Home Horoscope 石井ゆかりの星占い

石井ゆかりの星占い

情緒ある文体でつづられる12星座占いが大人気の石井ゆかりさんによる星占い。
「フィガロジャポン」本誌で好評を博した今年1年の運勢と毎月の占いのバックナンバーを掲載。
今月分は発売中の「フィガロジャポン」をチェック!
12星座別の占いはこちら

2016年のメッセージ

「メタモルフォーゼ」する世界を生きること。
世の中の仕組みの変化、社会のあり方の変化、
人と人との関わりの変化、私たち自身の「変身」。

2016年は「柔軟宮」にスポットライトが当たる年です。
「柔軟宮」とは、双子座・乙女座・射手座・魚座の4 つの星座です。
これらの星座はすべて「季節の変わり目」を担います。
ある季節から次の季節へと、「メタモルフォーゼ」する時期を担当しているのです。
春夏秋冬の移り変わりは、命の再生のサイクルに重なります。
春に生まれ、夏に育ち、秋に衰え、冬に死を迎え、そして、また春に新しく甦るのです。
このような「甦り・再生」 の秘密を担っているのが
柔軟宮である、と言えるかもしれません。

多くの生き物は「変身」しながら成長します。卵が孵かえったり、蛹さなぎが羽化したりします。
ヤゴがトンボになり、オタマジャクシがカエルになるように、生き物の変身は普通のことですが、
人間もまた、幼いころには男女ともに似たような姿をしていたのが
第二次性徴を遂げ、大人になるに従って「変身」します。
この「変身」は、直線的な「成長」のイメージとは違います。
そこには、内なる秘密が外界に顕現するような、問答無用の驚きがいつも伴うのです。

2016 年9月まで、木星は乙女座を運行します。土星は射手座に位置し、これも柔軟宮です。
日食・月食の起こるドラゴンヘッド―テイルも、乙女座―魚座に位置しています。
火星は約2年に1度ほど地球に接近して、その期間、ひとつの場所に長期滞在しますが、
今回、1~2月、6~7月は蠍座に、3~4月、8~9月は射手座にそれぞれ、位置することになります。
(蠍座は「再生」の星座で、火星に支配されているため、こちらの配置もかなり強力です)
すでに魚座には海王星が位置しており、前述の「命の変容」のような世界に星が集まって、
世の中や社会の仕組みが「変容」の時期に来ていることを、示唆しているように思われます。
季節の変化が不安定に行きつ戻りつしながら、決して後戻りしないように、
この時期の「変容」は、混乱しているようで、決定的に不可逆なものとなるでしょう。

2016 年9月、木星は活動宮の天秤座に移動します。
天秤座は「定める」「定義する」「約束する」星座です。
年の前半に始まった「変容」に、秋以降、人々は意味を与えてゆくのかもしれません。
天秤座は「結婚」の星座でもあります。多くの人が、自分と誰かの間に
聖なる絆を結ぼうと、新しい試みを始めることになるのかもしれません。

Horoscope : Yukari Ishii / Illustlation : Lullroom
Profile
石井ゆかり Yukari Ishii
独学で星占いを習得し、2000年よりWEBサイト「筋トレ」をスタート。毎週の12星座占いなど、幅広い層から共感を得ている。そして2010年は各星座を1冊ずつにまとめた『12星座シリーズ』(各¥1,000 WAVE出版刊)が話題に。そのほか『愛する人に。』(¥1,260 幻冬舎コミックス刊)では普遍的な恋愛Q&A集として、恋のハウツーに疲れた女子に強く支持されている。