Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

初めてのウラリレージュ☆

噂に聞いていた「ウラリレージュ」に初めて参加することができました!(^^)!

IMG_30318_2.jpg

も〜喉カラッカラッ!と取り敢えずキンキンに冷えたシャンパンで乾杯☆

なかなか日程も合わず、これまでその噂だけを耳にしていた「ウラリレージュ」とは外苑前の人気フレンチレストラン“Florilege”(フロリレージュ)で不定期に開催されるイタリアンディナー。

IMG_30162.jpg

川手シェフが国内外への出張やコラボレーション等でお店に立てない時に、イタリアで修行をされたスーシェフの田原諒悟さん(↑何やら窒素ガスをモコモコさせて作ってる!)が厨房を仕切って行われる隠れディナーなのです。

IMG_30616.jpg

ウラリレージュのメニュータイトルもフロリレージュのスペルが反対裏返しにプリントされていて、細かいところにも色々遊び心を感じさせてくれます。

総括的感想としては最近食べたイタリア料理の中でも秀逸!!

な感激度の高い、一皿一皿の足し算と引き算、掛け算のバカンスが絶妙なお料理でした。

IMG_30391_2.jpg

最初のアミューズは「とうもこし」。

ひと口スープかと思いきや糖度の高い粒々の生とうもろこし、その下には滑らかなとうもろこしクリーム。

アクセントが髭。とうもろこしの髭は香りが良く、とうもろし畑の真ん中にいる気分に!?

IMG_30142.jpg

ウニのカッペリーニ。

シンプルな一皿ですがパスタのアルデンテ加減、冷水での締め具合が抜群。

そして函館産のミョウバン不使用の塩水雲丹は、フレッシュで甘くて美味。

IMG_30410.jpg

ぷぷ!このワインのエチケット面白い。(このオジサン、前にどこかで会ってる、飲んでるけど思い出せない)

しかも点字付きラベルかと思ったら結露で瓶に露がつき、まるで滝汗状態オジサンエチケット。

IMG_30150_2.jpg

これも同じドメーヌものですが、いずれもオーストリアのワインだそうで、こうしてドメーヌでワイン造りに携わるファミリーメンバーの似顔絵とキャラクター設定がされたワイン達なのだそう。

確かにこの赤ワインはちょっと神経質で、ちょっとナルシストな味だったかも?!

Collage_Fotorura.jpg

ワインは食事とのペアリングでいただいたのですが、普段はユニフォームのお二人のソムリエもこの日はデニム&Tシャツでリラックス&カジュアルな装いの中で、ユニークで美味しいワインの数々で楽しませてくれました。

IMG_30146.jpg

アオリイカと夏野菜をブレビ(羊乳)のヨーグルトソースで、ちょこっとキャビア。

この素材とそのバランスの良さには驚くばかり(*^^)

K「こういう料理はやっぱり素人には思いつかないし、できないよね…」

夫「オレならできるかも♡」

K「・・・。」(どっからくるんだよ、その自信)

IMG_31048.jpg

鮑の殻に入った鮑のリゾット。

使われているお米は、イタリア米、赤米、もち米の3種類で、小さく刻んだ鮑とその肝も一緒に煮込まれたリゾットはひと口頬張るといろんな食感が楽しめる楽しさ。

IMG_13052_2.jpg

ドライなモロヘイヤの葉の下からお目見えしたのは、穴子のフリットと茄子。

トロトロの茄子とサクっと揚った穴子がとっても合う♡

IMG_30517_2.jpg

羊肉のソーセージ2本とトマトやレタスをグルっと巻いて手でいただいたのは、イタリア版トルティーヤの「ピアディーナ」。

Piadina(ピアディーナ)はイタリア・ロマーニャ地方の郷土ストリートフードで、いつか現地で食べてみたいと思っている一品☆

これはB級グルメ好きな私達夫婦にはツボで、おかわりが欲しいくらいでした(^u^)

IMG_30610.jpg

イタリア産の仔牛のロースト。

時々あっさりし過ぎて旨味に欠ける仔牛肉にも出会いますが、こちらのお肉は仔牛らしいほんのり薄ピンク色をしながらも旨味と歯応えが比較的しっかり☆

ヘルシーなのに美味しい!そんな印象のお肉。

IMG_30161.jpg

ビーツとソルダムのドルチェでサッパリ。

真っ赤が綺麗☆

IMG_31064.jpg

液体窒素で固められたパンナコッタは、ほんのり冷たく、中はモチっ&プルンの独特の初めての食感。(フリーズドライのソースはキャラメル)

これはウラリレージュの定番ドルチェだそうで、最後は毎回こちらが登場するのだそう。

IMG_31065.jpg

今回はたまたま帰国のタイミングで上手い具合にウラリレージュ開催日に都合がつき、参加させていただくことができたのですが、普段のフレンチ「フロリレージュ」とはまた違った元気で楽しい世界観が感じられる素晴らしいお料理でした。

毎月でも食べたいところですが、これが気まぐれ不定期だからまたいっそう楽しいのかもしれません。

IMG_30144_2.jpg

それにしても、こちらのキッチンスタジアムは見ているだけで本当に楽しい飽きない空間です。

À demain(^^)/

おまけのパリをBelle et Bonne Blogで更新☆

今日は、「秋のパリのお楽しみ!
⇒ http://belleetbonne.blog.fc2.com/blog-entry-1585.html

 

<info>
Florilege(フロリレージュ)
東京都渋谷区神宮前2丁目5−4 SEIZAN外苑
03-6440-0878
http://www.aoyama-florilege.jp/
 

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。 約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。 現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆

そんな毎日からのグルメ・ファッション・カルチャー・バカンスなどの話題を中心にブログ更新致します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年11月号 No.497

      セクシーな私、可愛い私、二面性のある私。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。