Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

東京のナチュラルチーズ専門店☆フェルミエ

Googleマップを見ながらやってきたのは港区愛宕。

IMG_11711_2.jpg

あら…ここに江戸時代の医師、「解体新書」の杉田玄白のお墓があるのですね。

とりあえず手を合わせておこう…と合掌。

IMG1_1724_2.jpg

最短距離で行きたいところでしたが、新築ビル工事中につきちょっと遠回りで愛宕神社方面の坂道を登ってやってきのは、

IMG1_1719.jpg

ナチュラルチーズ専門店“Fermier”(フェルミエ)愛宕本店

IMG1_1720.jpgお店の存在、渋谷の東急百貨店東横店にも店舗があることなど知っていたものの、一度本店に来てみたかった★

IMG1_1713.jpg

お店に入ると目の前に美味しそうなチーズが整列(^_^)

こちらのお店は、つくり手の顔が見える「農家製」の手づくりチーズにこだわり、毎週パリのランジス市場やミラノなどから、200種類以上ものヨーロッパ産ナチュラルチーズを空輸、販売しているのだそう。

IMG1_1715.jpg

フランス、イタリア、イギリスはじめ、スイス、ドイツ、スペイン、オランダ、ギリシャ、アイルランドなどヨーロッパのチーズが色々で、これは楽しい(●^o^●)

IMG1_1714.jpg

コンテ専用のカーヴも♡

IMG1_1717_2.jpg

そうそう、この人!

愛宕店店長のフランス人、Degoulet Fabien(デグレ・ファビアン)さんは2015年6月にフランス、トゥ―ルで行われたConcours mondial du meilleur fromager(世界最優秀チーズ商大会)で優勝というのもこのお店が気になっていた理由の一つ。

IMG1_1718.jpg

毎年この時期になると欲しいな…と思うのがラクレット・グリル。

友人たちとラクレットパーティーしたいな〜と思うものの、ワンシーズンに1、2回食べれば十分な気もするラクレットだし、そもそも我が家には出番の少ないキッチンツールが色々あって収納が…。と思ってなかなか買えない。

03061442_54f93e3a80ee4.jpg

(↑画像はお店のサイトより)

今回買ったのは、先日の友人夫妻とのクリスマス会用にイタリアのBurratina(ブラッティーナ)の他に、(このブラッティーナ、小振りなブッラータは中心のクリーミー度が抜群でとっても美味しかった!)

DSCN15968.jpg

右・Tomme de Chevre(トム・ド・シェーブル)、左・Maroilles Whiskey Affin(ウィスキーでウォッシュしたマロワル)

IMG_11725_2.jpg

シェーブル好きなので迷わず選んだトム・ド・シェーブルですが、何かコンフィチュールを合わせよ〜と思っていると店内でチーズ用のコンフィチュールを発見。

チーズ別に何種類かある中からシェーブル用、白イチジクのコンフィチュールをチョイス。

IMG_11704_2.jpg

このコンフィチュールはチーズ用ということだけあって、ただ甘いだけでなく、チーズの塩味を引き立てるナチュラルな美味しさでかなりイケる(●^o^●)

そしてお店の方オススメの、ファビアン氏が自ら熟成させたウイスキー•ウォッシュのオリジナル・マロワル。

IMG_11731_2.jpg

フランス・ピカルディ圏産のマロワルの特別熟成だそうで、ピートの香りが高く、海藻と潮を思わせる風味のスコッチウィスキーで熟成した珍しいウォッシュとな。

包装を剥くと、くっさ!でも、食べるとその香りの印象よりは全然マイルド、食べやす〜い♬

この独特なねっとり感テクスチャーがたまらない、臭旨っ(#^.^#)

DSCN15982.jpg

また、デザート用に用意したのが、こちらのお店ではChabis Raisin(シャビ・レザン)と名付られたシェーブルチーズにシロップ漬けのレーズンをまぶしたもの。これまた大好きチーズの一つ♡

今回は熟れたレクチェと合わせてサーヴしたところ、皆さんに好評で嬉しかった!(^^)!

IMG_11721_2.jpg

どうでもいいけど、ショッパーも可愛いフェルミエ(#^.^#)

パリでいただくチーズに比べたら、お値段はかなり高いのに熟成加減はいまひとつに感じ、東京でチーズを買う機会はこれまであまりなかったのですが、こちらのフェルミエのチーズたちは状態も良く、他にも食べてみたいものが色々、今後も日本でのチーズ調達はこちらのお店中心に!と思います☆

おまけはBelle et Bonne Blogで

ショッピング休憩はマルコリーニのバー
⇒ http://belleetbonne.blog.fc2.com/blog-entry-1374.html

Fermier(フェルミエ)愛宕本店

東京都港区愛宕1−5−3 愛宕ASビル1階

03-5776-7720

https://www.fermier.co.jp/

 

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。 約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。 現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆

そんな毎日からのグルメ・ファッション・カルチャー・バカンスなどの話題を中心にブログ更新致します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年8月号 No.494

      おいしくて可愛いバスク。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。