リチャード ジノリ×皆川 明のうつわができるまで

特集

ピースフルな時間をもたらす、リチャード ジノリのテーブルウェア。

幸せをもたらしてくれそうな鳩のモチーフやさわやかなオリーブ柄など、ピースフルな絵柄をちりばめたテーブルウェアのコレクションが、この秋、イタリアの老舗磁器ブランド・リチャード ジノリからデビューする。
デザインを手がけたのは、ミナ ペルホネンのデザイナー・皆川 明さんだ。

170807-ginori-01-01.jpg

3つのラインからなる新コレクション「スペランツァ」より鳩をモチーフにした「スペランツァ」。
photo:Norio Kidera styling:Fumiko Sakuhara

170807-ginori-02.jpg

3つのラインからなる新コレクション「スペランツァ」よりオリーブの葉柄の「オリーヴァ」。
photo:Norio Kidera styling:Fumiko Sakuhara

リチャード ジノリは、イタリアで300年近く続いている老舗磁器ブランド。1735年創業という長い歴史と伝統を持っているが、それにしばられることなく、アートディレクターに建築家&デザイナーのパオラ・ナヴォーネを起用するなど、他分野のクリエイターとのものづくりを通して魅力的なコレクションを発表してきた。

皆川 明さんともこれまで何度かコラボレートしていて、「ラブ・コミュニケーション」(2011年)や「ビーホワイト」(2015年)といった伊勢丹新宿店限定のコレクションを展開し多くの人を魅了している。

170807-ginori-03.jpg

2011年当時、アートディレクターを務めていたパオラ・ナヴォーネのコレクションに共感した皆川明さんからの声がけで実現した伊勢丹新宿店限定コレクション「ラブ・コミュニケーション」は、お互いが持ち寄ったデザインをミックスして生まれたそう。
photo:Satoshi Yamaguchi styling:Fumiko Sakuhara

170807-ginori-04.jpg

ジオ・ポンティの原画にインスピレーションを得て生まれた2015年の伊勢丹新宿店限定コレクション「ビーホワイト」。
photo:Norio Kidera styling:Fumiko Sakuhara

>>リチャード ジノリの工房に潜入!

photos : NORIO KIDERA, stylisme : FUMIKO SAKUHARA, realization : SAIKO ENA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年11月号 No.497

      セクシーな私、可愛い私、二面性のある私。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。