大分県の日田でみつけたちょっと新しい気になる食材。

ココロとカラダがきもちいい料理

福岡から車や電車をつかっての日帰り旅や
1泊2日での小旅行ができる場所はたくさんあります。

大分、佐賀、長崎、熊本とひょいっと足を伸ばせば
新たな刺激がいっぱい。

文化の違いや食べ物の違いなんかも
こんなに近い場所でもはっきりあるところも九州の面白い所。

今回ご紹介するのは福岡と隣接していて行きやすい、大分県の日田。

天領であったこの地は特にいろんな文化が発達した場所。
日田の天領水って聞いた事があるかもしれないが、
美味しいお水があるのでお酒、醤油、味噌などの蔵も多い。
又、梅の産地でもあって広大な梅園なんかもあったり、梨の産地でもある。

hirosawa110113_a.jpg

ここ日田の山あいには国の重要無形文化財に指定されている小鹿焼の里がある。

hirosawa110113_b.jpg

土を練る水車の音を聞きながら窯元を散策するのも楽しい。

hirosawa110113_c.jpg

帰りにはいろんなおいしそうな食材をいろいろお土産に。
帰ってからもしばらくその土地を楽しみ続けれるのが嬉しい。

日田でみつけたちょっと新しい気になる食材。

hirosawa110113_e.jpg

梨園(梨のリキュール)/<老松酒造>とても香りがよくお菓子作りにつかったり、氷とソーダーで割ったり、白ワインと合わせてもおいしい。

鮎魚醤/<原次郎左衛門>旨味がたっぷりはいった調味料。ナンプラーみたいに臭みがないので、お豆腐にちょっとかけたり、サラダのドレッシング、炊き込みご飯なんかにもおすすめ。

Yuzurich./<川津食品>柚子こしょうをベースに液体状の調味料。炒め物やパスタにもつかえるし、スイートチリソースのような使い方も。味噌との相性がよかったのにもびっくり。万能です。

1/19~1/24まで福岡・大丸にて日田展が開催される。まずはこちらに
足を運んで日田を感じてみては。1/23の16時より講演をします。
梅をつかったお汁粉をふるまう予定です。是非是非おいで下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      LATEST BLOG

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。