桜の季節、今年の愉しみ方、いろいろ❗️

ニュース

待ちに待った桜の季節は、もうすぐ。日本気象協会の予報によると、東京の開花予想日は3月24日頃だそう。都内の高級ホテルやショッピング施設では、今年も趣向を凝らした特別メニューやイベントが満載! お花見パーティの手土産にぴったりなスイーツや、ちょっと大人のお花見を楽しめるランチやディナープランなど、耳寄り情報をお届け!

アンダーズ 東京

アンダーズ 東京のお勧めは、なんと言っても、東京湾やお台場の景色を一望できる「ルーフトップ バー」 でお花見を楽しめる「さくら ガーデン」! 虎ノ門ヒルズの最上階、地上約250メートルの高さにあるテラスで美しい桜の木々を愛でながら、ピクニックスタイルのアフタヌーンティーや華やかなディナーなど、美味しいお料理やお酒とともに素敵な時間を過ごしてみたい。また、開花時期に合わせて、本格的な江戸前寿司をいただける「the SUSHI」では、一夜だけの「スプリング ガラディナー」を開催。そして、人気のペストリー ショップでは、桜をテーマにした「さくら スペシャルスイーツ」が展開される。オケージョンに合う楽しみ方で、桜の季節を満喫して。

170223a4.jpg

「さくら ガーデン」では、ブッフェスタイルのアフタヌーンティーやディナーセットの特別メニューをいただける。

170223a5.jpg

東京タワーなど、東京のパノラミックな景色を見渡せる「さくら ガーデン」。昼と夜、それぞれの表情を楽しんでみては?

「お花見 アフタヌーンティー at さくら ガーデン」

日時:2017年3月25日(土)、3月26日(日)、4月1日(土)、4月2日(日)、4月8日(土)、4月9日(日) 14:00~17:00(ドリンクL.O. 16:30)
料金:お花見アフタヌーンティー/ コーヒー・紅茶・ソフトドリンクの2時間フリーフロー付き¥4,800、お花見アフタヌーンティー/ コーヒー・紅茶・ソフトドリンク・ビール・赤白ワイン・スパークリングワインの2時間フリーフロー付き¥6,800、お花見アフタヌーンティー/グラスシャンパン(ペリエ ジュエ ブラゾン ロゼ)・ コーヒー・紅茶・ソフトドリンクの2時間フリーフロー付き¥7,800、お花見キッズ アフタヌーンティー(4歳~12歳までの子ども対象)¥2,200
tel:03-6830-7739(受付け時間9:00~21:00)
予約専用メールアドレス:tokyo.restaurant@andaz.com
「夜桜ディナー at さくら ガーデン」

日時:2017年3月25日(土)~4月9日(日)17:00~20:30(ドリンクL.O. 19:30)
料金:夜桜ディナー/グラスシャンパン付き(ペリエ ジュエ ブラゾン ロゼ)¥12,000、夜桜ディナー/グラスシャンパン(ペリエ ジュエ ブラゾン ロゼ)、シャンパン(ペリエ ジュエ グラン ブリュット)・ビール・赤白ワイン・ソフトドリンクの2時間フリーフロー付き¥16,000
tel:03-6830-7739(受付時間9:00~21:00)
予約専用メールアドレス:tokyo.restaurant@andaz.com
*アフタヌーティー、ディナーとも、税・サービス料別。
*悪天候の場合は、店内エリアへ案内。
*ディナー予約は2名より受付け。

170223a6.jpg

シャンパンといただく春の季節を感じさせる華やかな寿司ガラディナーも開催。増田美里料理長が腕をふるう色とりどりのメニューがいただける。

the SUSHI「スプリング ガラディナー」

日時:2017年3月25日(土)18:00~、20:30~(2部制)
料金:¥30,000
tel:03-6830-7739(受付時間9:00~21:00)
予約専用メールアドレス:tokyo.restaurant@andaz.com
*税・サービス料別。
*当日のキャンセルは100%の料金が発生。

170223a1.jpg

1階の「ペストリー ショップ」では、今年も桜をテーマに、和のアレンジでさまざまなスイーツを展開。桜フレーバーのエクレアは、桜のリキュールの香りとカスタードクリーム、上にのせたホワイトチョコのクランチの食感が楽しめる。さくら エクレア スモール¥200、ラージ¥400

