Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

Old Lahaina Luau☆

夕方5時過ぎに私達が向かったのはラハイナ・キャナリー・モールの海側にある“Old Lahaina Luau”(オールド・ラハイナ・ルアウ)

luau2.jpg

受付を済ませてウェルカムドリンクとレイのサービスで迎えられ、小さな花は女性は耳にかけ、男性はシャツの胸ポケットに差してもらい、カクテル片手に通路を抜けると海に面した広々としたスペースとステージが目の前に広がりました。

IMG_12210_2.jpg

ここで評判の本格的ルアウ・ショー鑑賞!(^^)!

“Luau”(ルアウ)とはハワイの「宴会」と言う意味で、ハワイの人は昔から何か記念になることがあるとルアウを開くそうで、宴会料理そのものを指すこともあれば、フラダンスなどのイベントの意味もあるそう。

IMG_12351_2.jpg

ルアウ・ショーは各ホテルなどでも行われているようですが、ショーの内容、食事、ロケーションなど全てにおいてクオリティーが抜群、というこちらの“Old Lahaina Luau”(オールド・ラハイナ・ルアウ)の評判を聞いて予約☆

観光客に大人気で、すでに4月一杯予約でいっぱいだそう。

IMG_12214_2.jpg

17時過ぎに開場となりますが、それからショーが始まるまでの約2時間弱は海辺を散歩しながらハワイアンミュージックの生演奏を聞いたり、

IMG_1221_12.jpg

ダンスに使う楽器のレクチャーや子供たちを対象にしたゲームコーナー、工芸品販売コーナー、プロのカメラマンによる写真撮影などが行われ、フリードリンクを片手に自由に過ごします。

IMG_1222_12.jpg

あっ、これこれ! 噂の「イム・セレモニー」の準備をしてる〜♬

しばらくすると開場にアナウンスが流れ、「これからイム・セレモニーを始めるので皆さん集まってください」と。

IMG_12217_2.jpg

「イム」とはハワイ語で土中に作られたカマドのことで、このイムの中で「ティ」と言う葉で丸ごと一頭の豚を覆って蒸し焼きにするのが「カルア・ピッグ」という料理。

IMG_1229_12.jpg

土と布を払うと「ティ」の葉っぱが出現。

ムワーーっと香ってきたのは、ちょっと焚き火のようないぶした燻香。

IMG_12311_2.jpg

葉を取り除くと、豚ちゃんお目見え。

今度は豚肉の美味しそうな香りがプーンと漂って食欲刺激☆

このように焼き上がった豚を掘り出す作業はハワイアンにとって大事なセレモニーの一つなのだそう。

IMG_12321_2.jpg

長時間蒸し焼きにされた豚は原形を留めておらず、かなりボロボロの状態。

IMG_1233_21.jpg

大きなトレーにのっけられてビュッフェスタイルのダイニングへ運ばれていきました。

IMG_12123_2.jpg

ショーの前の食事は伝統的なハワイ料理中心のビュッフェ。

カルア・ピッグはもちろん、各種サラダ、フルーツ、バナナブレッド、チキンロングスライス、マヒマヒ、ステーキ、マグロやタコのポケ、ロミロミサーモン、タロイモ料理等々。

会場はかなり広く、お客さんも多いので混乱するのでは?と思ったら、エリアを分けて係の人が先導し、「はい次、このエリアの皆さん、バイキングコーナーへ」と案内してくれるので全く混乱無し。

IMG_12341_2.jpg

何度目?の乾杯はビール。

luau1.jpg

ほろ酔い…。

IMG_12361_2.jpg

そしてディナー♬

お皿の左端のホロホロにほぐしてあるお肉がイム・セレモニーの豚肉ですが美味しかったです(●^o^●)

IMG_04161_2.jpg

こうして散歩したり、セレモニーを見たり、賑やかに食事をしているとゆっくりとサンセットを迎えるのですが、海に沈んでゆく夕陽は本当に美しい。

IMG_04121_2.jpg

そして暗くなり、頭上に星空が広がったところで、いよいよショーのスタート☆

ハワイアンダンスの歴史を辿るという構成で、ポリネシア人が太平洋を渡り、彼らの新しい島となる「ハワイ」への移住する場面から始まりました。

IMG_04231_2.jpg

腰回りに乗せた花びらを激しい腰振りだけでここまで飛ばすシーンは圧巻でした。

ショーの説明は英語オンリーですが、言葉が全てわからずとも見ているだけでも十分楽しめるのがダンスのスゴイところ?!

今回初めて観た「古典フラ」は特にステキでした。そもそも古典フラは神様とのコミュニケーションを取るための手段だったそう。

IMG_12514_2.jpg

真っ暗なステージに一人のダンサーが幻想的に舞う姿は、モダンフラとは別物。

とても神聖な儀式のよう。

IMG_12516_2.jpgキリスト宣教師達によってハワイ王国は激変。伝統のフラは禁止されてしまいます。

それでもプランテーションの労働者等の間で静かに継承され、

IMG_12512_2.jpg19世紀後半、ハワイ国王ディビット・カラカウアが彼の載冠式にフラの解禁を要請し、フラ正式復活。

IMG_12318.jpg

ショーの半ばでデザートとコーヒーのサービス。

ココナッツプリン、ラベンダークッキー、ココナッツケーキ、ブラウニー☆

IMG_12611_2.jpg

次々にやってくる移民たちの影響の受け、変化してゆくフラ。

IMG_12631_2.jpg

ここで見る黒いドレスはとても新鮮だけど、フラっぽくない気も?!

IMG_12651_2.jpg

フィナーレは、ハワイアンの先祖タヒチに向けて「タヒチへの祈り」が激しく踊られ、最後はダンサー全員がステージに登場して華やかに終了☆

「フラ」が時代ともに変わってきた経緯がわかり、それぞれのダンスが特徴もあって異なるので約1時間のショーは飽きる暇も無く、あっという間でした。

帰りには一人1個ずつバナナブレッドのお土産付きで、観て良かった!来て良かった!と思うハワイ伝統芸能ルアウ・ショーをエンジョイしました。

À demain(^^)/ 

おまけのパリをBelle et Bonne Blogで更新☆

今日は、「ブランケット・ド・ヴォー ランキング
⇒ http://belleetbonne.blog.fc2.com/blog-entry-1480.html

<info>
Old Lahaina Luau(オールド・ラハイナ・ルアウ)
11251 Front St, Lahaina, HI 96761
+1 808-667-1998
https://www.oldlahainaluau.com/

Profile

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。
約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆

そんな毎日からのグルメ・ファッション・カルチャー・バカンスなどの話題を中心にブログ更新致します。

 

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。 約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。 現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆

そんな毎日からのグルメ・ファッション・カルチャー・バカンスなどの話題を中心にブログ更新致します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年8月号 No.494

      おいしくて可愛いバスク。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。