石井ゆかりの星占い

情緒ある文体でつづられる12星座占いが大人気の石井ゆかりさんによる星占い。
「フィガロジャポン」本誌で好評を博した今年1年の運勢と毎月の占いのバックナンバーを掲載。
今月分は発売中の「フィガロジャポン」をチェック!

2017年の星占い

$category_name
やぎ座   12.22 - 01.19

外に出て活躍すればするほど、 確かな「居場所」が必要になる。

古い作品で恐縮ですが、アニメ『フランダースの犬』や『名犬ジョリィ』など、犬が主人公の友だちとして重要な役割を果たす作品は、たくさんあります。これらの作品の中で、犬たちは決して、鎖でつながれたり、小屋や家に閉じ込められたりすることはありません。このことは、現実の犬の飼育とは、状況が大きく異なります。現実に犬を飼おうと思えば、どんなに懐いている犬でも、首輪をつけて紐でつないでおく必要があります。お互いに自由な状態で並んで歩く、という風景は見られません。おそらく、アニメに出てくる「自由に主人公と歩く犬」たちは、どこか、擬人化されているところがあるのだろうと思います。もとい、擬人化ではなく、無垢な無償の友情の象徴なのだろうと思うのです。しがらみや他の社会的な関係で「つながれて」いるのではない、逃げようと思えば逃げられるのに、常に側にいてくれる「友」。私たちの心は無意識に、いつもそれを求めていてその切なる願いが、ああした健気で忠実な犬の姿で描かれている、ということなのだろうなと思うのです。

恋愛関係はさておき、パートナーシップや親子関係など、あらゆる身近な関わりは愛情を軸として成り立っている、という前提がある一方で、やはりどうしても、厳然として経済関係や社会的関係から逃れることはできません。でも、私たちはそうした「否応ない事情」という鎖で縛られたような関係には決して、心から安心することはできないものだろうと思います。逃げようと思えばいつでも逃げられるはずなのに、どうしても側にいる愛情。自由と自立のうえに成り立った、鎖のない心の友に恵まれた人々はとても心強くいられるものなのだろうと思うのです。もちろん、それを「たったひとりの人」に集約しようとして完全な愛や友情を探し求め、裏切られては孤独に逃げ込む人もいます。私たちは「たったひとつの完全な愛・友情」によって支えられるのではなく無数の淡い愛情の集まりを花束のようにまとめて、その束全体を、一匹のパトラッシュやジョリィのような存在として心の支えにしているのでしょう。

2017年、山羊座の人々は大きなチャンスの季節の中にあります。キャリアにおいて重要な局面を迎え、成功を収め、飛躍する人が多いでしょう。そんな季節において、上半期は特に上記のような「心の友・愛情・支え」というテーマにも、意識が向かうだろうと思います。掴まえて閉じ込めておくような愛情や支えではなく、本来お互いに完全に自由であるにもかかわらず、無償で提供される支援のかぎりない強さ、頼もしさを再認識させられるでしょう。あるいは貴方自身が誰か身近な人に対して、そうした役割を果たし、お互いの愛を溶け合わせて強くなれるのかもしれません。たったひとりの相手から、そうしたかぎりなく信頼できる情愛を受け取る人もいれば多くの人と、小さな愛の欠片を交換し合って、全体としてネットワークのような「愛の土台」を形成する人もいるでしょう。いずれにせよ、貴方がこの時期汗をかいて獲得できるのは「心の置き場所」です。外に出て活躍する、その活動のスケールが大きくなればなるほど、あたたかく頑丈な「帰るべき場所」が必要です。上半身を思い切り動かすには、下半身を鍛える必要があるのと同じように外の世界で活躍するためには、「居場所」が重要な意味を持つのだろうと思います。

12.22-1.2 生まれの貴方

熟成させたアイデア、言葉、メッセージを「取り出す」時。

2011年頃から、モヤモヤと考えがまとまらなかったり、自分の曖昧なイメージの中に沈み込んでいたりしたでしょうか。なぜかコミュニケーションの輪に入ることがためらわれたり、言うべきことを思いつかずに苛立ったりしたこともあったかもしれません。頭の回転が速く、いつも当意即妙のやり取りができ、難しいことでもすらりと理解してしまうような人々に多くの人が憧れますがたとえばワインの醸成を待つように、長い時間沈黙を保ち、謎や疑問と向き合い続けなければ決して生まれないアイデア、というのも、世の中には確かにあります。ぱっと分かってさっと動くことより、立ち止まったままモヤモヤしたイメージの固まりに、いつまでも向き合い続けることが必要な場合もあるわけです。時間をかけて得た「これだ」という深い納得こそが、自分独自の考え方や世界観、アイデアの源泉となっていきます。2017年上半期、貴方は過去数年をかけて育ててきたイメージや考え、言葉などを、ようやく貯蔵庫から出してこられるようです。この時期貴方が発するメッセージや意見は、多くの人の心を打つでしょうし、状況を変える力を備えています。年明け早々、そうしたコミュニケーションが発生し、多くのことを語りながら貴方は、過去の深い黙考が何を生み出したのか、自分でも初めて発見することになるかもしれません。あるいは2月末に、これまでとは違う、まったく新しいコミュニケーションが生まれたという実感を得ることになるのかもしれません。1月末から2月中旬、3月後半から4月頭、そして4月末から5月半ばと、「居場所・家族」に関して目立った動きが起こりそうです。愛に追い風が吹くのは3月、そして6月です。とはいえ、6月は人間関係に熱がこもりやすい時でもあります。悪ノリにはご注意を。