170223a2.jpg

桜餅をイメージした、ひとくちサイズのマカロン。クリームは、ホワイトチョコレートのベースに桜クリーム、桜の塩漬けを使用
。さくら マカロン(3個入り)¥1,200

170223a3.jpg

「ペストリーショップ」で定番人気のギモーブも、春をイメージした桜フレーバーが登場。さくら ギモーブ¥650

ペストリー ショップ「さくら スペシャルスイーツ」

期間:2017年3月20日(月・祝)~4月28日(金)
tel:03-6830-7765
営)8:00~20:00(月~金) 10:00~20:00(土、日、祝)
*価格は税別。
●問い合わせ先:
アンダーズ 東京レストラン予約
tel:03-6830-7739 (受付時間 9:00~21:00)
andaztokyodining.com

シャングリ・ラ ホテル 東京

皇居周辺のお花見と一緒に楽しみたいのが、東京駅隣にあるシャングリ・ラ ホテル 東京の「桜プロモーション」。館内の各レストラン&バーで、春爛漫のメニューがいただける。イチオシは、「桜アフタヌーンティー」。東京の上空からの景色を望める、エレガントで落ち着いた空間のラウンジ&バーで、岡村直也エグゼクティブ ペストリーシェフによる桜のエッセンスをちりばめた、美しいアフタヌーンティーは、目の前に置かれた瞬間に気分が上がるはず。また、格式高い日本料理「なだ万」では、吉田武彦調理長が手がけ、毎年人気の「桜・懐石ディナー」を今年も用意。春野菜や桜鯛、香ばしい桜海老を混ぜ込んだご飯など、桜をテーマにした7品が振舞われる。そしてお花見パーティの手土産にもぴったりなのが、2種類の「桜スイーツ」。さらに、30個限定、テイクアウト専用で、「桜ピクニックボックス」も販売する。クアラルンプール出身のチー・コック・ファイシェフが作る、シャングリ・ラならではのアジアンスタイルのピクニックボックスは、ひと味違ったお花見を楽しみたいひとにぴったり。

170223b1.jpg

伝統的なスタイルで提供しつつ、内容は桜にちなみ、和の趣にあふれた「桜アフタヌーンティー」。「桜と北海道産フロマージュブランムース」「桜カップケーキ」など5種類のスイーツに、「桜スコーン」など3種類のスコーン、セイボリーは桜の葉で包み、蒸し焼きにした鶏胸肉を赤パプリカ風味のパンで挟んだサンドウィッチに「ソラマメと桜海老の茶碗蒸し」といった内容で、盛り付けも華やか。

桜アフタヌーンティー

期間:2017年3月15日(水)~4月30日(日)
会場:シャングリ・ラ ホテル 東京「ザ・ロビーラウンジ」
料金:1名¥4,500
tel:03-6739-7877(予約)
*料金は、税・サービス料別。

170223b2.jpg

桜のリキュールとシャンパーニュをブレンドした桜のカクテルから始まる、特別なディナーコースでは、桜をテーマに、厳選された春の食材を使用した懐石料理をいただける。

桜・懐石ディナー

期間:2017年3月1日(水)~4月30日(日)
会場:シャングリ・ラ ホテル 東京「なだ万」
料金:1名¥22,000
tel:03-6739-7899(予約)
*料金は、税・サービス料別。

170223b3.jpg

フランスのフレッシュチーズを北海道の新鮮な生乳で再現した、ヨーグルトのような食感でなめらかな味わいのフロマージュブランに、桜のエッセンスを加えたムースで、ピスタチオのムース、野いちごのゼリー、さらに野いちごの実からなる3層を包み込んだ。桜と北海道産フロマージュブランムース(H12×W8cm)¥4,500

170223b4.jpg

アメリカ産のダークチェリーをバニラとともにじっくりとコンポートし、バターの風味豊かなパイ生地で包み、丁寧に焼き上げた、永遠の定番とも言える味わい。チェリーパイ(直径15cm)¥4,500

