Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

パリ19区☆Table d'Hugo Desnoyer

パリの大好きなお肉屋さん“Hugo Desnoyer”(ユーゴ・デノワイエ)

(関連記事⇒ http://madamefigaro.jp/paris/blog/keiko/16.html )

16区のお肉屋さんの店内の一角にイートインスペースがあるのですが、少し前に東京恵比寿店に次ぐレストラン“Table d'Hugo Desnoyer”(ターブル デューゴ・デノワイエ)Secrétan店がパリにもオープン!

IMG_15114_2.jpg

場所はパリ北東部の19区。

全く土地勘がないエリアなのでどんな雰囲気の所だろ〜?とちょっとドキドキしながら向かいました。

どうやらこの複合施設の一角にあるらしい。

IMG_15115_2.jpg

ココ?

ちょっと暗いしまだやってない?こっちは裏口?と思いながらドアに近づくと店員さんが笑顔で「ボンソワっ、マダム♬」と。

DSCN63012.jpg

外からはひっそりした感じだったので見落としてしまいそうになったのですが、中へ入ると吹き抜けの天井、カウンター席とテーブル席があり、シックなインテリアのお洒落レストランの様子にびっくり☆

そして椅子&ソファがホルスタイン柄の牛皮というのが、さすがブッチャー・Hugo Desnoyer (ユーゴ・デノワイエ)のお店。

IMG_15116_2.jpg

「場所柄もあるしステーキハウスだし、おもいきりラフな格好でいいよね?」

とセーターにデニム、フラットブーツでカジュアルに出かけたのですが、この日はたまたまかもしれませんが周りのお客さんたちが皆さん綺麗めファッションでオシャレさんばかりなことにも驚きました…。

K「ね、私の隣りの人ってモデルさん?すごいキレイ♡」

夫「スタイル的に(いつチェックしたんだろ…といつも夫の観察力には驚く)モデルじゃないだろうけどキレイな人だね。」

K「あなたの後ろのメンズカップルも2人ともオシャレだよー。」

と言う感じでメニュー選びの前に予想外の雰囲気にまずはテンションが上がってしまった(@_@。

DSCN63106.jpg

前菜に牛のタルタル3種盛り合わせ。

プレーン、アンチョビ載せ、パルメザンチーズ載せ、と異なる味付け三種。

久しぶりに美味しいタルタルに出会った!と感激(●^o^●)

他に、牛、仔牛、羊の3種の異なったお肉のタルタル盛り合せもあるようです。

IMG_15210.jpg

見たままに「揚げ春巻き」ですが、中身はビーフ。

そしてさっぱりとハーブの効いたソースにつけていただくと、中華の揚げ春巻きとは別物、フレンチな春巻き☆

DSCN63013.jpg

ワインはボルドー・サンテミリオンの赤ワイン“Chateau Vieux Taillefer”(シャトー・ヴュー・タイフェール)2011

赤い果物がギュギュっと詰まった香りと味わい、ほんのりコーヒーっぽさもあってしっかりめ。でも舌触りはシルキーな感じでスルスルっと飲めてしまう美味ワインでした。

IMG_15122.jpg

メインのお肉は2名からオーダー可能な3種の熟成期間比較の盛り合せ☆

右上から反時計周りに熟成が浅いものから深くなる並びです。

焼き加減は、saignant(セニャン)=レア☆

IMG_15127.jpg

どのお肉も旨味があり、柔らかく、程よい歯応えがあって美味しいのですが、こうして比較してみると熟成期間の違いでその旨味度やテクスチャーに明確な違いがあることをしみじみ実感できて面白い。

恵比寿店での食事もエンジョイしましたが、規制上日本で食べられるフランスからの輸入牛肉は月齢30ヶ月以内に限定されていることもあり、こうして本場で味わうガッツリ肉はやはり別物。

(恵比寿店関連記事⇒ http://madamefigaro.jp/paris/blog/keiko/post-576.html )

IMG_15126.jpg

別の小鍋にソースが添えられてきたものの、お肉そのものに味があって美味しいのでほんの少しの塩と胡椒だけで十分美味しい(●^o^●)

DSCN61305.jpg

K「にしても、黒電話みたいな胡椒ミルだね。」

夫「黒電話…」

Collage_Fotorhugo1.jpg

サイドオーダーにはグリーンサラダと根セロリのローストをチョイス。

根セロリがホクホクして甘味があって美味しかった〜(^u^)

IMG_11528_2.jpg

デセールはバニラとラズベリーのアイスクリームをいただきました。

やっぱりHugo Desnoyer (ユーゴ・デノワイエ)のお肉は絶品!!

お肉を買ってきて自宅で焼いて食べても別格な美味しさですが、やはり火加減が肝心の肉料理なのでたまにはこうして直営レストランで職人技的なキュイソン(火入れ)でいただきたい。

hugo3.jpg

と言う訳で、今後は時々こちらのレストランにもお邪魔したいと思いますし、今日3月14日からサンジェルマンにもレストランがオープンするそうなので次回は是非サンジェルマン店へお邪魔したいと思います。

そして次回はもうちょっとオシャレして行こう…。

À demain(^^)/ 

おまけのパリ話・Belle et Bonne Blogも更新☆

今日は、「フレンチなエスプリ?!
⇒ http://belleetbonne.blog.fc2.com/blog-entry-1450.html

<info>

Table d'Hugo Desnoyer à Secrétan(ターブル デューゴ・デノワイエ セクレタン店)
33 Avenue Secrétan, 75019 Paris
01 40 05 10 79
http://www.hugodesnoyer.com/fr/
 

Profile

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。
約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆

そんな毎日からのグルメ・ファッション・カルチャーな話題を中心にブログ更新致します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年5月号 No.491

      いつだって、パリは私たちを待っている。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。