Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

新シェフのレ・パピーユ(Les Papilles)

「お〜っ、メ・ザミ!元気?」といつも満面の笑顔でオーナーBが迎えてくれるパリ5区のビストロ“Les Papilles”(レ・パピーユ)

IMG_07104_2.jpg

B「とりあえずの今日の乾杯はガメイの発泡酒ね。生ハムと一緒にボナペティ♬」

K「ダンケっ!」

B「ん?ダンケって…。そーか、オーストリアのスキーに行ってきたから?!お土産話は後で聞かせてもらうよ☆」と、相変わらず満席で大忙しの店内。

IMG_07105_2.jpg約10年間、このビストロのシェフを務めたトムに代わって、昨年末から新しくシェフになったポロさんのお料理をいただくのは初めて☆

「前菜には食べるスープ、メインは煮込み肉料理(時々魚料理も)」という制約の中で、新しいシェフはどんなお料理にアレンジされるのか楽しみにしていました。

IMG_01706_2.jpg

スープはブロッコリー。

ブロッコリーのスープは私はここでは初めて。前シェフのトムはスープにブロッコリーはほとんど使わなかったので、最初からちょっと新鮮な驚きでした。そしてやはりベースとなっているブイヨンの味がトムとは微妙に違う、違った美味しさ。

IMG_07109_2.jpg

メインは、Blanquette de poulet(ブランケット・ド・プーレ)。鶏のホワイトソース煮込みです。

ペコロス、マッシュルーム、ベーコンがたっぷりで、その下にはショートパスタ・ペンネ☆

IMG_01710_2.jpg

これまた前シェフ・トムが使うことが少なかったマッシュルームがふんだんに使われ、ソースはかなりマスタードを効かせたところにもその違いはくっきり。

IMG_07112_2.jpg

ワインはブランケット・ド・プーレに合う白ワインということで、でも最終的にはエチケットで決めた“Domaine Pattes Loup”(ドメーヌ・パット・ルー)のシャブリ。ミネラル感たっぷりで美味しい!

IMG_07111_2.jpg

チーズは、フロマジュリー・キャトルオムのカマンベールに林檎のコンポートを添えられて。

IMG_18_2.jpg

デセールは、キャラメル味を効かせたイチジクのパンナコッタ。

K「フィグ(イチジク)もトムはあまり使わなかった食材だよね〜!」

夫「だな。一見トムと同じ料理に見えるけど基本的な味付けが違ってて、これはこれで美味しくて楽しい♬」

そこへオーナーB登場。

B「どう?やっぱりトムの料理とは違うだろ〜。でもなかなか新鮮な美味しさがあってイイだろ☆」とウィンク。

夫「とってもイイと思うよ!」

そんな会話を見ながらつくづくフランス人とかイタリア人のウィンクの上手さと自然さに改めて感心。

IMG_07122_2.jpg

食後のカフェ。そこに添えられるチョコレートも変わってた。

こうして新しいシェフ・ポロさん(まだ親しくなってないので気持ちの中では一応サンづけ?!)のお料理はトムと違った部分も色々で、更に今後どんな風に変化していくのかも楽しみなところ。が、そんな新シェフ・ポロさんの写真を撮り忘れてしまった相変わらずのダメブロガー…。

次回は忘れずにお願いしようと思います。。

À demain(^^)/ 

気ままに綴るBelle et Bonne Blogも更新☆

今日は、「ル・ショコラ・デ・フランセ♥︎
⇒ http://belleetbonne.blog.fc2.com/blog-entry-1419.html

<info>

Les Papilles(レ・パピーユ)

30 Rue Gay-Lussac, 75005 Paris

01 43 25 20 79

http://www.lespapillesparis.fr/

Profile

KEICO

新潟県の旅館に生まれるも女将にならず、上京、進学、就職、まさかの出逢いと結婚。
約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆

グルメ・ファッション・カルチャーな話題を中心に気ままに更新中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年7月号 No.493

      人生って......旅のようなもの。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。