桜スイーツ

期間:2017年3月1日(水)~4月15日(土)
場所:シャングリ・ラ ホテル 東京 28Fロビー
tel:03-6739-7888(予約)
*料金は税込。

170223b5.jpg

「ビーフサラダ」「生春巻き」「海老とビーフンのサラダ」「鶏肉のマリネ」「グリーンパパイヤサラダと蟹フレーク」「もやしとローストピーナッツ」の6種類に加え、デザートに「桜カップケーキ」も付いてくる。香味野菜やライム果汁、スパイスが効いた本格派アジアンテイストのピクニックボックスは、シャングリ・ラ ホテルならでは。桜ピクニックボックス¥10,000(30個限定)

桜ピクニックボックス

期間:2017年3月15日(水)~4月15日(土)
引き渡し場所:シャングリ・ラ ホテル 東京 28Fロビー
tel:03-6739-7888
*2日前までに要予約。
*料金は税込。
●問い合わせ先:
シャングリ・ラ ホテル 東京
tel:03-6739-7888
www.shangri-la.com/jp/tokyo/shangrila/

---page---

ホテル椿山荘東京

ちょっと早めの時期からお花見を楽しみたいのなら、広大な庭園の美しさでも名高い、ホテル椿山荘東京がおすすめ! 約20種類120本もの桜が花を開く、その様子は一見の価値あり。2月上旬から咲き始める、早咲きの河津桜を皮切りに、3月に入ると陽光桜、阿亀桜、ソメイヨシノ、そして4月には、遅咲きの八重桜など、途切れることなく咲き誇る様子は 圧巻。 この美しい桜の季節を「Sakura Sensation」と題して、旬を彩る和洋の美味しい食事をはじめ、豊富なプランでこの時季だけのおもてなしを提供してくれる。毎年好評の「桜ブッフェ」のほか、イタリア料理の「イル・テアトロ」では、桜色のイタリア料理を展開し、ロビーラウンジ「ル・ジャルダン」では春を表現した「桜アフタヌーンティー」も! 予約できる日時なら、ぜひ早めに席を取って、お花見と美食を楽しむ1日を堪能したい。

170223c1.jpg

三重塔と3月に見頃を迎えるソメイヨシノ。

170223c2.jpg

桜とイチゴのゼリー、菜の花と梅のサンドイッチ、よもぎのスコーンなど、春を繊細な色合いで表現したアフタヌーンティー。

桜アフタヌーンティー

期間:~2017年4月9日(木)12:00~18:00
場所:ホテル椿山荘東京「ル・ジャルダン」
料金:¥3,800 *税込・サービス料別。
tel:03-3943-0920(ジャルダン直通・受付時間9:30~20:00)
Web予約:https://www1.fujita-kanko.co.jp/fujita-kanko/restaurant_pc/rsv/calendar.aspx?rmpa=&sd=2017/03/01&ss=1&lang=ja-JP&ri_id=38&rmsta=&mc=2
*土・日・祝は予約不可。
*2017年3月21日(火)~3月24日(金)は、12:00~14:00をTel予約とWeb予約で受付け。
*2017年3月27日(月)~4月7日(金)は、Web予約のみ。

170223c3.jpg

毎年人気の「桜ブッフェ」に、今年初めて、ラクレットチーズを使った料理が登場。ディナーでは、北海道十勝産ラクレットチーズとサーロインステーキのステーションも。食事の前後には、ぜひお花見がてら庭園を散策して。

桜ブッフェ

期間:ランチ2017年3月1日(水)~4月9日(日)
   ディナー2017年3月10日(金)~3月31日(金)*開催は金~日のみ。
       2017年4月1日(土)~4月9日(日)
営)ランチ12:00~13:30  ディナー19:00~21:00
会場:宴会場
料金:ランチ大人¥4,500、小学生¥2,600、幼児(3歳~)¥1,600 *大人のみ、3月10日(金)~4月9日(日)は¥300増し。 ディナー大人¥8,500、小学生¥3,500、幼児(3歳~)¥2,500 *税・サービス料込み。
予約tel:03-3943-1140(受付時間9:00~20:00)

170223c4.jpg

『チリエージョ ~桜舞う~』と題したイタリア料理「イル・テアトロ」の特別メニュー。春野菜とフレッシュトリュフ香るフェットゥチーネなど、テーブルに咲く桜色のイタリア料理は、目にも楽しい。ランチのメインはホロホロ鶏のロースト。画像のデザートワゴンからは、好きなものを好きなだけいただける。ディナーには、フォアグラとゴルゴンゾーラをのせたパルミジャーノ・レッジャーノの桜色リゾットや仔牛のフィレ肉などがサーブされる。

