__stash[ 'vars' ][ 'len' ] = mb_strlen($this->__stash[ 'vars' ][ 'seoDescription' ]); ?> 再訪確実☆Vini da Gigio||カテゴリ詳細タイトル|madame FIGARO.jp(フィガロジャポン)

カテゴリ詳細タイトル

  • HOME
  • カテゴリ詳細タイトル
Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

再訪確実☆Vini da Gigio

パリ発たまに行くならこんな街☆ヴェネツィア編

晩秋のヴェネツィアブログ、これがラストです。

DSCN15000.jpg

あまり期待していなかったこともあって、感激度がとても大きかったのがヴェネツィアを離れる前にランチで訪れたレストラン、“Vini da Gigio”(ヴィニ・ダ・ジージョ)

DSCN15001.jpg

イタリアを旅していると日曜日のお昼は教会帰りらしき様子で家族全員集合でランチのテーブルを囲むシーンをよく目にします。

この日も12時半を過ぎ頃にこのテーブルはおじいちゃん・おばあちゃんから生まれたばかりな赤ちゃんで賑やかになりました。

Collage_Fotorvini1.jpgこちらのレストランはワインバーも併設されたお店で、ワインのラインナップも充実。

とは言え、よくわからないイタリアワインなので、お店のオーナーのオススメの1本をいただいたのですが、このシャルドネは最近飲んだシャルドネの中では一番!な目の前のパーっと明るくなるような華やかな美味しさでした☆

K「もっとここにいたい。寒いみたいだし、パリに帰りたくないかも…。」

夫「いーよ♬ オレはパリよりイタリアの方が好きだから。」

そうあっさり肯定されるとねぇ、やっぱりパリ!と思ってしまう。。

DSCN15005.jpg

私は前菜に海の幸の盛り合せ。

黄色いポレンタの右にあるのは、先日ジュデッカ島にあるお店で食べた干し鱈料理の「バカラ・マンテカート」ですが、それと比べるとこちらのものはレストランらしく、洗練された上品な感じでした。

シャコは軽くボイルされ、柔らかくて美味しい(●^o^●)

タコも蟹もエビも帆立も、ってこのワンプレートは全て美味しかったです。

DSCN15006.jpg

シャコ好きの夫は、シャコをカルパッチョ仕立てで。

でも、どちらかというと個人的にはシャコは生よりボイルした方が好きでした。

DSCN15007.jpg

そしてクモ蟹のリングイネをトマトソースで。

トマトソースには魚介の旨味がたっぷりで美味しいのなんの(●^o^●)

DSCN15009.jpg

夫「食べてもいい?」

K「ダメって言っても食べるでしょ…。最後の食事だし好きなものをどーぞ☆」

イエィっ!と夫が飛びついたのは、またまた白トリュフのタリオリーニ。

DSCN15008.jpg

季節もの、今しか食べられない、キノコだから健康にも悪影響なし、そんな言い訳のもとに今シーズンいったい何回食べたのだろう…。

それにしても馨しい(#^.^#)

DSCN15012.jpg

メイン料理は、2人でヴェネツィア名物Fegato alla veneziana(仔牛のレバーソテー)を。

レバーは嫌いではないけれど特別好きでもない…という感じで、これまでは夫が食べるのを一口いただく程度だったのですが、このお店のものは評判だと伺い、今回私もメインに食べてみました。

そしたらびっくり!!今まで食べた中では文句なくNo.1の美味しさ。

玉ねぎのソテーとポレンタが合う合う、仔牛のレバーってこんなに美味しいものなんですか?!と目からウロコの大感激でした。

DSCN15015.jpg

ドルチェはアーモンド&チョコレートのパンナコッタ。

と言う訳で今回最後の食事も大満足、お店の方々もとてもナイスで、ここは再訪確実の一軒になりました。

IUoHjaCdxhXU6zW1481435429_1481435550.jpg

夫「よし、もっと頻繁にヴェネツィアには来よう♬」

K「それ、乗った☆ 車移動ができなくて疲れる街だと思ってたけど、方向音痴にはしんどい街だと思ってたけど、美味しいヴェネツィアをもっと開拓したくなってきた!知れば知るほど、な街ですな☆」

IMG1_0118_2.jpg

夫「食材的には秋冬がいいかな?」

K「気温的には春先も気持ちいいんだけど。」

IMG1_0117.jpg

と、次回のヴェネツィアツアーはいつ?何食べる?どこ見る?と相談しながら水の都を後に。

IMG1_0099_2.jpg

また会う日まで…♡

おまけはBelle et Bonne Blogで

エノケソ一代記
⇒ http://belleetbonne.blog.fc2.com/blog-entry-1358.html

Vini da Gigio(ヴィニ・ダ・ジージョ)

Sestiere Cannaregio, 3628a, 30121 Venezia

+39 041 528 5140

http://www.vinidagigio.com/

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。 約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。 現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆

そんな毎日からのグルメ・ファッション・カルチャー・バカンスなどの話題を中心にブログ更新致します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年8月号 No.494

      おいしくて可愛いバスク。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。