今晩食べたい!「我が家のおすすめ鍋レシピ」 #3

栗原家に伝わる白こしょうたっぷりな春雨と鶏つくね鍋。

特集

人気料理家さんに聞く、おすすめ家鍋レシピ

寒さに比例して、忘年会などの外食も多くなるこの時季。たまに家で食べるなら、ほっこりあたたまる鍋を食べたくなりますよね。そこで、人気料理家の方5名に実際に家で食べている、おすすめの鍋レシピとその鍋にまつわる家族の話を教えていただきました。今回は、料理家栗原心平さん家の定番鍋をご紹介。栗原家ならでのあつあつ鍋、ぜひ今晩試してみませんか?

161218-naberecipe.jpg

栗原心平さん、思い出の家鍋レシピ「春雨と鶏つくねの塩鍋」

「私が幼い頃から母がよく作っていた鍋です。家族みんな大好きでした。シンプルなので他の料理と合わせて食べていました。
今でもスープ代わりに自宅でよく作ります。子供も春雨のするするとした食感が好きなのか沢山食べています。
父が白こしょうを沢山振って食べていたのがセオリーになっているので、この鍋に白こしょうは欠かせなくなりました」(栗原心平さん)

【材料】4人分
・冬瓜 ・・・600g
・青梗菜 ・・・1株(150g)
・水 ・・・900ml
・鶏ガラスープの素 ・・・小さじ1杯
・春雨 ・・・50g
・青ネギ(小口切り) ・・・適宜

[A]
・塩 ・・・小さじ1杯
・酒 ・・・大さじ1杯
・白こしょう ・・・適量(多め)

鶏つくね
・鶏ももひき肉 ・・・300g
・玉ねぎ ・・・60g
・しいたけ ・・・2個
・薄力粉 ・・・大さじ1杯
・塩 ・・・小さじ2/3
・黒こしょう ・・・適量

【作り方】
1.鶏つくねを作る。玉ねぎはみじん切りに、しいたけは軸を除き、粗みじん切りにする。
全ての材料をボウルに入れて粘りが出るまでよく混ぜる。

2.冬瓜は皮をむき、2cm角切りにして竹串が通るまで下茹でをする。青梗菜は根元を切り落とし、5cm幅のざく切りにする。

3.鍋に水、鶏ガラスープの素を入れて火にかける。煮立ったら、①の鶏つくねを8等分にして丸めて加え、アクを取りながら5~6分煮る。

4.つくねに火が通ったら、冬瓜、青梗菜の茎、葉の順に加え、Aを加えて調味する。春雨を加えて、柔らかくなったら、青ねぎ、白こしょうをちらす。

★ポイント
鶏つくねをしっかりと煮て、出汁をしっかりスープに出すこと。

プロフィール
栗原心平/料理家
幼いころから得意だった料理の腕を活かし、テレビや雑誌などを中心に活躍中。仕事で訪れる全国各地のおいしい料理や、お酒をヒントにご飯のおかずやおつまみにもなるレシピを提案。現在テレビの料理番組『男子ごはん』(テレビ東京系列)に出演中。また、料理家栗原はるみの長男として、株式会社ゆとりの空間の代表取締役専務も務めている。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年4月号 No.490

      二面性のある女でいたい。おしゃれ好きなもので。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。