『チリエージョ ~桜舞う~』

期間:~2017年4月9日(日)
営)ランチ12:00~L.O.14:30  ディナー17:30~L.O.20:30
料金:ランチ¥5,500 ディナー¥16,500 *税込・サービス料別
予約tel:03-3943-5489(受付時間9:00~20:00)
●問い合わせ先:
ホテル椿山荘東京
https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/

マンダリン オリエンタル 東京

ひと味違った”花見酒”を楽しみたいのなら、マンダリン オリエンタル 東京にて、期間限定でオープンする「ヴェルモット ポップアップバー by マンダリン オリエンタル 東京」へ! ここでは、世界的バーテンダーとして名高いジャンカルロ・マンチーニ氏によって厳選されたボタニカルと、彼の芸術的なブレンド技術によって生み出された”究極のクラフト・ヴェルモット”と称される3種類のヴェルモットのほか、日本未発売の2種、さらにマンチーノ氏が、マンダリン オリエンタル 東京のために特別に手がけた、ここでしか味わえない桜フレーバー1種の合計6種類のヴェルモットを用意。会場となるセンス ティー コーナーには、桜の木も設置されるので、37Fにいながら、優雅なお花見気分が味わえそう。また、このポップアップバー開催とほぼ同時期に、マンダリン オリエンタル 東京では、「桜プロモーション」を実施。37F「マンダリン バー」では、マネージャー オブ バーの栗原幸代氏による、日本各地の名高い桜をイメージした3種類のカクテルを、桜前線の北上に合わせて展開。38F「オリエンタルラウンジ」では、和のエッセンスを伝統的なアフタヌーンティーに融合させた「レジェンダリーアフタヌーンティー”桜”」を開催。このラウンジで提供させる象徴的な桜スイーツは、1階「グルメショップ by マンダリン オリエンタル 東京」でテイクアウトもできるので、こちらも要チェックだ。

170223d1.jpg

ジャンカルロ・マンチーニ氏によるオリジナルカクテルの「ザ・クレイ・ポット・ネグローニ」。マンチーノ・ヴェルモットをベースに、壺の中で作られる、特別なネグローニは、この機会にぜひお試しを。¥2,500(税・サービス料別)

170223d2.jpg

こちらもマンチーノ氏によるオリジナルカクテルのひとつ。本来はライウイスキーをベースとして作られるカクテルだが、このポップアップバー開催を記念して、日本のウイスキーを使用し、そこにマンチーノ・セコなどを加えた、まさにイタリアと日本のコラボレーションカクテル。「ア・ベリー・ブルックリン・マンチーノカクテル」¥2,600(税・サービス料別)

期間限定「ヴェルモット ポップアップバー by マンダリン オリエンタル 東京」

期間:2017年3月16日(木)~4月16日(日)
会場:37F「センス ティー コーナー」
営)18:00~L.O.25:00
メニュー:ヴェルモット「マンチーノ サクラオリジナル」¥2,500、そのほか、テイスティングセット、スナックなどもあり。*税・サービス料別。
tel:0120-806-823(レストラン総合予約)
予約e-mail : motyo-fbres@mohg.com

170223d3.jpg

マネージャー オブ バーの栗原幸代氏によるオリジナルカクテル「千本桜」(4月6日より提供開始)。宮城県にある白石川と残雪の蔵王連峰を背景に咲き誇る「一目千本桜」。その圧巻な桜並木をイメージしたカクテル。マンチーノ・ヴェルモット・ロッソをベースに、ミルクとゆずジュースなどをブレンド。ガーニッシュには、おつまみとしても楽しめるよう梅のペーストで味付けした大葉ときゅうりをグラスに添えて。¥2,300(税・サービス料別)

桜 プロモーション

期間:2017年3月16日(木)~4月30日(日)
会場:37F「マンダリンバー」
営)11:30~L.O.25:30
メニュー:オリジナルカクテル「大桜」(3月16日より提供開始)¥2,300、「彦根桜」(3月26日より提供開始)¥2,600、桜前線スナックプレート¥2,000 *税・サービス料別。
tel:0120-806-823(レストラン総合予約)
予約e-mail : motyo-fbres@mohg.com