1.3-1.12 生まれの貴方

幾多のチャンスが、貴方の「眠れる力」を揺り起こす。

大きなチャンスが貴方の中に眠っている力を、イヤというほど引き出してくれます。「イヤというほど」という表現を使ったのは(フレーズ自体の意味は少々違いますが)、貴方がその力を長いこと「眠らせてきた」のにも、おそらく、たくさんの理由があるのだろうと思ったからです。いくつかのプロテクトを外し、どこかで「開き直る」ような気持ちで力を放出した時、大きなチャンスが貴方のものになります。さらにいえば、そのプロテクトを外した瞬間、もはやプロテクトなど必要なくなっていたことも、分かるはずです。山羊座の人々は、太陽のように大きな力を秘めているのですが、それ以上に「コントロールする」ことへの意識が強いため、自分の持っている力を制御しきれないのでは、という恐れを抱きがちです。結果、力を「眠らせたまま」にしてしまうこともあります。でも、この時期は貴方がコントロールできるかどうかを判断する前に、勝手に「力」のほうが動き出してしまうかもしれません。考える前に身体が動くのは、貴方の中にある「勝負勘」のようなものが鋭く反応するからです。1月はコミュニケーションが非常に活発になるでしょう。たくさんの年賀状をやりとりし、何人もの人に会うことになるようです。あるいは年明け、猛勉強をしてひと皮むける、という人もいるかもしれません。2月から3月は居場所がバタバタしそうです。5月は非常に忙しくなるでしょう。他人に振り回される感じもあるかもしれませんが、ぐるっと回って自分の利益になります。6月後半、タフな交渉事が発生しそうですが、貴方の不思議な魅力や相手へのポジティブな感情によって有利に展開するでしょう。愛に追い風が吹くのは3月末から4月上旬、5月末から6月頭、6月後半です。

11.3-1.19 生まれの貴方

社会的な力を得たからこそ可能になる「独立・離脱」。

たとえば、マンツーマンで教えてもらっていた状態だったのが、ひとりでできるようになって自立するとか、仕事が見つかって、実家を離れて独り暮らしを始める、組織を離れてフリーとして活動し始める、などなど、「社会的な力が身についたことで、依存していた環境から離れることになる」というイベントは、けっこう大人になってからでも起こります。2017年上半期、貴方はそんなふうに、ある種の結果を出し、ひとりでも外の世界でやっていける力を身につけたうえで、離れたいと思っていた場所から離脱することになるかもしれません。これはたとえば、月に行くためには地球の重力から脱出しなければならない、というのにも似て、ある種の勢いや思い切り、リスクを取る勇気、激しいほどの憧れなどが必要な「離脱」となるかもしれません。甘えられる場所や頼れるものは大切ですが、それはやがて「縛り付けられる」「閉じ込められる」ような閉塞感につながっていきます。真の人生の充実のためには、ときに思い切って「離脱」することが必要になる場面があるのです。年明け、「離脱」のための経済的・物質的な手段を得るかもしれません。さらに1月後半から2月頭、移動手段が見つかります。2月前半、人からのアドバイスや誘いを受けるとともに、思いがけないオファーを受け、離脱へのアクションが本格化します。そして2月末から3月前半にかけて、思い切って「出発」することになるでしょう。と、これらはもちろん比喩ですが、年明けから段階的に段取りができていき、どこかで一気に突き抜けていくような動きになるのではないかと思います。愛に追い風が吹くのは4月、6月末から7月頭です。また、1月半ば、誰かと確かに心が通じ合ったことを実感できそうです。

MESSAGE

12星座別占い

Horoscope : Ishii yukari / Illustlation : Chihiro Yoshii

石井ゆかりプロフィール

独学で星占いを習得し、2000年よりWEBサイト「筋トレ」をスタート。毎週の12星座占いなど、幅広い層から共感を得ている。そして2010年は各星座を1冊ずつにまとめた『12星座シリーズ』(各¥1,000 WAVE出版刊)が話題に。そのほか『愛する人に。』(¥1,260 幻冬舎コミックス刊)では普遍的な恋愛Q&A集として、恋のハウツーに疲れた女子に強く支持されている。

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年8月号 No.494

      おいしくて可愛いバスク。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。