Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

パリ・NY行ったり来たり

ニューヨークに暮らす友人から届いたメールに元気そうなダニエルとの一枚が☆

sprig1.jpgパリ1区の大好きレストラン“Spring”のダニエル・ローズシェフは今年夏、ニューヨークに新たなレストラン“Le Coucou”(ル・クックー)をオープン。

こちらも早くもNYで話題の人気レストランのようです。

newyork.jpg

そして更に今秋パリ・エチエンヌマルセルに“Spring"La Bourse et La Vie"(ラ・ブルス・エ・ラ・ヴィ 以前の記事⇒ http://madamefigaro.jp/paris/blog/keiko/2la-bourse-et-la-vie.html )に続く3軒目のお店“Chez la Vieille”(シェ・ラ・ヴィエイユ)をオープンと、とにかく忙しいダニエルは、しばらくはパリ・ニューヨーク行ったり来たり生活を送るそうです。(かっこいい♡)

coucou.jpg上の画像の真ん中に座っているのはダニエルに愛息子。先日Le Coucouでレストランデビューしたそう。まだ小学校にも上がる前ですが、ナイフ&フォークはちゃんと使えるみたい。さすが!

そしてダニエルがちょうど今週パリに戻ってくるというので、会えればよかったのですが、私はフィレンツェなのですれ違い。

ニューオープンの“Chez la Vieille”(シェ・ラ・ヴィエイユ)については、またこのブログでご紹介したいと思います。とてもカジュアルなビストロだそう☆

DSCN14055.jpgと、そんな話をスプリングのスタッフの皆と話しながらフィレンツェ出発前のディネは、白インゲンと烏賊のアミューズでスタート。オレンジのゼストがいい感じに効いてます。

DSCN14057.jpg

むふふふ♡と思わず笑みがこぼれてしまったのは、ソムリエのジョナタンが料理に合わせてくれた88年のマデラ酒が美味しくてたまらない!

DSCN14059.jpg

甘いベトラーブと梨とフォアグラに熟成マデラ酒、合う!

DSCN14060.jpg

「魚は皮が苦手って人がいるけど、このスズキは皮がとても美味しいから、是非皮と身を一緒に食べて欲しい」とサーヴされたバニラソースのスズキ、カボチャのスライス添え。皮はパッリパッリで絶品の一皿でした☆

DSCN14061.jpg

肉料理は、ジビエでキジ。この胸肉部分は、Theジビエな味わい。好きな人にはツボ♡

DSCN14062.jpg

そして2つ目が、そのキジの色々な部位をミンチにて黒いキノコ・トロンペット・ド・ラ・モールtrompette de la mort)と一緒にソテーしたもの。こちらは、臭みもクセもなくてとても食べやすい仕上がりに。

DSCN14063.jpg

お口直しは葡萄のソルベ。

DSCN14064.jpg

一皿目のデセールは梨のコンポート☆

少し前から厨房に若きパティシエが入ったことでプレゼンテーションがどんどん綺麗になってます。

DSCN14065.jpg

2皿目はチョコレートとヘーゼルナッツのタルト。

プレゼンテーションだけでなく、繊細で複雑になっているデセールはスイーツ好きには嬉しい。

DSCN14066.jpg

スプリングはこうして通い続けている一軒ですが、どんどん変化、進化して美味しくなり、毎回のお邪魔するのが楽しみなレストランです。

IMG1_1270.jpg

じゃ、今からニューヨークのダニエルに写真を送ろう!ということになり、厨房に全員集合☆

画像私の右隣りが現在厨房を仕切るシェフのジル。左のノッポさんがソムリエのジョナタン。が、ジョナタンは余所見!?この時、もう一人メンバーが足りないことに気づき、「シモンがいない!シモンは?」と探していたから。よく気がつく、サンパな男です♡

そしてこの画像を見たダニエルからは「いつニューヨーク来るの?」なクイックレスポンス。

ニューヨーク、いつ行けるか?!

おまけのパリはBelle et Bonne

「もうすぐオープン!?」
⇒ http://belleetbonne.blog.fc2.com/blog-entry-1314.html

 

 

 

 

Restaurant Spring
6 Rue Bailleul, 75001 Paris
http://www.springparis.fr/


 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年5月号 No.491

      いつだって、パリは私たちを待っている。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。