170223d4.jpg

和のエッセンスを効かせた「レジェンダリー アフタヌーンティー”桜”」。桜もちや抹茶と桜のペーストを使用したマカロン、ずわい蟹と桜風味のクスクスなど、彩りも味も今までにない桜のアフタヌーンティー。

桜プロモーション

期間:2017年3月16日(木)~4月30日(日)
会場:38F「オリエンタルラウンジ」
営)アフタヌーンティー 12:00~17:30
メニュー:「レジェンダリー アフタヌーンティー”桜”」¥4,200(平日)、「ゴールデンファン アフタヌーンティー”桜”」¥4,800(土、日、祝)*税・サービス料別。
tel:0120-806-823(レストラン総合予約)
予約e-mail : motyo-fbres@mohg.com

170223d5.jpg

桜の花の塩漬けと桜のリキュールで香りをつけたパウンドケーキは、手土産にも喜ばれること間違いなし。¥2,700

桜プロモーション

期間:2017年3月16日(木)~4月30日(日)
会場:1F「グルメショップ by マンダリン オリエンタル 東京」
営)7:30~20:00(月~金) 9:00~19:00(土、日、祝)
メニュー:最高級抹茶と桜のペーストのマカロン¥540、ロゼシャンパンのジュレと桜のムースのヴェリーヌ¥950など
tel:0120-806-823(レストラン総合予約)
予約e-mail : motyo-fbres@mohg.com

ANAインターコンチネンタルホテル東京

ホテル外周、約1kmの通りに200本以上のソメイヨシノが咲き誇る、アークヒルズ桜並木は、絶好のお花見スポットとしても知られているANAインターコンチネンタルホテル。このお花見シーズンに合わせて、「さくらフェア 2017」を開催。ホテル内4ヶ所のレストラン&バー、ペストリーショップにて、”桜”をテーマに春らしい食材にこだわった期間限定メニューが登場する。広い池を擁した、情緒あふれる庭園を眺められる日本料理「雲海」では、お花見弁当をイメージした昼膳「花衣(はなごろも)」や会席料理「花あかり」を、ロビーの中央に位置する寛ぎの空間「アトリウムラウンジ」では、桜色に彩られた「桜ハイティーセット」などを用意。そして、フレンチテイストのスイーツやパン好きにはたまらない、「ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー」では、毎年人気の「桜あんぱん」や「桜フィナンシェ」をはじめ、3ツ星シェフのピエール・ガニェールらしい独創性にあふれたケーキ、エクレアやマカロンなど、お花見のおともにもぴったりな桜風味の限定アイテムを販売するので、こちらも見逃せない。大人のお花見にふさわしいロケーションとお料理で、ぜひ優雅なひとときを過ごしてみては?

170223e1.jpg

都心に位置するのに、街の喧騒から隔絶されたような、アークヒルズ桜並木。ライトアップされた夜景も美しいので、ぜひホテルでのハイティー後やディナー前後は、夜桜見物を。

170223e4.jpg

お花見弁当をイメージした、日本料理「雲海」の昼膳「花衣」昼膳。

さくらフェア 2017 花衣(昼膳)、「花あかり」(会席料理)

期間:2017年3月15日(水)~4月16日(日)
会場:3F 日本料理「雲海」
営)「花衣」(昼膳) 11:30~14:30L.O. (月~土)11:30~15:30L.O.(日) 「花あかり」(会席料理)17:00~21:30L.O.(月~土) 17:00~20:30(日)
料金:「花衣」(昼膳)¥5,200 「花あかり」(会席料理)¥16,700 *税・サービス料別。

170223e2.jpg

「桜ハイティーセット」では、2種類のサンドイッチとスコーン、マカロン、エクレア、ロールケーキ、桜あんぱんなど、10種類の桜色のプチガトーを提供。22種類から選べる、紅茶、コーヒー、ハーブティー、フレーバーティーとともにいただいて。

さくらフェア 2017 「桜ハイティーセット」

期間:2017年3月15日(水)~4月16日(日)
会場:2F アトリウムラウンジ
営)12:00~18:00
料金:1名¥3,800 *税・サービス料別。

170223e3.jpg

「ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー」でテイクアウトできる「桜エクレール」(左・¥600)と「ホワイトチョコレートと桜のムース」(右・¥600)。エクレールには、桜風味のカスタードクリーム入り。ムースは、桜風味のホワイトチョコレートのムースの中に、ほろ苦い抹茶クリームをしのばせた大人の味。

