ホームパーティレシピ

テーブルが華やぐ、グレープフルーツとカニのサラダ。

ホームパーティレシピ

01-homepatyrecipe-160823.jpg

先日8月のお料理レッスンを開催しました。
素材の甘みを120%引き出した「トウモロコシムース・出汁ゼリー添え」、ルビー色が鮮やかな「グレープフルーツとカニのサラダ・カレー風味」、真鰯を丸ごと使った「オイルサーディン」、パンチがありつつさっぱりいただける「ラムチョップのガーリックビネガーソース」、オリーブオイルと塩で和えた「ブドウとクレソンのシンプルサラダ」などを作りました。

 

02-homepatyrecipe-160823.jpg03-homepatyrecipe-160823.jpg
04-homepatyrecipe-160823.jpg05-homepatyrecipe-160823.jpg

トウモロコシの黄色やキラキラとした出汁ゼリー、瑞々しく紫色がセクシーなブドウのサラダ、真鰯の形をそのまま活かしたオイルサーディン、存在感のある骨付きラムチョップなど、素材そのもののの色や形がテーブルを華やかにしていきます。
今回は、レッスンメニューの中でもひときわ目立つ「グレープフルーツとカニのサラダ」をご紹介します。

06-homepatyrecipe-160823.jpg

★グレープフルーツとカニのサラダ・カレー風味★

グレープフルーツを器にするとテーブルがぐっと華やぎます。グレープフルーツを軽く茹で、果肉を取り出し易くしてみました。

【材料】2人分 
カニの身 50g
刻んだ紫キャベツ 大さじ3
刻んだ紫タマネギ 大さじ1
グレーフルーツ(ルビー) 1個(果肉を取り出し、一口大にカットしておく)
プチトマト 2個(1/4にカットしておく)
スプラウト 1パック分(1/3にカットしておく)
松の実 大さじ1

・ドレッシング
EXVオリーブオイル 大さじ1
すし酢 小さじ2
カレー粉 小さじ1

【手順】
・グレープフルーツの器を作る:たっぷりの熱湯にグレープフルーツを入れて3分茹で、氷水に浸す。全体がしっかり冷めるまで放置する。水気を取り、グレープフルーツの底と上部を薄くカットする(器として底を安定させるため)。横半分に切り、果肉と皮の間にナイフを入れて一周させ、果肉を取り出す(果肉が残ってしまった場合、スプーンで果肉を取り、コップに入れてジュースとしていただく)。
・ドレッシングを作る。
・全ての材料をボウルに入れて混ぜ合わせる。
・器に盛る。食べる直前にドレッシングをかけて完成。

【ポイント】
・茹でたキヌアや押し麦などを入れてもおいしい。
・紫色が入るとグレープフルーツのルビー色に映えて綺麗。紫キャベツのスプラウトを入れてもよい。
・最初からドレッシングとサラダを合わせてしまうと、カレー色になってしまうので、ドレッシングは食べる直前にかけるとよい。

青海七生 Nao Aoumi
パーティ料理研究家

フランス独立記念日と同じ7月14日生まれ。「きっとフランスに縁があるのよ」と両親に言われ続け、大学では仏語を専攻し留学も経験。仏系証券会社勤務、南仏でのレストラン研修……とフランスと関わる人生を歩む。現在は「ワクワクしてる?」をコンセプトに、ビジュアルも含めて食の楽しさを伝える料理教室を主宰。各メディアにレシピを提供する傍ら、メドックマラソンやボルドーでのワイン研修に参加するなど、渡仏&食の探求を欠かさない。ワインエキスパート、チーズプロフェッショナル資格取得。
BRUNCH : https://brunch-nao.amebaownd.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年10月号 No.496

      I am a WOMAN

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。