わざわざ行く理由がある、東京シークレットストア4軒。

空間をスタイリングする、早稲田の「オン・ザ・ショア」。

特集

日々の欲しいものや必要なものは、家にいながらインターネット経由で簡単に手に入る。だからこそ、モノとの出合い、ヒトとの出会いの価値を見直したい。都内に点在する厳選4軒の、わざわざ行きたくなる理由とは? まずは早稲田にあるインテリアショップ「オン・ザ・ショア」を訪れた。

昨年、引越しの機会にラグを新調しようと、ベニワレンのラグをがむしゃらにネットで探していて行き着いたのがここ、早稲田にある「オン・ザ・ショア」だった。

161221-tokyosecretstore1-1.jpg

上海アールデコ家具を主役にした、
挑戦し続ける"部屋"。

「オン・ザ・ショア」は2014年3月にオープン。近くには早稲田大学があり、印刷所や製本所などの小さな町工場が多いエリアの一角に佇むこの店。

大小さまざまなサイズの照明や鳥かごなどが吊るされた小さな部屋には、中国・上海のアール・デコ家具を中心に、モロッコのベニワレンのラグやモダンなデザインのひとり掛けソファなど、東から西、日本製のものまで、新旧のファニチャーが渾然一体となって並ぶ。

161221-tokyosecretstore1-2.jpg
アジアの経済の中心になりつつあり、さまざまな外資銀行が進出した1900年代の上海。当時、銀行家たちが実際に使用していた貴重な照明。バンカーズランプ¥216,000

印象的なブルーの壁には、1932年当時の上海の地図が額装されて飾られ、その隣にはローゼンダール社製のアルネ・ヤコブセンの時計が。この店の一番の特徴である、上海アールデコのヴィンテージ家具とヨーロッパのデザイン家具を見事に融合させた空間の提案は店内の随所に見られ、インテリアの奥深さを知ることができる。

161221-tokyosecretstore1-3.jpg
ユニークな上海のアールデコ家具に、ヨーロッパやアジア各国で買い付けたオブジェや食器が並ぶ。

上海特有のアールデコ家具は、オーナーの谷俊介さんが買い付けた一点ものばかり。どれもデザインにクセがあって、ヴィンテージならではの風合いもたまらない。そこかしこに置かれた置物や食器類にもひとつひとつストーリーがあり、オーナーに尋ねるとモノに対するこだわりやセレクトの背景、買い付け時の裏話が聞けることも。

161221-tokyosecretstore1-4.jpg
インテリア業界のメインストリームから距離を置いて独自路線を突き進む店の方向性を言い得ている、店名が意味する「波打ち際」。その姿勢はこんな小さなオブジェからも感じることができる日本人作家の福井 守による木のオブジェ¥24,840

もちろん、日本の作家によるアイテムも多数ある。陶磁器製のランプシェードが印象的な作家の飛松弘隆による照明は、上海のアール・デコ家具に驚くほどマッチする。オーナーによると、上海のギャラリーでも人気だったようで、海外で日本人作家のものづくりのクオリティを再認識することもあるのだという。

161221-tokyosecretstore1-5.jpg
状態の良いモロッコのベニワレンのラグに、竹のシェーズロング(長椅子)。しなやかで丈夫な竹でできた中国製の家具は、オーナーのいちおし。ベニワレンのラグ(2630×1700cm)¥237,600、竹のシェーズロング¥172,800

家具そのものだけでなく、空間作りに興味があるというオーナーの言葉通り、まるで誰かの家にお邪魔しているかのような、ひとつとして違和感のない店内の構成。オリエンタルな雰囲気のアジアの家具とヨーロッパのデザイン家具、新しいものと古いもの、すべてを融合させた絶妙なバランスはレイアウト変更によって日々更新されるので、訪れるたびに新しい発見がある。

161221-tokyosecretstore1-6.jpg
 
引き出し付きの書棚には、古今東西のインテリアにまつわるたくさんのアートブックや写真集が。書棚¥324,000 

中国のさらなる奥地へ買い付けに行きたいと、今後の展望を語ってくれたオーナー。いまの店も徐々に手狭になってきたため、もう少し広さを確保できる場所への移転も考えているのだそう。

161221-tokyosecretstore1-7.jpg
家具に馴染むように自然と並べられた食器にも注目を。中国製のほか、ドイツ、オランダ、マレーシアなど、世界各国の珍しいデザイン食器が手に入る。

全身ワンブランドで統一するよりも、古着やデザイナーズブランドの服をミックスしたコーディネートのほうがおしゃれに見える。そんないまのファッション感覚を反映させたかのようなインテリアの大胆かつ挑戦的なミックス提案は、オーナーの長年の経験則に基づいた確かなもの。意外性を感じた次の瞬間にはすんなりと腑に落ちるリーズナブルな魅力が、インテリア初心者にも優しい。

もちろんファッションと比べるとインテリアの価格はややお高めだが、ひとつずつお迎えして自分の部屋を完成させていきたい。そんな気持ちにさせてくれるこの店は、訪れるたびに新しいインテリアの提案と出合い、オーナーから聞ける貴重なストーリーがある。

161221-tokyosecretstore1-8.jpg

on the shore/オン ザ ショア

東京都新宿区早稲田鶴巻町560-5
tel. 03-6228-0657
営業時間:12時~19時(月、火、土) 12時~18時(日、祝)
定休日:水、木(※祝日は除く。定休日はこちら
http://on-the-shore.com/

>>東京シークレットストア・INDEXへ戻る

photos: YUTO KUDO

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年5月号 No.491

      いつだって、パリは私たちを待っている。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。