さくらフェア 2017

期間:2017年3月15日(水)~4月16日(日)
会場:2F 「ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー」
営)10:00~20:30
販売商品:桜あんぱん(4個入り)¥450、桜フィナンシェ¥300、桜マカロン¥280など。
●問い合わせ先:
ANA インターコンチネンタルホテル東京
tel:03-3505-1111(代表)
http://anaintercontinental-tokyo.jp

---page---

東京マリオットホテル

江戸時代から桜の名所として親しまれてきた、品川区の御殿山に立地する、東京マリオットホテル。春になるとホテルに隣接する庭園が桜色に染まり、美しい景色が楽しめる。今年の桜の季節は、「Gotenyama Sakura Gatherings(ゴテンヤマ・サクラ・ギャザリング)」と題して、このイベントに合わせてオープンする、庭園を望むSAKURA テラスでいただく「テラスボックス」や、ラウンジ&ダイニング Gで提供される「サクラ グリル コンボディナー」など、魅惑的なメニューを展開。品川駅そばとアクセスも抜群なので、親しい友人や家族とのお花見会(ギャザリング)に、まさにぴったり!

170223f1.jpg

御殿山庭園に隣接するSAKURA テラス。

170223f2.jpg

この時季ならではの「SAKURA テラスボックス」は、風呂敷包みにされた3段のお重で、お花見弁当の気分満点! シェフ特製の桜鯛の手毬寿司や桜肉のスモークなど、心華やぐ16種類の料理が詰まっている。

SAKURA テラスボックス

期間:2017年3月1日(水)~4月中旬
会場:1F 「SAKURA テラス」
営)12:00~L.O.16:00
料金:1名¥4,000(2名より)*税・サービス料別。

170223f3.jpg

シェフ厳選の旬の食材とグリル料理を盛り合わせた、ラウンジ&ダイニング Gのシグネチャーディナー。メインは、色鮮やかな春野菜に、骨つき仔牛、骨つきソーセージを盛り合わせ、食欲を大いにそそる。コンボディナーのコースは、前菜、スープ、画像のコンボ、デザートで構成。

サクラ グリル コンボディナー

期間:2017年3月1日(水)~6月30日(金)
会場:ラウンジ&ダイニング G ダイニングエリア
営)17:00~L.O.22:00
料金:ディナーコース1名¥7,500*税・サービス料別。
tel:03-5488-3929
予約e-mail: info@tokyo-marriott.com
www.tokyo-marriott.com/restaurants/g/
●問い合わせ先:
東京マリオットホテル
ラウンジ&ダイニングG
営) 6:30~24:00
tel:03-5488-3929
www.tokyo-marriott.com/restaurants

小田急ホテルセンチュリーサザンタワー

JR新宿駅南口から徒歩3分の好立地にある小田急ホテルセンチュリーサザンタワーでは、桜や春をテーマにした、この季節恒例のイベント、”サザンタワーの桜模様 ~春爛漫~”を、3月1日(水)から開催! 20階のレストラン「トライベックス」では、春の食材をたっぷり盛り込んだランチとディナー『Le Printemps ~ル・プランタン~』を提供する。ランチは、メインを選べる「シェフランチ」と魚料理と肉料理の両方をいただける「トライベックスランチ」などを、新鮮なサラダバーとともに用意。ディナーは、フルコーススタイルの「シェフディナー」、前菜・メインディッシュ・デザートを数種類より選べる「プリフィックスディナー」のふたつ。「シェフディナー」は、キャビアをトッピングした帆立貝や、桜の花を混ぜたリゾットを添えた真鯛のヴァプールに加え、メインディッシュでは国産鶏肉桜姫®︎をカリッと揚げたチーズロールや、熊本産あか牛など3種類よりチョイスできる。新宿御苑などでのお花見と合わせて、ここで家族や友人と美味しい食事をいただけば、お花見もいっそう想い出深いものになるに違いない。

170223g1.jpg

コース料理の「シェフディナー」より、メインディッシュの中から選べるひと皿「国産鶏桜姫®︎胸肉のチーズロール ブドウの香り マスタードソース」。サクッとした衣の下にしっとりとジューシーな胸肉、そこからとろけ出すチーズの織りなすハーモニーがたまらない。

