Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

パリ16区のユーゴ・デノワイエ

パリで、自宅で、美味しいお肉が食べたくなったらHugo Desnoyer(ユーゴ・デノワイエ)

DSCN15577.jpg

パトロール帰り、ショッピングのついでに気楽に買えていたギャラリー・ラファイエットのグルメ・メゾン館にあったお店がいつの間にかなくなっていた…。

(関連記事⇒ http://madamefigaro.jp/paris/blog/keico/post-552.html )

K「わざわざ14区か16区のお店に行くべき…?」

夫「当たり前だろ〜。美味しい肉が食べたいんだから!」

K「・・・。」

(でも今日は寒い&小雨も降ってるし、外出ヤダな…そんな心の声は届くはずもなく…)

DSCN15567.jpg

と言う訳で、初めて16区のお店に行ってきました。

DSCN15568.jpg

美しく美味しそうな肉、肉、肉。

うん、やっぱり来てよかった!と、ちょっと面倒くさく思った気持ちを一瞬で変えてしまうデノワイエのお肉たち(●^o^●)

Collage_Fotorhugo1.jpg

16時くらいにお店に行くと、私の前には4人のお客さん。自分の番が来るまで目の前のショーケースを見ているだけでも飽きない圧巻の眺め(^u^)

hugo5.jpg

こちらのパリ16区のドクター・ブランシュ通り店は、À Table de Hugo Desnoyertとして店内の一角がお食事スペースになっていると聞いていたので、その様子をちょっと見てみたかったのですが、こんな風にお肉のショーケースの前に小さめのテーブルがいくつかと奥には大テーブルがあり、そこは赤いカーテンで囲まれていました。テーブルシェアで賑やかに食事ができそうですが、個人的にはちょっと落ち着かないかな〜な印象。

DSCN15609.jpg

そして買ったお肉は結局「バヴェット」。

内臓の一つのバヴェットは高級な部位ではないし、こんなにあり過ぎるほどの選択肢があっても選んでしまうのはユーゴ・デノワイエのバヴェットは格別だから!(^^)!

DSCN15618.jpg

美味しいお肉をより美味しくいただくために!ということで改めてあれこれ焼き方を調べてみたのですが、結構バラバラでどれを信じていいのやら…。

DSCN15620.jpg

フライパンにオリーブオイルとニンニクをいれ、ジューッと。

DSCN15621.jpg

裏返して、ジューッ。

いずれも軽めに焼いたら低温のオーブンへ。塩コショウは焼き上がった後に。

DSCN15623.jpg

完成。

そしてユーゴさんによると、バヴェットは食べる時のナイフの入れ方が肝なのだそう。肉の繊維に沿ってカットすると、切りやすいものの筋を感じたり、硬くて不快に感じることもあるけれど、肉の繊維に対して直角にナイフを入れると、柔らかく、噛みやすくなると。

それを実践してみると、ホントに筋っぽさなど全く無く、バヴェットとは思えぬ柔かさ。そして噛むほどの美味しい肉らしさ。

DSCN15617.jpg

前菜には、この日もう一つ買った「パテ・ド・カンパーニュ」にアーティチョークを添えていただきました。

こちらのお店のパテ、これまたとても美味しいのです!(^^)! 

って、そんなことを思い出していたら東京でもユーゴのパテが食べたくなり、恵比寿店まで行ってきました!(^^)!

(関連記事⇒ http://madamefigaro.jp/paris/blog/keico/post-576.html )

IMG1_1787.jpg

お正月のお節料理も飽きてたところで、美味しいパテ登場(^u^)

気ままに綴るBelle et Bonne Blogも更新☆

今日は「奈良の老舗・萬々堂通則
⇒ http://belleetbonne.blog.fc2.com/blog-entry-1379.html

 

<info>

À Table de Hugo Desnoyer

28 Rue du Dr Blanche, 75016 Paris

01 46 47 83 00

http://www.hugodesnoyer.com/fr/

Profile

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。
約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆

グルメ・ファッション・カルチャーな話題を中心に気ままに更新中。

 

 

 

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。 約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。 現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆

そんな毎日からのグルメ・ファッション・カルチャー・バカンスなどの話題を中心にブログ更新致します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年8月号 No.494

      おいしくて可愛いバスク。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。