Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

グッチの美術館☆GUCCI MUSEO(グッチ・ミュゼオ)

ベンヴェヌーティ(ようこそ)、フィレンツェへ♬

DSCN14302.jpg到着日午前中だけ曇り空だったものの気温は高め。

寒がりな私は厚手のケープコートを羽織っていたのですが、途中で暑くてコートを置きにホテルに戻るほど。午後から夕方までの数時間激しい雨の予報でしたが、天気予報はハズレ!(雷雨になったのは夜遅くなってからでした)

IMG1_0065_2.jpg

午後からは晴天、その後滞在中はずっといい天気に恵まれました。

旅行は天気次第でだいぶ印象が変わるもの、やっぱり天気がいいのが一番☆ 

DSCN14308.jpg

まずは街の中心部、チェントロ地区へ向かい、花の聖母教会、ドゥオーモをグルっと一周したらシニョリーア広場へ。

DSCN4345.JPG

やってきたのは、GUCCI(グッチ)の美術館。

イタリアを代表するラグジュアリーブランド“GUCCI”(グッチ)は1921年にこの町で生まれ、2010年に創業90周年を記念してオープンしたのが・GUCCI MUSEO(グッチ・ミュゼオ)

DSCN14328.jpg

特にグッチファンでもない私が今回まず最初にココ!と思った理由は、Tom Ford(トム・フォード)のデザインを集めた新しい展示室がオープンしたと知ったから。

グッチのバッグや歴史等にはそれほど興味はないのですが、私が社会人になった頃、パラパラとめくっていたフィガロ・ジャポンで手が止まり、「なに、この素敵なファッション!!」「このカッコ良さ、見たこと無い!」ととにかく衝撃的で、それがトム・フォードがデザインしたグッチ・コレクションだったのです。

Collage_Fotorgucci2.jpg

なので、部屋に入るや否や、そうそう!こういう服を見てた、憧れてた♡と記憶が蘇りました。

セクシーさの中にあるハンサムなカッコ良さ、カジュアルなんだけどリュクスな感じ。

Collage_Fotorgucci1.jpg

ところで、こちらの美術館は3フロア構成で、1階が1950~70年代のジェットセッターたちのためにデザインされたトランク、スーツケース、車などトラベルがテーマ。

DSCN14326.jpg

ガイドブック等に紹介されることが多いキャデラックのグッチ・カー。中のシートはじめ車内はグッチ柄…。

Collage_Fotorgucci3.jpg

2階にはトム・フォードの展示室の他には花柄の「フローラワールド」☆

DSCN14331.jpg

このワンピース欲しい…。

ブーツにライダースジャケットを羽織って♡と妄想コーデ。

Collage_Fotorgucci8.jpg

大好きなオードリー・ヘプバーンもグッチを愛した一人。

Collage_Fotorgucci4.jpg

2階フロアの更に奥はレッドカーペットドレスとイブニングドレスのコーナーでした。

キラキラのスパンコール、マーメイドラインのバックスタイルには羽根がふんだんに使われてゴージャス。

DSCN14338.jpg

美しい夢の世界☆

更に続く3階にはGGロゴのストーリーが展開され、オールドグッチの色々や歴代のバンブーバッグを集めたコーナーがありました。

DSCN14335.jpg

「この美術館の中にあるバッグをどれか1つあげる」と言われたら(大妄想)、私はこのクロコバッグ。

ロゴでもバンブー、フローラでもないけれど、クロコダイルの鱗のカタチ、光沢、サイズ感、ハンドル部分、全てツボ♡

Collage_Fotorgucci11.jpg

最後にギフトショップへ。奥がブランドアイコンショップ、ギフトコーナーにはiPhoneやiPadケース、フレグランスキャンドル、トートバッグ、ポストカード、チョコレート等々、そしてブックストアも。

ちなみにこちらの入館料等による売上の50%は、フィレンツェの象徴である芸術資産を保護・修復するため、フィレンツェ市に寄付されるそうです。

おまけのパリはBelle et Bonne

「宴のあと」
⇒ http://belleetbonne.blog.fc2.com/blog-entry-1317.html

Gucci Museo

Piazza della Signoria, 10, 50122 Firenze

+39 055 7592 7010

http://www.guccimuseo.com/jp/museum

 

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。 約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。 現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆

そんな毎日からのグルメ・ファッション・カルチャー・バカンスなどの話題を中心にブログ更新致します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年9月号 No.495

      いいモノ語り。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。