170223g2.jpg

盛り付けも上品で華やかな「シェフディナー」。左上より時計回りに:温前菜「宮城県女川産帆立貝のポワレと春キャベツのシフォナード キャビアを添えて」、デザート「桜のブランマンジェと桜のアイスクリーム フルーツのゼリーとともに」、メインディッシュ「熊本県産あか牛ロース肉のグリル 木の芽と山椒の香りを添えて」、魚料理「真鯛のヴァプールとオマール海老のパンス 桜の香り漂うイタリア米リゾットとともに」、冷前菜「宮城県女川産ムール貝のサラダ仕立て」

”サザンタワーの桜模様 ~春爛漫~” レストラン「トライベックス」

『Le Printemps ~ル・プランタン~』
期間:2017年3月1日(水)~4月16日(日)
会場:20F レストラン「トライベックス」
営)ランチ11:30~15:00、ディナー17:30~21:00
料金:トライベックスランチ¥4,000、シェフランチ¥3,000、シェフディナー¥8,910~、プリフィックスディナー¥5,980~ 
*ランチは、ほかに本日のランチ¥2,200も用意。
*ディナーは、メニューの選び方により料金が変動。
*料金は、税・サービス料込み。ランチタイムはサービス料なし。
*食材の仕入れ状況により、メニュー内容は変更する場合あり。
tel:03-5354-2177(レストラン直通)

東京ミッドタウン

今春開業10周年を迎える東京ミッドタウン。すっかり都心のオアシス的な空間として、お花見スポットとしても定着した。春の到来を楽しむ「MIDTOWN BLOSSOM(ミッドタウン・ブロッサム) 2017」は、「おもてなしの春」をテーマに、さまざまなイベントを開催。なかでも、約200mの桜並木をのぞむミッドタウン・ガーデンに今年もオープンする屋外ラウンジ「MARTINI Blossom Lounge(マルティーニ・ブロッサム・ラウンジ)」は特におすすめ。ザ・リッツ・カールトン東京のシェフによる、こだわりの料理と世界No.1(*注)のイタリアンスパークリングワイン「MARTINI」がいただける、期間限定のこのラウンジ、今年は新たに全12品から好きなフードを組み合わせて楽しめる「選べるアペリティーボ」や友人たちとのパーティスタイルが楽しめる「ブロッサム バスケット」が登場し、ますます充実。大人のおしゃれなピクニック気分で、ぜひ足を運んでみて。
*注:2015年 IWSR調べ。

170223h1.jpg

東京ミッドタウンの桜並木には、全8種類、約150本の桜が咲き誇る。

170223h2.jpg

昨年も大好評だった屋外ラウンジ。暖かい日を狙って、ゆったりとお花見を楽しみたい。

170223h3.jpg

バスケットに入ったフード8品とお好みのボトルがセットになったバスケットは、4~5名でシェアして楽しめる限定のセットメニュー。「ブロッサム バスケット」(全8品、ボトル付き)¥6,800~ *ボトルの種類により、価格は異なる。

170223h4.jpg

スモークした鴨胸肉のサラダやグリーンピースとミントの冷製スープなどのコールドメニューと、クリスピーチキンなどのホットメニューの全12品から、好きな組み合わせを選べるのが魅力。「選べる3品アペリティーボ」¥1,600、「選べる5品アペリティーボ」¥2,400

170223h5.jpg

甘酸っぱい桜色のムースで彩られたオリジナルスイーツ「桜と苺のムース・あずきクリーム」¥680

MARTINI Blossom Lounge

期間:2017年3月17日(金)~4月16日(日)*雨天・荒天中止。
会場:ミッドタウン・ガーデン さくら通り沿いエリア
営)12:00~20:00(月~木) 12:00~21:00(金、土、桜満開時)
メニュー:マルティーニ ロゼ スパークリング ボトル¥3,500、グラス¥600、ホット さくら マルティーニ¥600など。
*予約不可。
●問い合わせ先:
東京ミッドタウン・コールセンター
tel:03-3475-3100
www.tokyo-midtown.com

NATSUKO KADOKURA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年7月号 No.493

      人生って......旅のようなもの。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。