、ボタンダウンなど、シャツ自体にもバリエーションが豊富なので、シャツを主役にしたコーディネートは飽きません。

アクセサリーは、ゴールドとシルバーを混ぜないのはマイルールのひとつ。私はゴールドが好きで、なかでもイエローゴールドのアクセサリーを集めています。気に入ったら即買い、が私のお買い物の信条なんですけど、華奢なデザインが好きなので、いくつか重ねて着けてもうるさくならないのもポイントです。為替の影響で今、金が高騰しているとか。ゴールドは今後どんどん値段が上がると思うので、気に入ったものは本当に即買いします(笑)。

 

<<Recommended Items>>

“素材、サイズ感が肝になる最新プレッピールック。”

プレッピーは永遠の定番スタイルだからこそ、ディテールにこだわりが見られる最新作を手に入れたい。

素敵なパリジャン2人が手がけるエディションズ エムアールは今季改名して再デビューしたメンズブランドなんですが、女性がわざと大きめのシルエットで着るのがおしゃれだと思います。パリのランウェイショーで見たときから散財間違いないと思っていたドリス ヴァン ノッテンや、素材の良さが引き立つシンプルかつシックなデザインが素敵なパリ発のクリスタセヤはどちらも大好きなブランド。ザ ロウのシューズも毎シーズンチェックするほど、注目しています。

大きめのメンズシャツにゆるくチェック柄スカーフを巻いて作り出すマニッシュなバランス。シャツ¥20,520、チェックのスカーフ(参考商品)/ともにエディションズ エムアール(ネイビー・ノート)

フォーマルな仕立てに、オリジナルのワッペンがチャーミング。ジャケット¥182,520/ドリス ヴァン ノッテン

深いボルドーに染まったニット素材で秋らしく。ポロニット¥27,000/エディションズ エムアール(ネイビー・ノート)

ハンパ丈やワンタックなど、随所に絶妙なこだわりが。コーデュロイのパンツ¥126,360/クリスタセヤ(ロンハーマン)

レディを主張する真っ赤なハンドバッグはキラリと光る留め具がポイント。ハンドバッグ¥226,800/ロウナー(ドゥロワー 青山店)

脚を長く見せてくれる美しいシルエットが魅力。ショートブーツ¥322,920/ザ ロウ(コロネット)

●問い合わせ先:
コロネット Tel. 03-5216-6517
ドゥロワー 青山店 Tel. 03-5464-0226
ドリス ヴァン ノッテン Tel. 03-6820-8104
ネイビー・ノート Tel. 03-6447-4065
ロンハーマン Tel. 03-3402-6839

【PROFILE】
清水奈緒美/NAOMI SHIMIZU
東京都出身。ファッション誌のエディターを経てスタイリストに。本誌「フィガロジャポン」などの雑誌を始め、広告やCM、アパレルブランドのキャンペーンなどのさまざまなスタイリングを手がける。品を感じさせるシックなコーディネートに、キラリと光るモードのさじ加減が絶妙。

photo:SEISHI SHIRAKAWA(MANNEQUIN), JOHN CHAN(OBJETS), sylisme:NAOMI SHIMIZU

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年3月号 No.489

      ドラマティックな映画が観たい♥

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。