Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

Elizabeth And James☆ミューズなドレス

この夏、私が日本で楽しみに着ようと思っているのが、Elizabeth And James(エリザベス&ジェームス)のアイボリーなマキシ丈ドレス☆

光の加減では白く見えますが、自然光の下ではアイボリーです。

IMG_30187_2.jpgとにかく長過ぎてクローゼットに収まらないのでハンガー2個使いで吊るしていまして、平起きでは上手く撮れないので、とにかく着てみます!

で、鏡を使って自撮り☆

IMG_30192.jpg

素足の状態では、スカートの裾が床についてしまうフルレングス。

店員さんは

「今っぽくスニーカーなどを合わせたり、グラディエーターサンダルなどでカジュアルに」

と仰っていたけれど、フラットなシューズでは引きずってしまう…。

身長175センチくらいでようやくフラットな靴が履ける感じでは?

IMG_30914.jpg

と言う訳で8センチヒールのサンダルを合わせてみました。

同じデザインでスカートとトップスにそれぞれ分かれた商品もあったそうですが、そちらは早々に売れてしまい、このドレスはその長さゆえ?に残っていたのかも?!

IMG_30911_2.jpg

バックスタイルは首の後ろで一つボタン。

腰位置まで開いたデザイン☆ 

IMG_30913.jpg

袖は8分丈ぐらいでまっすぐ腕を伸ばすとくるぶしから5センチくらいの位置なので、太めのバングルなどと合わせても良さそう。

IMG_31012_2.jpg

ここから自撮りは無理なので、専任カメラマン(夫…)に撮ってもらうことに。

K「これ、久しぶりにハイテンションで買った一着!」

夫「そんなもの買ったの…。どこがいいのかさっぱりわからないんだけど。」

K「ギリシャ神話のミューズのイメージが湧きまして一目惚れ♡」

夫「ミューズというより巫女さんみたいだよ。しかも真っ白ですぐ汚れそうで君には難しい色だと思うけど。」

K「真夏と真冬は全身白で着たいんですっ!」

夫「その広がった袖口で料理のソースとか拭いそうだけど…」

K「あのさ、そんなこと言ってたらオシャレは楽しめませんよぉ!」

IMG_31101_2.jpg

生地の肌触りは全身とろみ系で、とにかく柔らかく、優しい感じ。

フロントデザインはTシャツのように首がしまっているのにバックは大胆な開き。

IMG_31100.jpg

スカートはプリーツで、生地はたっぷり。

となると、お約束的に歌っておきましょ。

南に向いてる窓を開け〜、一人で見てる海の色♬ (中略)

Wind is blowing from the Aegean 女は海〜

好きな男の腕の中でも違う男の夢を見るUh〜〜Ah〜 私の中でお眠りなさい♬

(魅せられて by ジュディ・オング)

夫「ね、ちょっともう終わりにしてくれる? オレも忙しいんだけど。」

K「ちょちょちょ、ちょっと待って。全身撮って!」

IMG_30196.jpg

汚れることを心配している場合じゃない。汚れたら洗濯、クリーニング!と割り切って、この夏はこのミューズな(巫女さんな?)真っ白なマキシ丈ドレスをエンジョイしたいと思います。

À demain(^^)/

おまけのパリをBelle et Bonne Blogで更新☆

今日は、「いろんな食べ方があるね〜
⇒ http://belleetbonne.blog.fc2.com/blog-entry-1587.html

 

<info>
Elizabeth And James
http://www.elizabethandjames.us/

 

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。 約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。 現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆

そんな毎日からのグルメ・ファッション・カルチャー・バカンスなどの話題を中心にブログ更新致します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年11月号 No.497

      セクシーな私、可愛い私、二面性のある私。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。