中田英寿プロデュース、100蔵の日本酒を楽しめるCRAFT SAKE WEEKが今年も!

ニュース

昨年、述べ76,000人が来場し、大いに盛り上がった「CRAFT SAKE WEEK(クラフト・サケ・ウィーク)」が、今年はさらに進化! 3月には、すでに博多で開催されたが、いよいよ4月7日(金)より、六本木ヒルズアリーナにて、大人のためのこの楽しみなイベントが始まる。

170404_2016CRAFT SAKE WEEK_1.jpg

このイベントを全面プロデュースする中田英寿氏。自ら全国の酒蔵に足を運び、100蔵を厳選。数々の一流レストランからの協力を得られたのも、氏の人脈と信頼の成せる技だ。(画像は昨年のイベント開催時)

「CRAFT SAKE WEEK」は、中田英寿氏が代表を務める、JAPAN CRAFT SAKE CAMPANYによる、日本酒の魅力を味わいつくせる”SAKE”イベント。中田氏自らが、300以上の酒蔵へ足を運び、全面プロデュース。全国から選りすぐった100蔵の中から、期間中毎日、その日のテーマに沿って10蔵ずつ出店。あえて1日10蔵に出店を絞っているのは、訪れた人が、それぞれの日本酒や酒蔵がもつストーリーにじっくりと触れ、利酒師とのコミュニケーションを通じて、日本酒の奥深さを知り、またとない出合いとなるように意図されているから。各蔵がそれぞれ3種の日本酒を提供する予定なので、期間中、なんと300種類もの日本酒がこのイベントで提供されるという、日本酒ファンにはたまらない内容となっている。また、お酒と一緒に楽しめる食事を提供するレストランも、ミシュラン2つ星の「レフェルヴェソンス」や、青山の人気店「トラットリア シチリアーナ・ドンチッチョ」、都内最高のパティスリーのひとつ「アテスウェイ」、パリで活躍する日本人シェフ、吉武広樹氏の本格フレンチレストラン「Restaurant Sola」など一流揃い。そして、昨年よりさらに進化を遂げた今年は、開催テーマを「桜」とし、六本木会場のメイン インスタレーションとして、建築家の藤本壮介氏、プラントハンターの西畠清順氏による、1,000本の桜を使った、会場一面に広がる”桜の花畑”を造り、壮大なアート空間を演出。また、14日(金)からは、中田英寿氏と日研トータルソーシングが立ち上げた「モノづくりニッポン e 仕事×ReVALUE NIPPON」プロジェクトで開発した世界初の日本酒セラー「The Cellar "Sake Master"」が国内初お披露目されるのも楽しみ。
お花見も兼ねて、期間中何度も訪れて、魅力溢れる日本酒の世界を堪能したい。

170404_sakura.jpg

ソメイヨシノの満開が過ぎたこの時期に、ちょっと遅れたお花見気分も味わえる会場のインスタレーション”桜の花畑”。

170404_shuki.jpg

入場料を支払うと、スターターセットとして会場で配布される、大正11年創業の松徳硝子による、SHUKIシリーズのグラス。また、平日12時~16時まではハッピーアワーとなり、受付にてスターターセットを購入した人を対象に、日本酒と甘酒のみに使用できる赤色コインを1枚プレゼント。

170404_WASARA.jpg

会場で使用される食器類は、使い捨てでありながらも、竹とバカス(サトウキビの絞りかす)のパルプを使用し、環境にも配慮されたWASARAのもの。

170404_crape.jpg

会場でいただける「アテスウェイ」の「マロンのクレープと無農薬の日本酒アイス」

170404_pork.jpg

日本酒とシチリア料理のマリアージュも楽しんで。「トラットリア シチリアーナ・ドンチッチョ」の「プラチナポークのポルペッティネ シチリア風」

170407_CSWhakata (4).jpg

中田氏自らが足を運び、選んだ100の蔵元が出店。イベント期間中、毎日10の蔵元が登場する。(画像は3月に博多で開催されたCRAFT SAKE WEEKのもの)

CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS
期間:2017年4月7日(金)~4月16日(日)
会場:六本木ヒルズアリーナ(東京都港区六本木6-11-1)
時間:12:00~21:00(L.O. 20:30)
入場料:CRAFT SAKE スターターセット¥3,500(グラス+お酒・食事用¥250コイン6枚分)
*2回目以降の入場料は、イベントで配布したグラス持参で無料。
●問い合わせ先:
CRAFT SAKE WEEK 公式サイト
http://craftsakeweek.com/
JAPAN CRAFT SAKE CAMPANY tel: 03-5575-3950

texte:NATSUKO KADOKURA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年7月号 No.493

      人生って......旅のようなもの。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。