今晩食べたい!「我が家のおすすめ鍋レシピ」 #2

料理研究家平野由希子さんのワインにおすすめあさり鍋。

特集

ワインにぴったり豚肉とあさりの簡単お鍋

時節柄、ホームパーティが増えるタイミング。簡単に、でも見栄え良くできる鍋は、身体があたたまり、この時季のおもてなし料理にぴったりです。今回は、おもてなしにも、そして実はおひとり様鍋にもおすすめという簡単鍋レシピを、料理研究家平野由希子さんに教えていただきました。Wine365日というサイトを主宰する平野さんならではの鍋に合う、おすすめワインもぜひ一緒にお試しを。

161215-naberecipe.jpg

ひとりでも、大勢でもOK。〆は麺で食べたい、シンプル鍋

「豚肉とあさりは相性のいい組み合わせ。昆布だしにこの2つの材料を加えるだけで味わい深い鍋になります。今日は白菜を加えて野菜たっぷりにしましたが、しゃぶしゃぶ風にしてもいいし、きのこやキャベツなど具たくさんの鍋にしてもOK ワインによく合うお鍋です。おすすめはロゼ。具材を少なめにしてひとり鍋もいいし、具沢山にしておもてなしにも。〆はフォー、ラーメンで決まり」(平野由希子さん)

【材料】2人分
・あさり ・・・250g
・豚肉(しゃぶしゃぶ用 バラ、ロース 好みの部位を) ・・・200g
・白菜 ・・・1/8株
・香菜 ・・・2茎
・昆布だし ・・・5カップ(水5カップに昆布10センチ1枚を入れおく)
・酒 ・・・1/4カップ
・ナンプラー ・・・大さじ1と1/2〜2

【作り方】
1.あさりは塩水に30分以上漬けて砂抜きをした後、流水でこすりあわせて洗っておく。白菜、香菜はざくきりにする。香菜の根はとっておく。

2.鍋に昆布だしと香菜の根、白菜の軸の部分を入れて火にかける。煮立ったら、白菜の葉の部分、あさり、酒を加える。

3.あさりの口が開いたら、ナンプラーで調味し、豚肉、香菜を加える。かぼすやレモン、柚子胡椒を薬味に。

★ポイント
・ 香菜の根っこを加えることでスープの味に深みが出る。
・ あさり、豚肉は煮すぎないように少しずつ加える。豚肉はグラグラさせないで低めの温度で火を通すとよい。

プロフィール
平野由希子/料理研究家、日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
2015年にフランス農事功労章を叙勲。レシピ&ワインのサイト 「Wine365」を主宰。http://www.wine365.co.jp

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年7月号 No.493

      人生って......旅のようなもの。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。