Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

打ち上げディネ☆

スキー合宿から怪我無く無事にパリに帰れたらまず行こう!

と決めていたレストラン、そんなご褒美レストランと言えば、私にとってはレストラン“ES”(エス)をおいてありません(^^)

IMG_11017_2.jpg

と言う訳で今年初めてお邪魔すると、店内には存在感大のアート☆

IMG_10681_2.jpg

これはコケなのだそう。

盆栽にも通じるような、「禅」も感じる作品でフランス人の方もきっと好きな感じかと♡

最近は内装ミニマムなレストランが多いですが、個人的にはお花やアートがある方が好きですし、作品一つでこれまでの雰囲気がガラッと変わるのが面白い。

Collage_Fotores1.jpg

こうして、気分一新した空間で始まった今回のお食事は、まずクロック・ムッシュではなく「クロック"ES"」 と名づけられたブリオッシュにフォワグラのクリームと黒トリュフをサンドしたものからスタート。

カプっとかぶりつくと、中からトロトロのフォワグラのクリームと黒トリュフの香りが贅沢に香る♬

Collage_Fotores2.jpg

フランス産サツマイモのスープと焼きサツマイモ★

「ぽってりで美味し〜♡」とスープに感激していると、本城シェフが何やら手にして登場。

それはサツマイモ!

最近はフランスでもまだ少量ながらも日本のサツマイモを作る農家さんが出現したそう。

そこでそのまんまローストしたものを少しいただいてみることに。

フランスのカボチャ(ポティロン)などは水っぽいのでフランス産のサツマイモもそんな感じかな〜と思いきや、その上質な甘味にびっくり(●^o^●)筋っぽさもなく滑らかでクドクドした甘味ではなく、これに“Ponclet”(ポンクレ)のバターをつけたらそれだけで至福な美味しさ。

(ポンクレについて⇒ http://madamefigaro.jp/paris/blog/keico/-le-ponclet.html )

IMG_10006.jpgのサムネイル画像

ジャガイモと黒トリュフのラヴィオリ・パルメザンソースで。

つくづく思う、本城シェフの作るラヴィオリはこの上なくエレガントだ〜♡

Collage_Fotores3.jpg

牡蠣とフォワグラのポトフ。

K「そう、今日私がどうしても食べかったものはコレ!」

夫「俺もコレコレ!」

K「珍しく気が合うね。フォアグラ美味し〜♡」

夫「牡蠣旨い!食べたかったんだよね、牡蠣が♡」

やはり気は合ってなかった…。

Collage_Fotores4.jpg

帆立貝と帆立貝の出汁ベルガモットの香り。

本城シェフによると帆立(サン・ジャック)もそろそろシーズン終わりなのだそう。

つい先日「サン・ジャック解禁、ワーイ!」と思っていたのに季節の移ろいは早いものですね…。

それにしてもベルガモットを効かせるあたりがゴリゴリと私のツボを刺激する感じで、これはまた大好きな一皿でした。

IMG_10013.jpg

黒トリュフのオレキエッテ、ジャガイモのソースと雲丹。

IMG1_0014.jpg

藁焼きのオマールブルー。

本城シェフは「ただ焼いただけです」なーんて言うけれど、その火入れ加減や藁の香りの燻らせ具合はやはり芸術的。

Collage_Fotores7.jpg

コリっとプリっとしたオマールは、生でいただくより個人的にはローストの方が好き♡

そしてキラキラに黒光るキャビアをオマールに載せながらとは、なんとも贅沢。

IMG_10018.jpg

五週間熟成ノルマンディ牛のサーロイン。

そう、この熟成感♡こうしてきちんと熟成されて美味しい芯の部分を切り出したというお肉はスキー合宿中はいただけませんでした。熟成肉の美味しさに慣れてしまうと、熟成していないものがとてもあっさり・さっぱりに感じられ、同じ赤身肉でも味わいは千差万別だな、と。

Collage_Fotores6.jpg

かなり満腹だったものの、こちらでいただくフロマージュもいつも美味しいので、つい欲張って「チーズもいただきます!」と即答。

今回はあのナイフで有名な産地ライヨール★ 

IMG_11069_2.jpg

底なしで食べられそう…そんな気にさせる「黒トリュフのアイス」。

IMG_11070_2.jpg

そしてここから広がるのは、パティシエール・マリコさんの世界♡

クレームダンジュとフロマージュブランのアイス、カラマンシーのジュレとソース、金柑と来たっ!

お料理はとても美味しいのにデザートで失速とかデザートがキレキレなのにお料理がいまひとつ…なんてバランスの悪さを感じるレストランもありますが、私がレストランESが好きな理由はお料理もデセールもとても美味しいこととそのバランス感。

IMG_11072_2.jpg

ラムレーズンのクレームブリュレ、ミュスコバドのアイス、シブーストのエスプーマ、胡桃とスペキュロスのサブレ。

夢中で食べてしまって崩したシーンを撮り損ないましたが、、崩したら玉手箱や!的な(彦摩呂さんの気持ちがよーくわかる気がした)驚きと感動の濃厚ラムレーズンがたっぷり(#^.^#)

IMG_11073_2.jpg

エスプレッソとともに。

去年のバースデーケーキにマリコさんのチーズケーキをいただいて以来、すっかり私はマリコさんのチーズケーキの虜♡

以前もここで書いたような気がするものの、私はコルドンブルー製菓教室落ちこぼれ…。昔々に本格的にフランス菓子を勉強してみようと思った時期がちょっとだけありました。

が、一日中パイ生地の匂いを嗅いでいたら気持ちが悪くなってしまったり、出来上がった頃には食べられないという軟弱ぶりに加え、「ちょっと粉取ってきまーす」とか言いながら持ってくる小麦粉袋の重いこと(>_<)

ケーキの見た目のキレイさ、甘さとは裏腹にがっつり体力勝負の世界だった…。

なのにマリコさんはいつもお皿にこぼれそうな可愛い笑顔で、とても嬉しそうにデザートを運んでくださり、その折れそうに華奢な体にも驚くばかり。(思わず抱きしめたくなるよー♡)

本城シェフの遊び心を感じるクロックESに始まり、マリコさんの作るデザートで締めくくった合宿打ち上げディネは特別に口福な時間でございましたッ(#^.^#)

À demain(^^)/ 

気ままに綴るBelle et Bonne Blogも更新☆

今日は、「日曜日のシャンゼリゼ
⇒ http://belleetbonne.blog.fc2.com/blog-entry-1414.html

Profile

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。
約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆

グルメ・ファッション・カルチャーな話題を中心に気ままに更新中。

 

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。 約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。 現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆

そんな毎日からのグルメ・ファッション・カルチャー・バカンスなどの話題を中心にブログ更新致します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年8月号 No.494

      おいしくて可愛いバスク。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。