Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

il gusto Sardoの夜☆

パリ16区のイタリアン“il gusto Sardo”(イル・グスト・サルド)には、これまで何度かランチでお邪魔したものの、ディナーには行ったことなし。

(以前の記事⇒ http://madamefigaro.jp/paris/blog/keiko/16il-gusto-sardo.html )

ゆっくりワインを飲みながらディナーを楽しみたい!という訳で食いしん坊仲間のYMご夫妻と一緒に出かけました。

IMG_02151.jpg

ランチタイムは場所柄地元の有閑マダムやビジネスマンの姿が多く賑やかな印象でしたが、夜はまた通い慣れてる感じのカップルやファミリーが集い、ワイワイ賑やかというよりはちょっと落ち着いた雰囲気☆

IMG_02152.jpg

もっちりクイーミーなモッツァレラチーズ(mozzarella de buffle AOC)☆

そのサイズが写真ではわかりづらいですが結構大きめ。

IMG_10253.jpg

本日のオススメから猪の生ハムを。

猪を「生ハム」でいただくのは初めて(^^) 

ちょっと牡丹鍋を思い出してしまったけれど勿論まったく別物、後引く旨さ。

IMG_02514.jpg

それから海の幸の盛り合せ。

このお皿にはマグロが色々なのですが、サルデーニャの中でもサン・ピエトロ島はマグロ漁で有名なのだそう。なのでマグロ料理がとても豊富で、毎年5月末から6月初めにはマグロ祭りもあるとか。

うーん、こりゃお酒が進む!と思ったのは写真左側のマグロの心臓を干して薄切りにしたもの。カラスミっぽい濃厚な味わいです。

IMG_01256.jpg

お隣りのテーブルで食べていたVitello Tonnato(ヴィッテロ・トンナート)が美味しそうだったので私達も追加オーダー!(^^)!

仔牛の薄切りにツナクリームを添えたお料理は、もともとはピエモンテのお料理。私の中ではイタリアのローストビーフ的な感じで、きっと好きな人が多いと思われる料理の一つ。でもお店によって味もプレゼンテーションも違ってるので、ヴィッテロ・トンナート食べ比べをしても楽しいかも?!

IMG_02164.jpg

ワインはお店の方オススメのサルデーニャの赤ワイン♬

IMG_02611.jpg

シャカ、シャカ、シャカ♬と目の前で削っていただく。

うーーーん、この香りがたまりません!な黒トリュフパスタの登場。

IMG_02163.jpg

去年秋にフィレンツェ旅行をした際につくづく思ったのが「トリュフ」と言っても、その香りにはだいぶ差があるということ。種類も白、黒、サマー以外にももっと細かく分類でき、白であれ黒であれあんまり香らないトリュフも…。その観点では、こちらのトリュフは本当によく香る黒トリュフでした♥︎♥︎

IMG_01260.jpg

二皿目のパスタはFregula di Sant’Antioco(サンタンティオコのフレーグラ)。

サンタンティオコって誰?と思ったら、、これまたサルデーニャの島の名前でした。気になったのでちょっと調べてみると、この島もまた食文化かとても豊かでボッタルガ(カラスミ)の産地でもあるそう。海の幸はもちろん仔羊、仔豚料理も料理も美味しいと。しかもワインも赤白ともに良質なものが造られている!

santan1.jpg

(↑Sardegne turismoオフィシャルサイトより)

なんて知るとやはり一度は行ってみたいサルデーニャ。そして周辺の小さな島々を巡るグルメツアー♬

santan2.jpg

Fregula(フレーグラ)というこの粒粒パスタは、これまでこのレストラン以外ではメニューで見たことがない、食べことがないのですが、リゾットやクスクスよりしっかりめでちょっとクセになる粒粒食感です。

IMG_01257.jpg

「仔牛のタンのカツ」はイメージとちょっと違ったカタチで登場。

肉厚に厚めのカツを想像していたのですが、薄く薄く伸ばされ、しかも細めにカットされていました。あまりに薄く伸ばされているのでタンの味というよりは衣の美味しさをおつまみ風に楽しむ感じ?!

IMG_02165.jpg

ドルチェはほんのり冷たいセミフレッド(^^)

パリで久しぶりのイタリア料理、サルデーニャ料理を4人でシェアしながら楽しんだ夜でした。

À demain(^^)/ 

気ままに綴るBelle et Bonne Blogも更新☆

今日は、「メトロの自販機
⇒ http://belleetbonne.blog.fc2.com/blog-entry-1436.html

<info>
il gusto Sardo(イル・グスト・サルド)
17 Rue Georges Bizet, 75016 Paris
01 47 20 08 90

http://www.restaurant-ilgustosardo.com/
 

Profile

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。
約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆

グルメ・ファッション・カルチャーな話題を中心に気ままに更新中。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年5月号 No.491

      いつだって、パリは私たちを待っている。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。