Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

パリ7区のガトー・トゥーミュー

オーブンから漏れ出る細く白い煙。

慌ててその扉を開けると、モワモワモワーッとものすごい煙がキッチンいっぱいに広がりました。

DSCN13824.jpg

あああああ〜っ(>_<) 炭と化してしまった、コレは!

こんなことになってしまった顛末をシュルシュルシュルっと巻き戻してみると…。

DSCN13784.jpg

たまたま通りかかったのは、パリ7区にあるパティスリー“Gâteaux Thoumieux ”(ガトー・トゥーミュー)。

数年前にオープンし雑誌等で何度も紹介記事は目にしていものの、なかなか行く機会がなかった一軒。

Collage_Fotortm.jpg

店内は可愛いとうよりは、すっきりとミニマム。

私の他には男性のお客さんが2人。お店の外にも男性がいらしたし、たまたまなのだろうけど比較的男性が入りやすい雰囲気なのかな〜と。

DSCN13779.jpg

まず目に飛び込んできたのはホールケーキコーナー。

今月は誕生日だしね、どちらのケーキをいただこうか今から悩ましい♬

季節柄、イチジクのタルトなどは気になるけれど♡

DSCN13778.jpg

インディビジュアルなケーキは約10種類ほど。

DSCN13785.jpg

更にもっと小さい一口半くらいのプチフールサイズ5個セットもありました。

DSCN13792.jpg

で、今回選んだのは「パリ・ブレスト」。

この手のケーキがずっと食べたかったのです!(^^)!

DSCN13791.jpg

黒胡麻が効き、クリームからはきな粉もちょっと感じるような和テイスト。

h8AMAVvCe3h_7LE1476773979_1476774049.jpg

クリームとシュー生地の間に白胡麻・黒胡麻たっぷりの板チョコ状のミルクチョコがサンドされていて、それが食感的にもアクセント。

しっかりめのクリームとは言え、サイズ的にもそれほど大きくないので軽くペロリ。

DSCN13793.jpg

冬が近づいてる…雪景色、「かまくら」をちょっと連想したこちらのケーキはライチ☆

DSCN13868.jpg

ライチの酸味が優しいプルプルしたクリームムースと土台となるタルト生地は底全体ではなく、真ん中に小さめに配置。やや硬めのサクサクした食感とプルプルムースを一緒にいただくと、なるほど…!な感じ。

DSCN13787.jpg

で、最後にお会計中、レジ前で追加したのがレモン(右)とプレーンのマドレーヌ。

帰宅早々、まずはおやつにいただきま〜す♬と、プレーンタイプを手にした瞬間、

DSCN13788.jpg

せっかくなのでちょっとだけオーブンで温めてからいただこうと思ってオーブンに入れたわけです。

それが設定時間も設定温度も間違ってわずかの時間の間にすっかり焦げ焦げ、炭になってOMG!!

悔しいからちょっとかじって見たけれど、食べれたもんじゃありませんでした(>_<)

そして夫、帰宅。

夫「なんだなんだ、焦げ臭いぞ!何か焦げてない??」

K「え? お隣りさんかな?」

 

おまけのパリはBelle et Bonne
「ラファイエットにも!」
⇒ http://belleetbonne.blog.fc2.com/blog-entry-1303.html

 

<info>

Gâteaux Thoumieux ”(ガトー・トゥーミュー

58 rue Saint Dominique 75007

01 45 51 12 12

http://www.gateauxthoumieux.com

                                                                                                            

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年5月号 No.491

      いつだって、パリは私たちを待っている。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。