Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

新春☆注目はCrony(クローニー)

明けましておめでとうございます☆

本年もよろしくお願い致します。

IMG1_0131_2.jpg

東京の自宅から初日の出を拝みました!(^^)!

今年も健康に楽しく元気に過ごせますように。

2017年もパリ・東京をはじめ、いろんな場所でステキなもの、美味しいものに出会いたいと願います。

まず今、東京で注目レストランの一つが昨年末に港区西麻布にオープンしたレストラン“Crony(クローニー)”。

DSCN15892.jpg

「多摩川の石でござまいます」と最初にサーヴされたのは、本物石に混じったホカホカのコロッケ。

と、最初から遊び心をもって始まったお料理は、フレンチをベースにヨーロッパや北米テイストを加えたシェフのお任せコース。(21時以降はアラカルトオーダーが可能)

Collage_Fotorclony1.jpg

左上から時計回りに烏賊にコンテチーズのオープンサンド、トリュフが香る干し大根にトリュフホイップクリーム添え、牛テールのスープ。

DSCN15897.jpg

サバの前菜は焼き加減、燻製具合が絶妙で液体窒素で冷やし固められたホースラディッシュとパセリのソースがBestマッチ♡

これ感激的に美味しいね!と、一息ついたところでレストランのオーナーソムリエ・小澤一貴さんとちょっとお話。小澤さんは、10年連続ミシュランガイドで3つ星を獲得しているあの“Quintessence”(カンテサンス)の元ディレクトゥール☆ このたび、こうしてレストラン業界の旧友2人と集合、西麻布にステキなレストランをオープンしたのです。

Collage_Fotorclony2.jpg

ミル貝とほうれん草に鯛の出汁とハーブのクリーミーなソースをかけて。

ワインはお料理に合わせるペアリングで。

小澤さんは物腰柔らかで、とてもわかりやすくワイン説明をしてくださるので、様々なワインがとても身近に気楽に飲める感じ♬

DSCN15906.jpg

「あれ…パンが出ないな」と思っていたら、料理の間にここで登場★

それは自家製パンで、添えられたバターはヨーグルトを練り込んだホイップタイプ。

DSCN15908.jpg

これで一品料理になってしまう存在感のある、もっちり感とねっとり感のユニークなパン。

パンとワインとバターだけでしばらく生きていける…そんな気もした(*^^)

DSCN15909.jpg

魚料理は鰆とカリフラワー。

カリフラワーのぽってりしたソースと繊細なチップスが季節の鰆を引き立てる!

DSCN15910.jpg

更に合わせたワインのボルドーの白の味わいの中にカリフラワーっぽさがあって料理に合う合う。

Collage_Fotorcoliny3.jpg

肉料理は茨木県産の鳩に芽蕪を添えて。

クセがなく、絶妙な火入れで繊細な肉質と優しい味わいに驚きました。

DSCN15916.jpg

チーズは、とろとろのモンドールにアプリコットジャムを添えて。

モンドールとアプリコットという組み合わせは、自宅でも真似したい!(^^)!

Collage_Fotorcolny4.jpg

デセールのチョコレートとレクチェにはチョコレートを感じる南仏のワイン・バニュルスを合わせて。

そして2皿目は柚子の香るお米のアイスクリームに食べる直前に純米大吟醸をかけていただきました。

DSCN15923.jpg

多摩川の石コロッケで始まった食事はヘーゼルナッツの多摩川石サブレでシメ★

シェフは元TIRPSE(ティルプス)の春田理宏さん。

店名のCrony(クローニー)は 「永続的な茶飲み友達」という意味で、ずっと一緒にいても心地よく、素直な自分でいられ、 気兼ねない会話ができる仲間。お客様にとって そんな存在でいられるレストランにしたいという創業メンバー4人の想いからこの店名が生まれたのでそう。

2017年、楽しみなレストランです。

 

気ままに綴るBelle et Bonne Blogも更新☆

今日は「2017年お正月
⇒ http://belleetbonne.blog.fc2.com/blog-entry-1378.html

 

<info>

Crony(クローニー)

東京都港区 西麻布2丁目25-24 NISHIAZABU FTビル MB1

03-6712-5085

http://www.fft-crony.jp/

 

Profile

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。
約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆

グルメ・ファッション・カルチャーな話題を中心に気ままに更新中。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年6月号 No.492

      homme et femme 男と女。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。