Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

キラキラアクセサリー☆MonnaLuna

「パリ発、たまに行くならこんな町☆フィレンツェ編」

足の向くまま、気のむくまま旧市街を歩く。

DSCN14418.jpg

この通り入ってみる?

DSCN14414.jpg

と、眩く光るショーウィンドー前で足が止まり、思わず見入ってしまったのは、ちょっとユニークなデザインのネックレス。

これってもしかして?!と、気になって店内へ。

DSCN14413.jpg

たまたま偶然入ったそのお店は、“MonnaLuna”(モナルナ)というクリスタルガラスアクセサリーのお店。ご夫婦でスワロフスキーやプレシオサのクリスタルガラスを使ってオリジナル制作を行っている工房兼ブティック。

IMG_10050_2.jpg

とにかく笑顔がチャーミングで、とても親切なマダム・Giovannaさんが一つ一つ丁寧に説明してくれました。

そしてショーウィンドーのネックレスについて尋ねると、それはやはりイタリアの詩人・政治家、ダンテ・アリギエーリの代表作「神曲」の“地獄篇”(インフェルノ)にインスパイアされて制作されたものだと。

IMG_11134.jpg

ちょうど私は、この旅行中に読んでいたダン・ブラウンの「インフェルノ」が佳境に入っていた頃だったので、なんだかこのネックレスがとても気になりました。

と言う訳で試着してみたのですが、インパクトが強過ぎてその存在感に呆気なく負けた…。

DSCN14407.jpg

他の作品を見せていただいていると、あっちからこっちから出てくる、出ている。

旅先ではお洒落の一つとしてアクセサリー・ジュエリーも楽しみたいもの。ただ、T.P.Oを考えないと怖いこともあります。例えばパリのメトロに乗る時は宝石は見えないように内側にしたり…。

以前知人が素敵なエメラルドの指輪をスリに狙われないように外して財布の中に入れたのですが、直後その財布をすられてしまうという惨事が。。

そう思うと慣れない街歩きで本物ジュエリーを持つこと、身につけるのは、やはりリスクがあります。

DSCN14408.jpgとは言え、アクセサリー使いひとつで顔周りが明るくなったり、華やいだ雰囲気が出るので、お洒落として楽しみたい!そんな時に大振りのコスチュームジュエリーやこういったクリスタルガラスのアクセサリーは楽しいかな、と。

DSCN14416.jpgこれらの画像ではその輝きがリアルに写せていないのですが、こちらのお店のアクセサリーはどれもとてもキラキラと輝いて、ピアス、リング、ブレスレットなど、お揃いで欲しくなりました。

DSCN14417.jpg

そしてあれこれとマダムとお話をしいる中で、地下にある工房を見せていただくことに。

こちらで全てハンドメイド。

DSCN15024.jpg

たっぷり時間もかけ、あれは?これは?そっちも!と迷った末に選んだのがこのピアス。

ブラーンと大きく揺れ、真ん中の大きく透明クリスタルのキラキラが存在感大☆

DSCN14415.jpg

お店を出るとすっかりも日も暮れてました。

おまけのパリはBelle et Bonne

「鶏料理とシャンパン&日本酒のENNYA 」
⇒ http://belleetbonne.blog.fc2.com/blog-entry-1325.html


MonnaLuna(モナルナ)

Sdrucciolo dé Pitti 22/r - 50125 Firenze, Italia

+39-055-215829

http://www.monnaluna.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年5月号 No.491

      いつだって、パリは私たちを待っている。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。