maman

クリエイターたちの親子ワークショップ #1

型紙ダウンロードで作れる!端切れ布の親子ゴリラ。

Maman

親子での冬のおうち時間を、より豊かなものにしたいから……。おうちで気軽に作れる、クリエイターたちのワークショップをご紹介。第一回は、残布や端切れ布で精密な動物や昆虫を制作するデザイナー、衣田雅幸さんによる、親子でお揃いの布製チャームのワークショップです。

161110_maman1.jpg

着なくなった洋服の残布や、裁縫で余った端切れを使って、まるで生きているかのような動物や昆虫の作品を作り続けているデザイナーの衣田雅幸さん。すべてハンドステッチで作られる生き物たちの躍動感あふれる世界には、自然界への愛が込められています。

衣田さんも大好きという動物のシリーズから、自宅でも気軽に縫える「親子ゴリラ」をご紹介します。縫い方は、とてもシンプルなかがり縫いのみ。ステッチみたいに糸の色をカラフルなものにしてもかわいいですね。型紙をダウンロードしたら、型紙サイズを自由に変えて、好きな布地を用いて、家族全員分のマスコットを作ってみてもたのしいです。

161110_maman2.jpg

【用意するもの】
・残布、端切れ布
・布用ボンド
・針
・糸
・リボン
・チャコペン
・裁ちバサミ

【作りかた】

161110_maman3.jpg
①型紙をダウンロードして、好きなサイズにプリントする。カットした型紙に合わせて、好きな布にチャコペンで印をつけ、裁ちバサミで布を切る。
161110_maman4.jpg
②顔のパーツを、布用ボンドを使って貼り付ける。
161110_maman5.jpg
③まず手足から、裏表のパーツを縫い合わせていく。最後に、余った端切れ布か綿を中に入れ込んでふくらみをだしてから、縫い閉じる。
161110_maman6.jpg
④顔のパーツと③で塗った手足を、カラダの表のパーツに縫い付ける。
161110_maman7.jpg
⑤カラダの裏のパーツを、④の表のパーツに縫い合わせる。このとき、ゴリラの頭のところにリボンを一緒に縫い合わせる。背中の一部を最後に空けておく。
161110_maman8.jpg
⑥背中の開けた部分から、余った端切れか綿を入れる。背中を縫い閉じれば完成。

 

「親子ゴリラ」の型紙ダウンロードはこちらから

 

プロフィール写真.JPG

衣田雅幸/Kinuta Masayuki

Kinuu デザイナー・エコアート作家。1974年奈良生まれ。幼少の頃から動植物や昆虫などに強い関心を持ち、その「動き」や「骨格」などに興味を抱く。1993年、キノコ学者の父のもといつも身近にあった「きのこ」を制作したことをきっかけに創作活動を開始。様々な素材を用いた数々の動植物をオールハンドメイドで創り出している。国内外での個展の他、ショップやデパートのディスプレイも数多く手がける。2010年より、Kinuu Projectをスタート。
www.facebook.com/KinuuProject

photos:MAYUKO EBINA, réalisation:MIKI SUKA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年8月号 No.494

      おいしくて可愛いバスク。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。