Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

BnFでリチャード・アヴェドン展

パリ・東京行ったり来たり生活も長くなってきましたが、ここにちゃんと来たのは初めて☆

IMG_11034_2.jpg

旧き佳きパリの街並みとは違った近代的な大きな建物にちょっと圧倒されました。

IMG_10135_2.jpg

角に塔のようにそびえる4つのビルに囲まれ、真ん中がこんな風に松林の庭園のようになっていたその場所は、

IMG_11036_2.jpg

“BnF”(Bibliothèque nationale de France=フランス国立図書館)のフランソワ・ミッテラン館

オフィシャルサイトによると、

フランス国立図書館(BnF)のコレクションは、世界唯一のものです。書籍及び印刷物、原稿、版画、写真、地図、楽譜、コイン、メダル、録音資料、ビデオ、マルチメディア、装飾品、コスチュームなど1400万点を所蔵しています。芸術的・科学的な知的学問のすべてが、百科事典の精神に基づき紹介されています。毎年約150,000という文献が、購入または寄付により法定納本として蔵書に加えられています。電子図書館ガリカ(Gallica)によって、今日では、300万以上もの文献を閲覧することができます。

DSCN16272.jpg

7つある国立図書館のうち、中核となっているのがこのフランソワ・ミッテラン館

Collage_Fotorave1.jpg

廊下には故ミッテラン大統領の写真と記念碑プレートが☆

IMG_10451_2.jpg

こうして初めてやってきた場所ですが、目的は図書館での勉強や調べものではなく、現在開催中のRichard Avedon(リチャード・アヴェドン)展の鑑賞☆

DSCN61288.jpg(アヴェドン氏ご本人↑)

私がフォトグラファー・リチャード・アヴェドンを知ったきっかけはオードリー・ヘプバーン

オードリーの美しく、愛らしく、時にとってもお茶目な魅力に溢れた写真にすっかり魅了され、どんな人が撮ったの?と興味を抱き、知ったのがリチャード・アヴェドンという写真家でした。それから機会があれば彼の展覧会に行ったり、写真集を買ったりするように。

Collage_Fotor.jpg

と言う訳で、今回のLa France d’Avedon Vieux Monde, New Look(アヴァドンのフランス展)!!に楽しみに出かけた次第です。

会場は、Egoiste、Egoiste(Le bal volpi)、Lartigue、Portraits Francais、Made in France、Paris Pursuit、Funny Faceという7つの章・ブースから成る構成。

Collage_Fotorave2.jpg

オードリーファンとしては必見な写真の数々。

多くはよく知られる有名写真ですが、

IMG_11044_2.jpg

映画Funny Face(邦題・パリの恋人)のネガフィルムなどは、一つずつ見ていても全く飽きない♡

どの瞬間も素敵に写っているオードリー。

写真って目をつむってしまったり、顎がでたり、猫背だったり、その瞬間と角度によってはどんな美人もブスに写ることがあるのに、オードリーにはそれが無い!?

DSCN61301.jpg

真面目な女学生風オードリー☆腰の位置が高く、細〜い。

IMG_10137_2.jpg

このファッション、そのまま真似したい…♡

ちなみに、これら2枚の写真でカウボーイハットをかぶってひょうきんな表情で写っているのはメル・ファーラー。

DSCN61299.jpg

個人的にはこのフレッド・アステアとのダンスシーンの一枚が一番好きでした。

という訳でオードリーの写真満載です。

IMG_11042_2.jpg

雑誌“Harper's BAZAAR”、“Vouge”、“LIFE”などでも活躍したアヴェドン。その雑誌は今見てもとてもシックで素敵で思わず欲しくなってしまいました。

他にも印象的だったものをピックアップ☆

DSCN61300.jpg

雨に塗れる窓辺に猫と佇む姿は絵画のよう。

DSCN61282.jpg

パーフェクトに美しい瞬間のドヌーヴ様☆

DSCN16290.jpg

妖艶で陶器のような肌質のイザベル・アジャーニ★

DSCN16289.jpg

ププ、、失礼ながら思わず笑ってしまったジェラール・ドパルデューの「考える人」風なポーズ。

DSCN16292.jpg

バレエダンサー、シルヴィ・ギエムのお得意6時のポーズ♬

IMG_11039_2.jpg

これまたなんとも好きな世界観の一枚♡

DSCN61285.jpg

この人チャーミング!持ってる雰囲気が素敵!と感じたこの方は、リチャード・アヴェドンの奥様でした。

個人個人それぞれの持っている魅力を最大限を引き出して、その一瞬を捉えるフォトグラファーってスゴイな…と感心しながら、どの一枚にも物語性を感じる素晴らしい写真の数々で見応えのある楽しい展覧会でした。

IMG_11518.jpg

この展覧会をまとめたカタログ写真集が販売されていたのですが、買ったのはこちらの大判写真集☆

IMG_11159.jpg

かなり重いですが、これからしばらく毎晩寝る前にベッドで眺めようと思ってます(#^.^#)

À demain(^^)/ 

気ままに綴るBelle et Bonne Blogも更新☆

今日は、「合宿後も…
⇒ http://belleetbonne.blog.fc2.com/blog-entry-1415.html

<info>

La France d’Avedon Vieux Monde, New Look(リチャード・アヴェドン展)

*2017年2月26日迄

Bibliothèque nationale de France(フランス国立図書館 フランソワ・ミッテラン館)

Quai François Mauriac, 75013Paris

http://www.bnf.fr/fr/acc/x.accueil.html

Profile

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。
約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆

グルメ・ファッション・カルチャーな話題を中心に気ままに更新中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年5月号 No.491

      いつだって、パリは私たちを待っている。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。