__stash[ 'vars' ][ 'len' ] = mb_strlen($this->__stash[ 'vars' ][ 'seoDescription' ]); ?> アドリア海のメルカート☆||カテゴリ詳細タイトル|madame FIGARO.jp(フィガロジャポン)

カテゴリ詳細タイトル

  • HOME
  • カテゴリ詳細タイトル
Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

アドリア海のメルカート☆

ケーコ散歩☆ヴェネツィアの街。

DSCN14792.jpg量り売りのクッキー、カントゥッチは自分用お土産に欲しくなるものの一つ。

DSCN14793.jpg

K「え〜、マロングラッセが15ユーロって安くない?買おっかな♬」

夫「そのへんの相場知らないからオレにはわからない。」

K「あんまり美味しくないのかな?栗が小さい? ね〜??」

って、隣りに夫の姿なし(ー_ー)!!

DSCN14795.jpg

夫「やべー♡ ここ揚げ物専門店だって。買っていい?」

K「・・・。」

DSCN14796.jpg

こちらは揚げ物ファーストフード店でテイクアウト可。摘みながら散歩可能…。

marche2.jpg

さてやってきたのは、リアルト橋のメルカート(市場)☆

ヴェネツィアに来たら、旅先にあったら、必ず行く場所の一つがその街のマーケット。

DSCN14805.jpg

ズッキーニの花。チーズをたっぷり詰めてフリットで食べたい!

DSCN14799.jpg

細長茄子。いろんな茄子を使ったカポナータで食べたい!

DSCN14802.jpg

お花のような唐辛子。これはペペロンチーノパスタに決まり☆

DSCN14800.jpg

カルチョーフィ。ってことは、アーティチョーク。

ハート部分は水につけて売ってました。

フリットもいいけど、グラタンで食べたい気も♬

DSCN14803.jpg

ヨーロッパのあちこちで見かける柿。こちらはスペイン産でした。

DSCN14809.jpg

魚市場です☆ このブログでも4度目の登場?!

DSCN14811.jpg

ニョロロ…。鰻だ!

イタリア料理で鰻は食べた記憶がないのですが、実はイタリアでは古くから鰻を食べる習慣はあるそうで、トマト煮込みやローストで食べるのだそう。しかも時期はクリスマス。その理由はクリスマスイヴに肉を絶ち魚料理で祝うことからウナギも魚の一つとして扱ったことと、ウナギは悪魔の化身として扱われているので悪魔を食べることで、邪気払いになると。

私の中ではクリスマス=肉料理なイメージなのですが、イタリアではクリスマス・イヴは"giorno di magro"とされ「肉は食べない日」。そもそもカトリックの伝統ではイヴは断食の日だったそう。

DSCN14810.jpg

アドリア海のシャコは大きくて美味しい!

毎回シャコを食べることもヴェネツィア旅行の楽しみの一つ☆

DSCN14817.jpg

カジキマグロのナイフのような角?!

K「泳いでて、これで刺されたら大変だよね…」

夫「当然怪我するよ…」

K「だからスキューパは怖くてできない。体験ダイビングでいいです。。」

夫「海の中の世界を知らないとはもったいない。ライセンス取りなよ!」

雪山で死にそう体験してるのに海の中でもそんな体験はノン・グラッツェだ…。(心の声)

DSCN14816.jpg夫「なんだこの魚?! でっかいな〜。ケーコさんちょっと並んでみて。君の頭より大きいから!」

marche1.jpg

という訳で今回もアドリア海の幸たっぷりのメルカートを楽しみました。

では、リアルト橋からヴァポレットに乗って移動です。続きは明日☆

おまけはBelle et Bonne

チョコ付きを食べたみた
⇒ http://belleetbonne.blog.fc2.com/blog-entry-1352.html

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。 約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。 現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆

そんな毎日からのグルメ・ファッション・カルチャー・バカンスなどの話題を中心にブログ更新致します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年8月号 No.494

      おいしくて可愛いバスク。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。